goo

外国人にとって奈良はやはり日帰り観光地? 

奈良公園など外国人で溢れる奈良ですが、いまだに滞在時間は増えていないみたいですね。
記事にもあるようにやはり宿泊者が圧倒的に少ないということでしょう。
これは宿泊施設が少ないということだけでなく、そもそも「奈良に泊まる」という発想がないのかもしれません。
なぜ「大阪」「京都」に泊まり「奈良」に泊まらないのか。
何か根本的な問題があるのかもしれませんね。



NHK奈良ニュース 2018.5.21 http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/20180521/2050000013.html

以下引用


外国人の奈良観光 日帰り定着か

関西を訪れた外国人観光客の動向について、国土交通省などがIC乗車券の利用状況をもとに調べた結果、関西2府4県で奈良県を訪れた人の増加率が最も高くなった一方で、滞在時間は最も短かったことがわかりました。
外国人の間でも「奈良観光は日帰りで済ませる」というスタイルが定着しているとみられ、奈良県は宿泊や長期滞在につなげる対策を改めて検討するとしています。

国土交通省近畿運輸局などは、関西の主な交通機関で使える外国人向けのIC乗車券を去年4月から12月に利用したおよそ13万4000人分のデータをもとに外国人観光客の動向を分析しました。

その結果、2年前の調査と比べた府県別の訪問者数の増加率は、奈良県が3.43倍で大阪府や京都府を抑えて最も高くなりました。

その一方で、滞在時間の平均は、▼大阪府が61.4時間と最も長く、▼次いで京都府が30.2時間だったのに対し、▼奈良県は最も短い4.6時間でした。

また、奈良市を訪れた人のうち、そのまま県内に宿泊したとみられる人は7.9%にとどまり、69.8%が大阪府に21.7%が京都府に宿泊していたこともわかりました。

「奈良観光は日帰りで済ませる」というスタイルが外国人の間でも定着しているとみられ、奈良県ならの観光力向上課は「外国人観光客の増加をいかに宿泊や長期滞在につなげていくか、対策を改めて検討していきたい」と話しています。




JR奈良駅や近鉄奈良駅は今や多くの外国人で埋め尽くされています。特に三条通りは時間帯にもよりますが外国人のほうが多い場合があります。
それだけ訪日外国人が昔に比べて急速に増加しているということですね。
奈良の場合「奈良公園周辺」に訪日外国人が集中しているので、大阪・京都よりも外国人の集中度が凄いのかもしれません。

ただ外国人の動きをちょっと見てみれば、確かに午前中に駅から出てきて、午後に駅に帰っていくような気がします。
つまり奈良には日帰りの観光として来ているように思います。記事の「4.6時間」もあながち間違いではないでしょうね。
今の訪日外国人にとって「奈良観光は日帰りで済ませる」ということは共通のスタイルになっているんでしょうかね。

これは何か根本的に問題があるように思います。外国人にとっての「NARA」は奈良公園周辺のほんの小さなエリア。「京都市の何分の一?」というくらいの認識ではないですかね。おそらく「NARA」は現実の「奈良県」とは一致していないように思います。
奈良県の観光政策、特に外国に向けての広報活動がうまくいってないのがよくわかります。あまりにも奈良市(特に奈良公園)に偏りすぎて奈良県全体の広報ができていない。

全体の観光地を外国人が知っていれば今みたいな「日帰り観光地」になるわけないですよね。少なくとも京都市に観光地が集中している京都よりも宿泊者が少ないはずがありません。
ホテル誘致はもちろんのこと、奈良公園以外の観光政策を充実させることが根本的解決につながるように思います。
コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )
« ミ・ナーラ(...   
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2018-05-27 17:45:10
監獄ホテルやマリオットが出来れば少しは宿泊客も増加するんでしょうけどね。
ホテルといっても大阪や京都にない特徴を持ったホテルがもっと必要ですね。
ならまちや三条通りにもいい店が増えてきたように思いますし、これからですよ。
 
 
 
なぜ滞在時間が少ないのか (奈良の未来)
2018-05-27 23:13:28
Unknownさん コメントありがとうございます。

そうですね、奈良ではこれからホテルが増えていきますので宿泊者はそれなりに増えていくでしょうね。
ただこれだけ外国人が来ているのに滞在時間がほとんどないのはちょっと異常だと思います。
これはホテル不足だけではなく、「NARA」という観光地の根本的な問題でしょうね。
「JWマリオット」という世界的なグループのホテルが出来ることで奈良観光が大きく変わってくれればいいのですが(苦笑)
 
 
 
Unknown (たま)
2018-05-30 03:38:31
はじめまして
奈良に泊まっても、夜に何もすることがない!というのが日帰りの主な理由じゃないかなって気がしています。

特に近鉄奈良駅の周辺って、夜の7時過ぎたら全部店が閉まってしまい、もう家に帰るしか無い…って印象だったんですけど、今はマシになってるんでしょうかね。(最近は行ってません)

あれを何とかしないと、外国人も日本人もそりゃ日帰りするよ…とホテル誘致の話題がニュース等で出る度に思っていました^^
 
 
 
夜の過ごし方 (奈良の未来)
2018-05-30 07:35:23
たまさん コメントありがとうございます。

はじめまして。
そうですね。最近は飲食店など遅くまでやっている店があるみたいですが、まだまだでしょうね。
何よりも昼間の膨大な観光客に対応出来るほど飲食店の数もなく、夜に何処で食べたらいいんやって話ですよね(笑)
これを改善しないとホテルも増えないし宿泊者も増えません。
私はいつも自分が旅行者だったら というふうに考えているのですが、私だったらやはり奈良には泊まらないかもしれませんね(苦笑)
 
