goo

「法隆寺」参道に文化体験型「門前宿」2019年春オープン

「法隆寺」門前に「体験型」宿泊施設が出来るようです。
積水ハウスが建設し、株式会社和空プロジェクトが運営していくとのこと。
これまで真の実力を発揮していなかった「法隆寺」観光にとって大きな起爆剤になるような気がしますね(笑)


産経ニュース 2017.12.5 http://www.sankei.com/economy/news/171205/prl1712050244-n1.html?view=pc


以下引用


世界遺産「法隆寺」参道に文化体験型の門前宿「和空法隆寺」2019年春オープン【和空プロジェクト】

株式会社和空プロジェクト
株式会社和空プロジェクト(本社:大阪市北区、代表取締役社長:熊澤克己)は、世界遺産「法隆寺」の参道に文化体験型の宿泊施設として門前宿「和空法隆寺」(奈良県斑鳩町法隆寺)を創設し、2019年春にオープンいたします。






当事業は、神社やお寺の参拝者のための宿泊施設を創設する事業「宿坊創生プロジェクト」の一環として、株式会社和空プロジェクトと積水ハウス株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:阿部俊則)が業務提携して推進する事業で、積水ハウス株式会社が建物の設計・施工を担い、株式会社和空プロジェクトが管理運営を行います。
「和空法隆寺」は、2017年4月に日本有数の寺町に開業して話題となっている宿坊型ホテル「和空下寺町」(大阪市天王寺区)に続く第2弾の施設となります。






■日本文化体験型の宿泊施設「門前宿 和空法隆寺」
奈良は国内外から年間1000万人以上もの来訪者がありながら、観光客が泊まれる宿泊施設が少なく、素通り客が多いことが課題となっています。日本を代表する世界遺産法隆寺の参道にふさわしい落ち着きのある和の空間「和空法隆寺」では、法隆寺への参拝や斑鳩町周辺の観光の足がかりとなることはもちろん、施設内でもさまざまな日本文化を体験することができます。茶道・華道・香道をはじめ、能や雅楽、講談ほか各種の本格的な文化体験アクティビティをご用意させていただく予定です。






■門前宿「和空法隆寺」施設概要■
【施設名称】門前宿「和空法隆寺」(もんぜんやど わくうほうりゅうじ)
【所在地】奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺1丁目5-32
【構造】軽量鉄骨造、地上2階建
【面積(予定)】
 〈本館〉敷地面積2,294m2 /建築面積910m2 /延床面積1,495m2
 〈別館〉敷地面積2,076m2 /建築面積760m2 /延床面積1,495m2
【総客室(予定)】約60室(約140人)
【共用施設】大広間、大浴場、駐車場33台など
【宿泊料(予定)】1泊2食付:1万6,000円(税別)~
【事業主・管理運営】株式会社和空プロジェクト
【設計・施工】積水ハウス株式会社
【工期・開業予定】2018年8月着工~2019年1月竣工、2019年春開業予定

 ※設計デザイン等で建物や客室数は若干変更の可能性があります。

【宿坊創生プロジェクトの目的】
ひとりでも多くの方に寺社へ足を運んでもらうために、日本の伝統社寺の魅力を国内外に発信すること。その活動の一環として、宿坊をはじめとする「宿泊」の機会を提供することは、寺社境内やその周辺での滞在時間延長につながり、日本文化や歴史に対するより深い理解と体験をしていただけるものと考えています。

【株式会社和空プロジェクト】
一般社団法人全国寺社観光協会の監修のもと、宿坊等の宿泊施設づくりと、文化体験型の旅開発、総合的なコンサルティングを展開。グローバルな視点で、日本の伝統社寺の魅力と付加価値を高め、国内外に広める事業に取り組んでいます。
本年2017年4月23日にプロジェクト第1弾「和空下寺町」(大阪市天王寺区)を開業、運営しているほか全国各地でプロジェクト進行中です。



姫路城と並び日本で最初の「世界遺産」に選ばれた「法隆寺」。
本当は日本で一番評価されていいはずの寺院なのに、観光としては地味ですよね(笑)
奈良といえば「東大寺」「興福寺」、というように奈良は「奈良公園周辺」しか観光地として認識されていないように思います。
特に「外国人観光客」はそうでしょうね。ほとんど知られていないかもしれません。

そういう意味で今回のプロジェクトを僕は期待してます。
ただの宿泊施設にせず「体験型」にしたのは、外国人観光客を強く意識した戦略ですね。
世界遺産の近くで宿泊を伴った文化体験を出来ることは、奈良観光にとって大きな武器になると思います。
法隆寺は思ったほど交通の便が悪くなく、中南部への観光客の誘導も期待出来ます。

奈良県は県全体に「観光名所」を持ってます。そのひとつひとつが他県に負けないくらいの「観光価値」があります。
それぞれの場所の認識が高まれば、奈良は凄いことになるでしょうね(笑)
その為にも今のうちに交通インフラの整備はちゃんとしておかないと。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 「JWマリオッ... 京奈和道 奈良... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (奈良好き)
2017-12-07 21:13:36
奈良市内だけでなく橿原のカンデオホテル、明日香の星野リゾート、この法隆寺の宿泊施設と奈良県全体にインバウンド効果が拡大したらいいですね。
個人的には吉野にも新しいコンセプトの宿泊施設ができればと思います。
 
 
 
県全体に広がる予感 (奈良の未来)
2017-12-07 23:13:17
奈良好きさん コメントありがとうございます。

何か県全体に広がっていくような気がしますね。
奈良は元々「観光資源」が豊富で、それぞれが他県の中心観光地並の力を持っています
やっとその事をホテル業界が気づいてきたということでしょうね(笑)
吉野にもいずれどこかが進出するのではないですかね。

 
 
 
やっと (Unknown)
2017-12-22 13:57:32
やっと法隆寺周辺に宿泊施設進出ですね。

歴史作家の人とか著名な方なんかは昔からホテル空白地だと言ってましたがやっとですね。
 
 
 
そうですね (奈良の未来)
2017-12-22 17:52:16
Unknownさん コメントありがとうございます。

法隆寺周辺は開発に厳しい「規制」がかかってたみたいですね。
今回はその規制が緩和され宿泊施設の誘致に結びついたようです。
これとは別に斑鳩町が宿泊施設誘致を考えている場所があるのでそれも期待したいですね。
 
 
 
こういうの、好き! (春嶺)
2018-01-10 01:33:56
あけましておめでとうございます、今年もブログ楽しみにしています。

良いですね、世界遺産の近くに泊まれて体験もできる。

大晦日から高速バス移動、京都に早朝到着、貴船神社〜北野天満宮〜晴明神社と京都だけ回って来て、奈良へはJR奈良駅〜大安寺周辺のみでしたが、まぁ〜〜このお正月でも外国人の多い事。
年々増えている感じ。

これがいい具合に分散されて、奈良が潤えば良いですね。
 
 
 
これからですね (奈良の未来)
2018-01-11 07:47:37
春嶺さん コメントありがとうございます。

あけましておめでとうございます。
また興味のある「奈良ネタ」があれば取りあげようと思いますのでよろしくお願いします。

奈良の観光はまだまだ伸びしろがあるのでこれからが期待ですね。京都よりも奈良の方が「観光資源」が多いと思っているので、いずれ奈良が京都を追い抜かすでしょう(笑)
私はそう思ってます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。