NARAYA CAFE のできるまで

歴史あるリゾート、箱根宮ノ下駅前で、古い建物を利用したカフェ&ゲストハウスをオープンするため、改装にはげむ日々を綴る

8月のギャラリー「みつる イチ窯 絵と陶のふたり展」

2022-08-17 01:18:03 | 2022シーズン

8月、ギャラリーは2人展を開催しています。

 
1人はちょうど一年前にも展示をしてくれた陶芸家、桜井ケンイチさん。
 
猫の作品を多く作られています。
 
 
 
とくに「ねこじぞう」は2015年5月の展示以来、長きにわたってNARAYA CAFEのヒット商品として親しまれています。
折しも外国人観光客が多かったので、遠く海外へ旅立った猫ちゃんたちも数知れません。
 
 
今回、ねこじぞうの応用編(?)とも言えるカードホルダーなんかも作られています。
 
 
 
 
猫の置物や置き時計といった大きな作品
 
 
普段使いのできるカップやお皿、さらにお皿を文字盤にした時計などもあります。
お皿の絵柄は猫に限らず、わんこや恐竜など、表情がなんともいえずキュートです。
 
 
 
 
 
そして二人展のもう1人は画家の諸星実(みつる)さん
 
 
 
自宅ギャラリーには山ほど作品があるとのことですが、今回はその中からコラージュ画やレコードジャケット画などいくつか展示してくれています。
 
 
期間中、諸星さん在廊の日は、コルク人形作りのワークショップも出来ます。
また交渉次第では似顔絵を描いたりもしてもらえます。
 
秦野在住の諸星さん、午後からふらっとやってくることが多いです。
在廊の場合「どの人が作家さんかな?」と悩む心配はありません。
ひとめ見れば「ああ、たぶんこの人が作家さんだな」と誰もがわかります。
、、、というかその前に、話しかけられるかもしれません。
 
会えたらラッキー、トークが弾んで旅の思い出になる、、、そんなとてもフレンドリーな作家さんです。
 
 
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 8月の四畳半 あやふやとか ... | トップ | 蓮の記憶 9月のギャラリー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2022シーズン」カテゴリの最新記事