 
 
夜も楽しい街へ (たぬき)
2018-05-30 14:36:06
夜も楽しめる街になるしないですよね

ホテルが足りてないの問題ではないですよ。稼働率だってそんな高いわけじゃないし。
泊まらないのは夜がつまらないからです。
 
 
 
それしかないですね (奈良の未来)
2018-05-30 18:03:38
たぬきさん コメントありがとうございます。

夜に楽しめる場所があれば泊まるしかないですよね。
やはり泊まりたいと思わすような奈良にならないといけません。
そうでないと、いつまでたっても宿泊は「大阪」「京都」、ですね。
 
 
 
ある意味当然 (Unknown)
2018-07-02 22:44:50
まあちょっとネガティヴになり過ぎというか、奈良も関西の大都市圏の一部ですから奈良市内は大阪、京都へのアクセスが良いので夜は外に出ていくのは仕方のない事です。
あとこれは都道府県別のデータですから、県で見てしまうと交通の便が悪く足を伸ばしにくい広大な南部を抱えている奈良県が低くなるのはある意味当然なのかと。
兵庫県も低いですよね?

奈良県民の僕らも奈良といえば奈良駅周辺とか奈良公園とかのことですよね? なので外国人にとってのNARAも奈良公園周辺ということでなんらおかしくはないと思います。
十津川が奈良だとは思わないですよね?そういうことですよ。
 
 
 
発想の転換 (奈良の未来)
2018-07-03 13:10:00
Unknownさん コメントありがとうございます。

すいません。このブログは「奈良の可能性」を考える立場なので、ついついネガティブになります(笑)

奈良の主要産業を観光とするならばやはり「宿泊」という要素は絶対にはずせないと思います。大阪に昼間遊びに行き夜に奈良で泊まるという今までと逆のパターンをなればいいですね。外国人は奈良に行きたがっているのは確かですし泊まりたい場所があれば絶対に泊まると思います。やっぱり夜に楽しめる場所がほしいですよね。

それとUnknownさんがおっしゃる通り国内でさえ奈良=奈良公園が主だと思います。まして外国人にとってNARA=奈良公園周辺は当たり前でしょうね。

まず国内向けに「法隆寺・飛鳥・吉野は奈良です」と徹底しなければいけませんよね。奈良は県全体に有名観光地がありますよと。そうすれば自然と外国人にも伝わり
奈良県内に長期滞在ということになるかもしれません。
 
 
 
コメントありがとうございます (Unknown)
2018-07-03 15:41:29
いやー、観光が主産業なんて奈良市内だけでしょう。
天理や郡山に泊まりますか?桜井にホテルありますか?
まあ吉野以南は観光くらいしかないんで修験道巡りとかでPRしていけば良いでしょう。
北部(郡山とか)は観光だけじゃなくて工業で売っていくことも出来ます。
まあいずれにしても都道府県別でみてホテル客室数が最下位で観光が主産業なんてありえないです。
 
 
 
やはり主要産業でしょうね (奈良の未来)
2018-07-03 21:53:45
再度コメントありがとうございます。

私も観光だけでは成り立たないと思いますが、奈良県は観光が主要産業であるのは間違いないと思います。
他府県の人から見てもそうじゃないですかね。奈良が経済工業県とは誰もみてくれないとは思いますが。
調整地域など規制を緩和すればそれはあり得るでしょうが、県民感情もありそれはなかなか進まないでしょうね。

結局奈良はその資源を生かした「観光産業」を中心として生きていくのが自然に思います。なんせ世界遺産が3つもあるのでそれを活かさないのはもったいないですよね。

宿泊施設は少ないですが確実に増えていくと思います。

橿原市・・・カンデオホテルズ奈良橿原
桜井市・・・ルートイン桜井駅前(2019年3月予定)
天理市・・・グランヴィリオホテル奈良和蔵(2018年10月)
王寺町・・・東横イン(予定)
斑鳩町法隆寺・・・門前宿「和空法隆寺」(2019年春予定)
明日香村・・・星野リゾート宿泊施設(予定)

徐々にではありますが奈良市以外の場所も観光地として認識されてきてるようです。

桜井・飛鳥・橿原・平城と国の中心が動いてきた経緯があるので、その価値からすればそれは当然だと思います。

要するに宿泊施設が少ない今の状況が異常で、本来の価値からすれば「大観光地」にならなければいけない場所なんでしょうね(笑)
 
 
 
ありがとうございます。すみませんこれで最後にしますね笑 (Unknown)
2018-07-03 22:54:29
京奈和が出来てきたので工場立地件数は最近上位ですよ奈良県。
あと、インバウンドに関してはインフラですよ。結局のところ。
荒井知事が去年だったか打ち出した関空新幹線の構想知ってます?
それ実現したら上がってる課題はほとんど解決しますよ。工場立地にしてもインバウンドにしても結局はインフラなんです。

インフラ整備に全力を尽くして貰いたいですね。
 
 
 
こちらこそありがとうございました (奈良の未来)
2018-07-04 07:07:14
ありがとうございます。私もこれで最後にさしていただきます(笑)

荒井知事の関空新幹線構想は知ってます。
このブログでも奈良の「インフラ」「まちづくり」について考えてきているので、おそらく私とUnknownさんの考え方は一致してると思います(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。