セゾン・ド・ユー

時々更新フォトダイアリー、北の四季とエトセトラ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

薪仕舞い

2013-07-28 22:43:19 | 薪・ストーブ

五月の連休から野ざらしにしていた割り薪に、やっと始末を付けた。

いろいろあってここまで延びたのだが、雨の少ない春から夏だったので、薪の
乾燥はかなり進んでいた。

多分、地面からの湿気を遮断するか、離すことができれば、薪はこんなにキレイに
積まなくても乾燥するものと思われる。

野良仕事も「美的」を追求すると、一手間、二手間増えるということか。

手前と最奥が今年の薪で、サイロの下は二冬越したビンテージ?薪。 

 

 

 

 

 

手前、何となく木くずが散らばっている辺りの一山が、壁塗りを終えた部分の小屋に
落ち着いた、ということ。

それにしても、サイロの木蔦の勢いはすごい。

 

 

 

 

 

 

二列積みなのため、ナマコ波トタンを縦に使えないので、二枚重ねの片流れにする。

うん、なかなかいい感じ。

でも、トタンの縁に木でも当てて補強しておかないと、雪の重さにやられそう。

 

 

 

 

 

 

ジューンベリーの今。

今年も、やっとこの色に出会えた。 

 

 

 

 

 

へレニウムもつぼみをたくさん付けて、準備万端。

 

 

 

 

 

 

こちらのエキナケア・パープレアも夏姿に変身中。

ユー地区に、短い真夏がやってきた。

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 案の定 | トップ | 黒、赤、白 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

薪・ストーブ」カテゴリの最新記事