NARAYA CAFE のできるまで

歴史あるリゾート、箱根宮ノ下駅前で、古い建物を利用したカフェ&ゲストハウスをオープンするため、改装にはげむ日々を綴る

ひょうたん最中の行商

2012-12-21 15:35:53 | 2012シーズン
ならやあんの前に、何者かが現れました。

ひょうたん最中「ならやん」を売り歩くひょうたんファミリーです。

ならやんの販売をはじめたのが、昨年の6月
http://blog.goo.ne.jp/naraya-cafe/e/2f3d42385e013a761bc7b10cbd70e235

そして、お土産パッケージにしたのが、今年の春
http://blog.goo.ne.jp/naraya-cafe/e/d0a5a2f8e10ecee89616420caec050d7


ならやあんの前に、「ならやん」のぼりを立てたものの、ならやんってなんじゃ?
という声が度々聞かれるので、もう少し宣伝しようと行商家族が登場しました。

作ってくれたのは、工房・篤介のあつすけさん。
とうことで、素材は木です。

「ひょうたん最中の宣伝に、ひょうたん君がお土産パッケージをぶら下げているようなものできたりする?」
の私の一言に、

「ちょっと、かんこうしてみる」
との返事。
(かんこうする:考えてみる、工夫してみるの方言、今、漢字を調べたら、勘考する。なるほど)

そして出来上がってきたのが、これです。


よく見ると、ひょうたんらしき形の物体が5つ。

それぞれ分解して撮影してみました。


お父さん。
メガネは針金で作りました。
斜めにかぶった帽子がポイント。
“ひょうたん最中売っているよ”のぼりを持って、踏ん張っている姿が仕事している風です。


お母さんが荷車をひいているのが気に入りました。
最中だけでなく、子どもも2人乗せています。

長女

「こっちに買いに来て~」と呼び込み中。

学校帰りなので、ランドセルを背負っています


一番見晴らしのよいポジションには次女。
ちょこんと座って、足をばたつかせています。


野球帽の長男。
「あい君だけ、ピーナッツみたい」と姉たちに言われると
長男「ピーナッツじゃないもん」と反撃していました。

期待以上の出来映えにびっくり。
父の創造力に、みんなで仰天しました。

働きもののお母さんには赤のマフラーを巻いてあげました。


ならやあんの前で、これなに~?
と撮影していく人もちらほら。

お土産パッケージより、この昭和の雰囲気を醸し出すひょうたんファミリーから目が離せないよう。

販売促進効果はともかく、大切に大切にします。










コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« オトナ の オクリモノ 展 | トップ | 2013年3月「NARAYA CAFEのこ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あつすけさん、すごい!! (あきこ)
2012-12-29 01:47:26
えみちゃん、ご無沙汰しています。晶子です。ひょうたんファミリーすごく良いね!!あつすけさんのセンス最高です。母が荷台を引っ張っているのが、ウフフ・・・だね。今年も残すところあとわずか、体調に気をつけてがんばってください!
ありがとう。 (えみ)
2012-12-30 14:40:13
さっき葉書の整頓をしていて、ちょうど晶子家の暑中見舞いを見ていたところです。

こちらはやっと年賀状やってるとこ。

ひょうたん家族、良くできているでしょ。最初は子どもは一人だったんだけど、三人いたら楽しいかものつぶやきに張り切って作ってくれました。
ならやあんが出来て、一年ちょっと。一番張り切っているのは篤介さんです。

冬期休業中、帰省できそうだったら会いたいと思っています。

では、晶ちゃんも、楽しい年末年始を過ごしてね。

コメントを投稿

2012シーズン」カテゴリの最新記事