♪ 奈良マンドリンギター合奏団 スタッフ・ブログ ♪

  合奏団のスタッフが、奈良マンの素顔、音楽に関係あること無いこと、どーでもいいこと、真面目な話、いろいろ語ります。

練習記録 3/3

2019年03月04日 | 練習記録

3月になりました

演奏会がじわじわと迫ってきました

早々に、「パンフレットにチラシの差し込みをお願い」というメールが届いたりと、やや気持ちに焦りが

そんな気分の中、奈良マン男子は午前中秘密の(笑)特訓を行いました。

このブログをずっと見ていただいている方はおわかりかとは思いますが、第3部に演奏するM.マチョッキ作曲の「麦祭」という曲の3楽章と4楽章に男声合唱が入るので、その特訓。

古風で野趣を帯びた麦の歌を歌う農民の設定でございます

合唱実績は小学校以来というメンバーが、これまた合唱の指導経験ゼロという指揮者の指導の下、血を吐きながら 練習に取り組みました。

結果、格段に向上しました(元が酷かっただけに )。

しかし、まだまだまだまだなレベルなので、頑張れ奈良マン男子

午後からの練習は、ガツンとスプリングコンサートの練習!といきたかったところ、土谷指揮者が所用でお休みの為、2部の曲をサクッと代振りで、そして3/30予定のさくら祭りでの演奏予定曲のお試し弾き。

残す練習はあと3回(ゲネ除く)。

頑張りましょう

 

 

コメント

練習記録 2/17

2019年02月24日 | 練習記録

 

 

チラシができました

 

今回のイラストは、タイプライター!

もちろん、ルロイ・アンダーソン特集の1曲、「ザ・タイプライター」によります。

曲の練習には、本物のタイプライターも使用するのですが、驚いたのはイラスト書いた人が奈良マン所有のタイプライターを知らないはずなのに、同じ色のタイプライターを描いてくれたことです。 

演奏会当日に客席からタイプライターが見えるかどうかわかりませんが、そこらへんもお楽しみに

 

2/17の練習は、チラシ記載のスプリングコンサートの曲を粛々と。

曲の仕上がり具合はまだまだまだまだ・・・ですが、3月の追い込みに期待します。

 

嬉しいお知らせとしては、ギターパートに新しいメンバーが加入!

残念ながらスプコンには出られないらしいのですが、ギターパートを大いに盛り上げていただきたいと思います。

コメント

練習記録 2/3

2019年02月09日 | 練習記録

 

この日は午前中に幹部会が行われました。

メインとなる議題はスプリングコンサートについて。

良い演奏会となるように、いろいろと細かく作戦会議です。

加えて急遽飛び込んできた6月の依頼演奏について。

奈良市内を遠く離れて、以前にハイキングへ行った遠くからお声が掛かりました

これもまた楽しんでもらえる演奏会になればと思います。

 

さて午後からの練習、この日は指揮者3人がそろいました

スプリングコンサートが4月に迫る中、新たな楽譜が…

土谷さんから、ルロイ・アンダーソン特集に残された最後の1曲、「The first day of spring」。

これはスプリングコンサートにぴったりの、なかなか美しい曲でした

桐山さんから、U.ボッタキアリの「L'abbadonata」。

これはイタリアから取り寄せた管弦楽曲の楽譜を桐山さんが編曲したもの。

ネットで調べた限りは記録が見つからなかったので本邦初演になるかと、違う?

「彷徨える霊」を想わせて、重厚です。ボッタキアリ・ファンの方は是非お楽しみに

 

(土谷さん)
●立春 (The first day of spring)
●シンコペイテッド・クロック (The Syncopated Clock) Leroy Anderson / arr. Tuchiya
●タイプライター (The Typewriter) Leroy Anderson / arr. Tuchiya
●サンドペーパー・バレー (Sandpaper Ba let)Leroy Anderson / arr. Tuchiya
●舞踏会の美女 (Belle of the ball) Leroy Anderson / arr. Tuchiya

(田中さん)
●旧友(Alte Kameraden) Carl A. Teike / arr. T.G.
●「詩人と農夫」序曲(Poeta e contadino; Sinfonia) Franz von Suppe / arr. Vincenzo Billi
●無言歌(Song without words) Vaja Azarashvile / arr. TG

(桐山さん)
●見捨てられし魂 (L'abbadonata) Ugo Bottacchiari /arr. Kiriyama
●麦祭り(La Festa del Gramo) Mario Macciocchi

 

by ぐりだる

コメント

練習記録 1/20

2019年01月26日 | 練習記録

ご無沙汰しております、奈良マンドリンギター合奏団です

年明けより記録係様が諸般の事情により不在の為 、ピンチヒッターを申し付けられましたので書かせていただきます

2019年は1月6日に奈良マンは始動しております


初弾き、総会、新年会のフルコースを終えて、いよいよ4/14日のスプリングコンサートに向けて練習あるのみの状況であります(実はもうそんなに時間の余裕もないのであった)。

