なおこっとサンキュー!

仕事(精神科ナース)、子育て、読書、
櫻井翔くんラブして、
自分育てはつづく・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

兄おとうと

2006-02-22 23:59:28 | 本とかDVDとか音楽とか趣味
今日は市民劇場
小松座の「兄おとうと」よかった。
内容、演出、歌、役者さん・・・
どれをとっても、いうことなし。
子どもから風邪をうつされたらしく、体調不良だったのに
ぐっと元気が出ました
当初は着物を着て・・と思っていたのになんだかんだと
忙しく、結局ギリギリに到着
すると、舞台の女優さんの着物姿がステキで・・・
(寝巻きを入れると5回くらい着替えてました。すごい。
 むかしは長羽織だったんですね。今、また復活中)
着てくれば、よかった~と後悔したのでした

作品のなかで「国家」とは?と、(井上ひさしが)問うのですが
人々の、思いや願いであること、また、
それが報われなければならないこと。
すとんと納得できたのでした
確かに血縁とはきってきりはなせないもの
その大切さはいうまでもなく
でも、夫婦の絆って?他の人との関係って?
生死苦楽をともにするというとおおげさだけど
~だからこそって関係だからこそ、かけがえないものでは?

舞台って本当にすばらしいので、
ジャニーズ出演の料金の高さって何?
と、正直思ってしまう。
一度、舞台としてしゃんと見てみたい。
高くてもその価値のあるものを堂々と演じてほしい~
(いや、演じていると信じています)
ちょっと辛口かもしれないけれど、
今は、翔くんより草なぎ舞台が見たいかな?
彼らのためだけの演出でないものが見たいな。と。
あと、何年かしたら、きっと本当に見たくなるとおもう。

「演技者」はみたい。(やってません)
「アメリカ」の風間俊介くんはかっこよかった
あの、舞台は見てみたい~
たまにしか思い出さないのですが、
けっこう、若いときにアングラ的なのを見に行ってから?
こだわりがあるのかな?
と、いいながら、この3,4月になんか
東京、大阪に行く用事がないのものか画策しています
コメント (2)   トラックバック (1)