いるま・風の善さん

中高年オジンの趣味と遊びの日記です。

いるま×ホッタラケの島・アニメ

2009年07月12日 | 市内行事・案内

「稲荷様にお願いすると、なくなったものが出てくる」。わが町に伝わるそんな伝承を発展させたCGアニメ「ホッタラケの島」がフジテレビ系で制作され、この夏全国東宝系の映画館で公開される。舞台となるのが宮寺地区の「出雲祝神社」や実在する「ハタヤの稲荷」がモチーフとなっているため入間市では、大いに宣伝をしているのであります。


(上、善さんの早朝散歩にある出雲祝神社本殿と、下、アニメに登場の神社)




(出雲祝神社の本殿から見た風景、左アニメ、右散歩コースの写真)



(「ハタヤの稲荷」は物語のモチーフとなっている民話の伝わる稲荷です。上は散歩コースの写真、下はアニメの映像)



出雲祝神社の近くにあるお稲荷様、アニメではホッタラケの島への入口として登場するところ。ハタヤの稲荷にまつわる伝承は、物をなくした時は、この稲荷に祈願すると、無くなったものが自分のところに戻ってくるというものです。


(その1)ある家の妻が夫の実印を失ってしまったので、11日間このお稲荷様に通ったが出てこなかった。妻はがっかりしていたところ、実印は夫がもっていた。(その2)ある鉄工所で仕事道具が盗まれた。そのため工場主は3日間この稲荷様に通い祈願したところ、道具はすべて手元に戻ってきた。(入間市史 民俗・文化財編)



(神社南側の観音堂境内にある、カヤの古木。)728年僧行基が全国行脚の際出雲祝神社の神木から仏像を作ったとされ、この地にカヤの木を植えたとされている。


散歩途中の地元の神社が、アニメの舞台となるので、市でも注目しているのであります。


アニメの写真は入間市HPよりhttp://www.city.iruma.saitama.jp/genki/hottarake/index.html

ジャンル:
ご近所ニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« 奈良歴史地理の会in浦和(20回) | トップ | スクーリング(文化財修復学) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

市内行事・案内」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事