さてそんな1/20の練習は、指揮者の一人土谷さんがお休みの為、今年から指揮者一味に加わりました絶賛見習い中の私が代振りさせていただきました。


土谷さん担当の曲は、ルロイ・アンダーソンの曲集。
意気込んで代振りさせていただきましたが、奏者へ有益な指示を出すのはなかなか難しいものです。次の機会まで、精進しておきます

桐山さんの担当曲は男声合唱が入るのですが、今回初めて合唱用の楽譜が配られました。

歌うのは奈良マン男声合唱団。
小中学校以外での合唱の経験値がほぼゼロの合唱団です 
指揮者の指示により、洗練されたコーラスではなく、粗野で垢ぬけないコーラスを目指します。これからどうなっていくのでしょうか、乞うご期待です

ご期待といえば、ギターパートに見学者をお迎えしました。
いきなり、怪しい代振りの指揮者や、ど素人男声合唱団の風景を見てどのように思われたでしょうか…

懲りずにまた見学に来てくださいね

 

(土谷さん)
●シンコペイテッド・クロック (The Syncopated Clock) Leroy Anderson / arr. Tuchiya
●タイプライター (The Typewriter) Leroy Anderson / arr. Tuchiya
●サンドペーパー・バレー (Sandpaper Ballet)Leroy Anderson / arr. Tuchiya
●舞踏会の美女 (Belle of the ball) Leroy Anderson / arr. Tuchiya

(田中さん)
●旧友(Alte Kameraden) Carl A. Teike / arr. T.G.
●「詩人と農夫」序曲(Poeta e contadino; Sinfonia) Franz von Suppe / arr. Vincenzo Billi
●無言歌(Song without words) Vaja Azarashvile / arr. TG

(桐山さん)
●麦祭り(La Festa del Gramo) Mario MACCIOCCHI
●放浪者の歌(Song of the Vagabonds) Rudolf Friml / arr. Kiri

 

by ぐりだる

コメント

12/16 練習記録

2018年12月17日 | 練習記録

今回は、今年最後の練習です。

練習会場はアウェイで近鉄奈良駅から徒歩20分の若草公民館。途中、観光客で賑わう興福寺を経由して県立美術館の横を通って、昔ならではの細い道を通って会場入りしました。

TG様は、18年ぶりにもう一度演奏したいという「詩人と農夫」に再び挑戦。「ルスランとリュドミラ」のほうがまだ弾きやすいと思ってしまうほどに手ごわい1st譜面、異音だらけの初見弾き(私の演奏)、年末年始の宿題をありがとうございます(笑)。

トーチャン様は、ルロイ・アンダーソン作品から4曲。冗談音楽と言われる所以でもある小道具類も練習に登場、チクタク音を鳴らすウッドブロック、サンドペーパー、タイプライター。ウッドブロックは、団員T氏が手作りしたものとか(本人記憶ない模様)。これらの奏者は自前、楽しさを倍増させる特殊楽器たちです。聴いて楽しいアンダーソンの世界ですが、ところがおっとどっこい、弾くほうは意外にたいへんだぁ!ってことが、私、初弾きの今日、わかりました。これも年末年始の宿題ですね。

Kiri様は「麦祭り」。ゴルフ練習が災いした負傷中の某氏は、男性コーラスの楽譜とにらめっこで、心の準備中? そして、年末恒例のマネンテ、アマデイの「降誕祭の夜」の2連発をさらっと。最後のアマデイは、皆さんよく弾きこんでいるようで、元気に今年の弾き納めとなりました。

今回の練習曲は次の通り。

<田中さん>

○Song without words Vaja Azarashvile/田中昭彦

 (無言歌)

○Poeta e contadino;sinfonia  Franz von Suppe/Vincenzo Billi

 (喜歌劇「詩人と農夫」より序曲)

<土谷さん>

○Sandpaper Ballet Leroy Anderson/土谷有廣

 (サンドペーパー バレー)

○The Syncopated Clock  Leroy Anderson/土谷有廣

 (シンコペイテッド クロック)

○The Typewriter  Leroy Anderson/土谷有廣

  (タイプライター)

○Belle of the Ball  Leroy Anderson/土谷有廣

 Waltz (舞踏会の美女)

<桐山さん>

○La Festa Del Grano  Mario Maciocchi

 (麦祭り)

○Nuit de Noël  Giuseppe Manente/中野二郎

 petit morceau characteristic  

 (降誕祭の夜)

○Notte di natale   Amedeo Amadei

  piccolo suite

 (小組曲「降誕祭の夜」)

以上

コメント