奈良のむし探検

奈良に引っ越しました。これまでの「廊下のむし探検」に倣って「奈良のむし探検」としましたが、動物・植物なんでも調べます。

用水路土手で虫探し(続き)

2021-12-06 20:57:27 | 奈良散策
奈良散策 第300弾


昨日の午前中に家の近くの用水路土手で虫探しをしました。その続きです。



小さなハエがちょこちょこいるので写したのですが、何科かも分かりません。





イナゴがいたので捕まえて写しました。♂であることは確かですが、その先はまだ分かりません。



これは先ほどのハエと同じかな。







こちらは♀のイナゴです。腹部第3背板側角に棘がない、産卵器基部内縁に棘があるなどの特徴から、コバネイナゴであることは確かそうです。コバネイナゴ♀については以前調べたことがあります(こちらを参照)。



また、ハエですね。採集したら、科ぐらいは分かるのですが。



これはユスリカです。前脚脛節が跗節第1節より長いので、たぶん、エリユスリカ亜科だと思います。それ以上はちょっと。



これは別の個体なのですが、こちらはよくは分かりません。今頃、ユスリカはたくさんいます。



これはサラグモの仲間だと思うのですが。



これはヒゲナガヤチバエ



これはタマバエ科のMicromyinae亜科かな。





大変小さなコバチの仲間です。今回は採集したので、今度、調べてみます。





最後は、ハエヤドリコマユバチの仲間かなと思うのですが、よくは分かりません。

雑談)今日も散歩に出かけました。朝はいつもの養魚池周辺に行ったのですが、めぼしいものはほとんど見つかりませんでした。それで、午後からは虫探しに出かけました。ワタムシが飛んでいたので写したり、小さな蛾がいたので写したり、今頃でも意外に虫探しは面白いです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする