西暦2018年のラグビーフットボール

優雅で感傷的な日本ラグビー(あるいは「カヴァレリア・ルスティカーナ」について)
旧「バックスタンドで会いましょう」

決勝はニュージーランド対オーストラリア?

2017年05月12日 00時35分41秒 | ワールドカップ
やはり組み合わせが決まると楽しくなってくるよね。世界中のファンがやっているが、私もついついいろいろと想像してしまう。

まずプールのドローを確認しておく。


アイルランド
スコットランド
日本
ヨーロッパ1
プレイオフウィナー


ニュージーランド
南アフリカ
イタリア
アフリカ1
レパシャジュウィナー


イングランド
フランス
アルゼンチン
アメリカ1
オセアニア2


オーストラリア
ウエールズ
ジョージア
オセアニア1
アメリカ2

普通に考えればBとDはランキング通りの結果になるかな。せいぜいDのウエールズが下位に苦戦するくらいか。Aはジャパンに頑張って欲しいが壁は高い。Cはわからない。イングランドが頭一つ抜けていると思うが、フランス、アルゼンチン、オセアニア2を含めて、どのチームも2位は狙える位置にある。

でもすべてランキング通りの結果になれば、準々決勝はこうなる。

41 準々決勝1  B1:ニュージーランド × A2:スコットランド
42 準々決勝2  C1:イングランド    × D2:ウエールズ
43 準々決勝3  D1:オーストラリア  × C2:フランス
44 準々決勝4  A1:アイルランド   × B2:南アフリカ

マッチナンバーの振り方は前回大会に合わせただけなので変わる可能性があるが、組み合わせはこれで合っていると思う。
本当にこうなったとして、わからないのはアイルランドと南アかな。その時の両者のコンディションによると思う。それを言えばオーストラリアとフランスもそうかな。イングランドとウエールズだってそんなに離れていないだろう。

でもこれもすべてランキング通りになれば、準決勝はこうなる。

45 準決勝1  準々決勝1勝者:ニュージーランド × 準々決勝2勝者:イングランド
46 準決勝2  準々決勝3勝者:オーストラリア   × 準々決勝4勝者:アイルランド

あー、ここでニュージーランドとイングランドが当たってしまうのか。決勝で見たかったカード。まだ決勝で当たっていないカード。もちろんこうなると決まったわけではないが。どちらかがプールマッチで2位に沈めば決勝で当たる可能性も残されているが。
オーストラリアとアイルランドが当たれば、これは結構もつれるのではないだろうか。

でもこれもランキング通りの結果になったとして、決勝と3位戦はこうなる。

47 3位決定戦 準決勝1敗者:イングランド   × 準決勝2敗者:アイルランド
48 決勝   準決勝1勝者:ニュージーランド × 準決勝2勝者:オーストラリア

えー、前回イングランド大会と同じ決勝の組み合わせ? それはつまらないよね。あってはならないよね。
個人的には、日本大会が波乱の大会になることを期待している。初優勝チームが生まれて欲しいと願っている。でも今の段階ではその願をどこに掛ければ良いのかわからない。フランスもアルゼンチンもちょっとなー。アイルランドも来そうな感じがしないしなー。

ね? 楽しくなってきたよね?



ジャンル:
ラグビー
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラグビーワールドカップ日本... | トップ | 開幕戦はジャパン対トンガ?... »
最近の画像もっと見る

ワールドカップ」カテゴリの最新記事