奈良のむし探検

奈良に引っ越しました。これまでの「廊下のむし探検」に倣って「奈良のむし探検」としましたが、動物・植物なんでも調べます。

午前中の散歩 鳥や猫など

2021-12-07 20:45:02 | 奈良散策
奈良散策 第301弾


昨日の午前中に久しぶりに養魚池周辺を歩いてみました。





歩き始めてすぐに撮ったイソヒヨドリです。今頃はあまり撮るものがないので、早めにいろいろと撮っておくことにしました。



アオサギが何故かしゃがみこんでいました。元気ないのかなぁ。





これはヒイラギの花。今頃、花が少ないので目立ちます。結構きれいですね。



いつものため池に行きました。キンクロハジロが泳いでいました。







そして、水を抜かれたため池に着きました。ここは昨年ミコアイサがいたので期待していたのですが、今年は駄目ですね。と思って、遠くにいたシギを撮りました。撮ったときはいつものクサシギだろうと思っていたのですが、写真を見ると、嘴が太くて下に曲がっています。図鑑を見ると、雰囲気的にハマシギに似ています。もう少しちゃんと撮ればよかったと後悔しきりです。



その横にいたチドリで、たぶん、イカルチドリだろうと思います。



こちらはイソシギ。これはやや近かったので、少しましに撮れました。



池を離れて歩いていると、ゴミムシが道を横切ったので、慌てて撮ったのですが、超望遠のデジカメなので、近くはやはり駄目でした。たぶん、セアカヒラタゴミムシではないかと思ったのですが。



この菜の花も何でしょうね。



これはケリ



それにモンキチョウ





それからモズ







最近、猫も見ないし、今日はこのくらいかなと思って帰る途中に養魚池の縁を歩いている猫を見つけました。



しばらく歩いていたら、その先にいつもの「シロ」がいました。



その近くまで行って、うずくまりました。そうです。これは以前見た「シロ」の子供でした。





「シロ」はうずくまっています。何となく調子がよくないのだろうか。





家に着く少し手前でスイセンが咲いていたので撮りました。白っぽいスイセンで、ネットで見ると、「タリア」という品種のようです。

今日は久しぶりだったのか、写真が皆いまいちでした。水を抜いたため池で見たのがハマシギかどうかはっきりとは分かりませんが、もしそうなら奈良では初めて見ました。ハマシギは以前、甲子園浜で何度か写しました。

雑談)コロナについて勉強したことをまとめて、雑記という形で文章に書いています。これまで第1報と第2報を書いたのですが、今日、第3報がだいたい完成しました。今回の内容はSIRモデルを用いて、新規感染者数の計算をすること、ブレークスルー感染の効果を入れること、そして、換気についてです。換気については、シミュレーションができるようになりました。部屋に人が入ると二酸化炭素濃度が増えていき、途中から、換気機能付きのエアコンを動かしたり、換気扇を動かすと、その後、二酸化炭素濃度がどうなるかというのが分かるようになります。換気機能付きのエアコンはほとんど役に立たないのですが、換気扇はかなり強力でした。SIRモデルでのシミュレーションは今回で終わりにして、これからはウイルスとその変異体について勉強をしていきたいと思っています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする