NARAYA CAFE のできるまで

歴史あるリゾート、箱根宮ノ下駅前で、古い建物を利用したカフェ&ゲストハウスをオープンするため、改装にはげむ日々を綴る

黒板メニュー表ができました。(えみ)

2007-09-20 10:02:39 | 8月プレオープン
昨日は、壁塗り、プレオープン準備でも大活躍のYoshikoが駆けつけてくれ、準備に加わってくれました。

まずは、黒板のメニュー書き。

【作業中のYoshiko】

プレオープンの1.5倍ほどのドリンクメニュー。
英語表記も含め見やすく配置し、仕上げてれました。
“この辺に、ちょっと絵も入れて♪”と、横から口を出す私に“そうね。こんな具合かしら”とYoshikoの雰囲気そのものの柔らかい文字の黒板メニューが完成しました。
この黒板メニューはカフェカウンターの上に取り付けます。


次に、通りに面したところのCafe・Gallery・FootBathの方向表示。
カフェの入り口は道沿いではなく、足湯デッキに面している為、それぞれの施設の見やすい表示を通り沿いに作りました。
廃材の中から、使えそうな丸枝を探し、ベニヤに黒板スプレーをして即興で作りましたが、なかなか良い具合になりました。
味のあるペンキの字も、やっぱりYoshiko。


続いて、カフェの入り口のオーニングにもNARAYA CAFEの表示が。

ロゴの字体と、ゴシック体の文字の両方作りましたが、試してみたらゴシック体の方がしっくりきました。
オーニング屋さんに印刷してもらうことも可能でしたが、数万円かかるとのこと。
屋外用カッティングシートを切り貼りして、コスト削減。

“もうちょい下、左に傾いてるよ”の指示に合わせ、Naoto君が貼ってくれました。
プレオープンの時は、足湯の奥に何やら店らしきものがあるぞ・・・という認識度合いでしたが、この表示をつけたことで、通りを行く人も「カフェができるんですね。」と声を掛けて下さり、サインの効果を改めて感じました。

その後、Naoto君は、一枚板のベンチの表面をかんなで削り、柿渋ぬり。

【テラス席で作業中のNaoto君】

実は、プレオープン時に別の保護材を時間をかけて塗ってくれたのですが、乾いたら、オレンジがかった色になってしまい、求めていた色とはちょと違うテイストに。やっぱりやり直そうと、朝から6本ものベンチを仕上げてくれました。


あどぅーは、ひょうたんスピーカーの配線や、立て看板のロゴマーク作りに精を出しました。


4人の視点・アイデア・手しごとが加わり、準備の進んだ嬉しい一日となりました。
コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 看板ができました(えみ) | トップ | NARAYA CAFE オープンしま... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ナイス! (ワインセラピスト)
2007-09-20 23:17:14
■おおっ!
 Cafe・Gallery・FootBathの方向表示
 これ、いい雰囲気ですね。
 読み進めるにしたがって感無量です。
 どんどん素敵なカフェになりますね。
 がんばれーっ!
 
ワインも決まりました。 (あんどうえみ)
2007-09-21 07:08:02
ワインセラピスさん。
準備、ラスト一日となりました。
今日できることを頑張ろうと思います。
私の両親も、今日は準備に参加してくれます。
さんざん迷った結果、お店で出す美味しいワインも決まりました♪

コメントを投稿

8月プレオープン」カテゴリの最新記事