YES MUSIC YES SALES

お気に入りの音楽や活字。その中に秘められた想いと、世の中の事、セールスの事をリンクさせて紹介していきます。

シンデレラ 今 魔法が 消えるように列車出てくけど

2012-12-14 | Yumi Matsutouya
日本の恋と、ユーミンと。 Disc 2 の名曲「シンデレラ・エクスプレス」です。この作品も1985年11月30日に発売された「DA・DI・DA」収録曲ですが、、TBS「日立テレビシティ」のドキュメンタリー番組『シンデレラ・エクスプレス-48時間の恋人たち-』の主題歌として制作された作品です。遠距離恋愛がテーマでね。企業戦士が東京で働いて、、それに会いにくる女性。。なんて感じ? 週末を一緒に過ごし日曜日の最終の新幹線で大阪に帰る、、そんなシチュエーションですね。国鉄が民営化したのが1987年、その年の夏からJR東海が制作したのが、この「シンデレラ・エクスプレス」のCMでした。 この頃、、このCMが話題を呼んでメディアでも取り上げられましたね~ 今じゃ無理かもね、、お金無いし、、無駄だから、、メールでやり取りとSkypeで大丈夫、、、どうしてもの場合は夜行バスで。。なんて、、このようなCMでは心響かないね~



JR東海CMシンデレラエクスプレス1992 横山めぐみ


※個人的にこの作品が一番好きです。 最後の男性のナレーションがGOOD!!「距離に試されて二人は強くなる・・・・」巧いね~



この頃は、、 Japan as Number One の絶頂へ・・・駆け上がっていた時ですからね。。金曜の夜新幹線で来て、、週末優雅に過ごして、、日曜の夜最終の新幹線で帰るなんて、、できたんでしょうね。 そんあなシーンが憧れ・・・として、、1983年頃から起こり始めた、女の子のシンデレラストーリー化もこの時に最高潮を迎えます。。。 豪華なクリスマス、、、1987年の流行語が「朝シャン」「カウチポテト」「地上げ屋」「花キン」「ボディコン」 俵万智さんの「サラダ記念日」村上春樹氏「ノルウェーの森」が大ヒットした時です。

多分凄まじい勢いだったんでしょうね。私は1986年に高校を卒業したので、、社会人として毎日トラック乗って商品配達していた時期ですね。北海道で仕事をしていたので、、東京はメディアの中で遠いゾンザイでした。自分には関係の無い世界・・・ しかし2012年の今、もう東京へ来て20年、、、人生は分からないですね。 そんな時期に聴いユーミンを改めて、、聴き、、そんな時代のシーンを思い描く、、そんな事ができる人間の能力はすごいね~
なので、、、、いかにお客様にも「シーン」を描くか、、「モノ」では駄目。。 お客様にとっての「シーン」を描くこと、ゴールを一緒に描くことですね。あなたの扱っているいる商品、サービスがもたらすシーンは何か? どんな素敵な未来のシーンを描くか、、、、とても重要です。 ユーミンの歌詞を読み返し、、シーンの絵描き方を再度学ぼう! 目を閉じて、、どんなワクワク、ドキドキ、キラキラのシーンが描けるか、、、、、、

松任谷由実-シンデレラ・エクスプレス(from「日本の恋と、ユーミンと。」)
この記事についてブログを書く
« 私にとって あなたにとって... | トップ | DANG DANG D-DANG と弾丸をぶ... »
最新の画像もっと見る

Yumi Matsutouya」カテゴリの最新記事