goo

大和北道路(京奈和自動車道)の事業化が決定

京奈和自動車道の一部、大和北道路の事業化がやっと決定されました。
これで京奈和道の全線が事業化されたことになりますね。
最後まで残って一時はもう無理だと思われた奈良市部分の事業化。
あとはこの流れを維持し、早期全線開通に繋げていって欲しいですね(笑)


読売新聞奈良 2018.3.31 http://www.yomiuri.co.jp/local/nara/news/20180331-OYTNT50049.html

以下引用





京奈和道が全線事業化

◇奈良北―奈良IC間も着手

 県は30日、京都、奈良、和歌山の3府県を結ぶ京奈和自動車道(約120キロ)のうち、大和北道路の仮称・奈良北インターチェンジ(IC)―仮称・奈良IC間(6・1キロ)が、新たに事業化されたと発表した。唯一残っていた同区間の事業化で、京奈和道は全線開通へ大きく動き出した。
 国土交通省が同日発表した2018年度の国の予算配分で、同区間に1億円、すでに事業化されている奈良IC―郡山下ツ道ジャンクション(JCT)間(6・3キロ)に45億5000万円が計上された。
 大和北道路は計12・4キロのうち、奈良市内の4・5キロがトンネル区間で、総事業費は約2900億円。西日本高速と国、県の3者が事業費を負担し、有料道路として整備される。西日本高速の参加で、県負担は国直轄事業の場合の900億円近くから、500億円程度に軽減される見込み。
 荒井知事は「京奈和道の早期全線整備に向けて大きく前進することは、誠に喜ばしい限り」とのコメントを出した。



郡山下ツ道ジャンクション(JCT)から仮称・奈良北インターチェンジ(IC)までの大和北道路全線は有料化されるみたいで、事業は西日本高速・国・県の3者で行われるとのこと。
高速道の有料化つまり西日本高速の参加により、国・県の事業費が大きく削減されるみたいですね。これにより早期の全線開通が期待できるかなと思います。
まだまだ着工には時間がかかると思いますが、奈良の大動脈となるこの道の完成を楽しみにしたいですね。
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )
« 「イトーヨー... 奈良県庁を橿... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2018-04-07 21:27:30
大和北道路も重要ですが、橿原北〜橿原高田の工事が進まないと中南和の産業、観光振興はないですよね。
 
 
 
全線開通しないと (奈良の未来)
2018-04-08 08:21:43
Unknownさん コメントありがとうございます。

そうですね。橿原北~橿原高田の開通も重要ですよね。
この区間は事業中なので大和北(奈良市区間)よりも早く開通すると思います。
県議会の会議録で見ると、平成29年9月の定例会の段階で土地の買収が9割ほど済んでるみたいですね。あとは国・県が早期に工事着工をすればと思います。

以前荒井知事が「道路整備は土地の買収が済めば後の整備は早い」と言っていたのを聞いたことがあります。
それが本当なら橿原北~橿原高田の開通は早いのではないですかね。予算がしっかりついての話ですが(笑)

何れにしろ全線開通しないとダメでしょうね
 
 
 
どんだけかかっとんねん (Unknown)
2018-04-16 21:11:39
橿原の区間はもう3年ほど前から「買収は9割済んでる」と説明してるんですよ
何やってるんですかね
 
 
 
そうなんですか (奈良の未来)
2018-04-16 23:20:10
Unknownさん コメントありがとうございました。

そうなんですか。知りませんでした。
残りの1割が相当厳しいのでしょうかね。

まったく調査等の動きはないんですか?
素人考えで言えば、買収済みから調査着工を始めていけばいいと思うんですけどね。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2018-04-17 08:54:59
9割買収してたら普通はすぐ着工出来るはずです。
あくまで一部のうわさですが、完成すると下道のイオンの客が減るからわざと着工しないといううわさがあります
 
 
 
そんなうわさが (奈良の未来)
2018-04-17 20:23:17
Unknowさん コメントありがとうございます。

そうですか。買収後すぐに調査設計・着工が出来そうですもんね。
それとそんなうわさがあるんですか。
国・県の事業なのにイオンの意向が入るというのはもし本当なら大変なことですよね。おそらくあまりにも着工が遅いのでそんなうわさが出たのだと思いますが(笑)
 
 
 
NEXCOは早速 (日々有楽)
2018-04-20 07:07:13
奈良事業所を改組して大和北建設のための奈良工事事務所を設置しましたね。しかも平成44年度全線開通という数値目標付きで。やっとここまで来ましたね。
一昨年の県内企業立地件数は全国12位、昨年は11位だったそうで、奈良県の弱点だった地方法人二税の歳入予算は大幅に上昇しているようです。京奈和の早期整備に大いに期待しています。
 
 
 
関西大環状道路の一部として (奈良の未来)
2018-04-20 17:53:58
日々有楽さん コメントありがとうございます。

大和北道路(奈良北IC-郡山下ツ道JCT)は有料道路でネクスコ西日本が絡んでいるので動きが早いですね。
奈良新聞によるとネクスコの目標は北半分は平成44年度、南半分は平成39年度。
ありえない平成表示で伝えているのも変ですが(笑)、ようするにそれぞれ14年後・9年後ですね。やっと具体的になってきたと思います。

ほかのコメントでいただいているのですが、橿原北〜橿原高田はまだ完成目標が出されていないようですね。
純粋な国と県の公共事業(つまり全額税金)であるのでこの区間はなかなか目標としては出せないのでしょうかね。
いずれにしても「つながる」というのが大事なのでこの区間も早期整備をお願いしたいですね。

日々有楽さんも書かれている通り、京奈和自動車道の整備は企業にとっても立地しやすい環境をつくっているようです。
関西経済界にとっても「関西大環状道路」の一部として期待があります。

http://www.sankei.com/west/news/171221/wst1712210050-n1.html

やっと大和北道路も事業化されました。本当に早期の全線整備に期待したいですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。