よっぱらいの戯言

コンサドーレ札幌を中心としたサッカーネタ、日本代表、草サッカー、鉄道旅などをつれづれと語る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

異国の地でコンサドーレサポーターに逢えた話。

2017-12-08 00:15:16 | コンサドーレ
アドベントカレンダーネタをいろいろ考えたのですが、試合や今期の成績のことはみんな書くだろうと思うので、ちょっと志向を変えたエントリーを書こうと思います。

自分ら夫婦をよく知る方や、SNSでつながっている人は良くご存知かと思いますが、今年の9月下旬に夫婦でドイツに旅をしていました。

旅の話を整理してブログでUPしようかと思っているうちにもはや師走になってしまって賞味期限が切れ気味の話になったのですが、異国の地で札幌サポーターに逢えたという奇跡的な話があるので、それを書くことにしました。

ではでは。

この旅は、サッカーとビールと鉄道を楽しむのがメインで行きました。

サッカーというのはもちろんブンデスリーガ。

ブチョー(ウチの嫁)が香川真司が大好きなので、もちろん観戦する試合はドルトムントの試合。

試合のチケットは日本にいるうちから購入してわくわく気分でドイツ入り、あっという間に試合の日が来ました。


宿泊先はフランクフルトでドルトムントまでは約300kmくらい。

ドイツの新幹線ICEでドルトムントに向かいました。


そしてドルトムントに向かう列車の中で、とある方から

「ドルトムントの試合に、もう一人知り合いのサポが向かっている!」

という情報がもたらされました。

いろいろ調べたら、ドイツに長期出張中の関東サポのあさりさんらしく、早速コンタクト開始。

そうこう行っているうちにドルトムント到着。




この時点で連絡が取れたものの、あさりさんは既にスタジアムに向かった模様。

であれば、ゆっくりショッピングだよな(笑)。





ドルトムント中央駅から地下鉄で、「ジグナル・イドゥナ・パルク」に到着!
※ちなみに試合のチケットを持っていると、運賃が無料らしいです。


早速あさりさんを探そうと思いましたが、何しろ普通に6万人集まるスタジアム。

座席ごとに入場口が違うし、

入場口が違うところ同士は柵で覆われて人が行き来できない造りになっている模様。


そういえば、2002年の日韓W杯もカテゴリーが違う席同士は行き来が出来ないように柵が設置されていたな、などというどうでもいい記憶を思い出した。

柵はあるし、お互いに海外通信用のポケットWi-Fiの調子も悪く、連絡を取り合うのも厳しくなってきたので試合前の合流は断念。


ならば、試合前の楽しみはこれですよねw



それにしてもジグナル・イドゥナ・パルクのスタジアムはすごい!

いろいろ写真を撮りましたが、ドルトムント側のゴール裏を撮影したこの写真の迫力ったら…。




試合はドルトムントが、大迫のいるケルンを5-0で圧勝!

この時期は開幕から無敗・無失点でしたので、その後ルールダービーで4得点の後に4失点するようなチームになるとは思いもよりませんでしたがwww

※ちなみに香川の勇姿を観に来たのに、香川はベンチ入りするもまさかの不出場w


さて、試合がおわりあらかじめ手荷物預かり所付近での合流という話をしていたので、手荷物預かり所に移動。

そして連絡を取り合っていたら…


あさりさんキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!



こんな遠い異国の地で、札幌サポーターの仲間に会えるなんて感動ですよ!

あさりさんに会った瞬間、思わずハグしちゃいましたよ、ハグww

というわけでジグナル・イドゥナ・パルク前で記念撮影!


その後、地下鉄でドルトムント中央駅まで移動して、駅前のカフェですお茶しながら「こんなところで知っている日本人に会えるなんて!」話に花が咲きました。


こんな奇跡に巡り合えましたが、楽しい時間はあっさりと過ぎ、あさりさんとはデュッセルドルフに帰るためにお別れ。一足先に列車に乗り込み去って行きました。

それにしても、Twitterを介して我々を引き合わせてくれたKさんには大感謝です。

そして異国の地でもサポーターと会えるくらいのサポーターの人脈が広がっていることにも感謝!!



【小ネタ】
ドルトムント中央駅でみかけたホーム内にある標識。



標識の意味は
列車に飛び込む時は背面飛びで!

背面飛びなら列車が見えないから恐怖心を克服して飛び込めますよね?www
コメント   この記事についてブログを書く
« みよしのの「ビンゴで食べ放... | トップ | 生存証明(笑)。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

コンサドーレ」カテゴリの最新記事