吾日三省2‐シュウシュウの季節

All it needs is courage, imagination, and a little dough.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

具志堅用高は、すごかった。

2005-05-26 00:01:18 | Weblog
本屋さんで、立ち読みをしていたら、
具志堅用高の偉業(奇行)をまとめた本が目に入った。
ガッツの二番煎じかな、と思いつつも期待感を持って、軽く読んでみた。

やっぱりガッツ以上だった。

恐るべき石垣島。
ウケたのは、具志堅氏のホームページの名前が、「ちょっちゅね・コム」
調べたら本当でした。
リンク

ご存じない方のために、念のために付け加えておくと、
チョッチュねというのは、具志堅語で、「ちょっとね」という意味。
口癖なので、彼の代名詞になっている。
ちなみに、石垣島の黒砂糖菓子の名前は、この口癖にちなんで
ちょっちゅね、という名前である。

あと、逸話関係で面白かったのが、
小川直也が、ハッスルをはやらせているのを羨ましがって、
「ちょっちゅね、ちょっちゅね」
を流行らせようとしている。とか、

ヨンさまならぬ、用様と呼ばせようとしている、などです。

たぶん彼は、打たれる前から、あんなだったんだろうと思う。
そこが、輪島さんや、ガッツ氏とは違うんだろう。


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画ベスト100 | トップ | どーーーでもいいこと »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事