生きたまま極楽! 

ワタクシ、naojiiの、巷の旬な話題と情報への個人的意見、日々雑感。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラッシャー木村さん逝く

2010年05月25日 | 格闘技ログ

 

○ラッシャー木村さん:死去、68歳=元プロレスラー

 

      元プロレスラーのラッシャー木村(本名・木村政雄=きむら・まさお)さんが24日午前、腎不全による誤嚥(ごえん)性肺炎のため、東京都内の病院で亡くなった。68歳。所属団体である「プロレスリング・ノア」が同日、発表した。葬儀は近親者のみで行う。

 北海道出身。58年に大相撲・宮城野部屋に入門。65年にプロレスデビューを果たし、以後、数々の団体を渡り歩いた。67~81年の国際プロレス時代には過激な闘いを数多くこなし、「金網デスマッチの鬼」と呼ばれた。また国際プロレス崩壊後の81年、新日本プロレスに「殴り込み」をかけた際には、きまじめな性格ゆえ、リング上で「こんばんは」と丁寧にあいさつをしてしまった逸話を持つ。

 84年からは全日本プロレスに参戦。故ジャイアント馬場選手のタッグパートナーなどを務めたほか、ユニークなマイクパフォーマンスでも人気を集めた。00年に全日本から分離したノアに参加したが、04年に体調不良を理由に現役を引退した。

 

○ラッシャー木村さん、死去。享年68歳-元プロレスラー

 

 ‥ 葬儀は親族のみで行う予定。また所属団体のプロレスリング・ノアは25日の富山大会で、追悼の10カウントゴングを鳴らし冥福を祈る。

 北海道出身。1964年に力道山がつくった日本プロレスに入門。その後、東京プロレス、67年から国際プロレス、UWF、全日本プロレス、ノアと団体を移り、「金網の鬼」と呼ばれ数々の名勝負を繰り広げた。84年の全日本プロレスでは故ジャイアント馬場選手とタッグを組んで参戦したほか、独特のマイクパフォーマンスでも人気を集めた。2004年引退。

 

○猪木沈痛 ラッシャーさんの死を悼む

 

      アントニオ猪木(67)が24日、都内で映画のイベントに出席し、腎不全による誤嚥性肺炎のため68歳で死去したラッシャー木村さんの死を悼んだ。猪木は80年代に新日マットでラッシャーさんと抗争を繰り広げるなどともに昭和のプロレス史を彩った。イベントではにこやかな表情だったが、“戦友”の死についてコメントを求められると「そうですね…」と沈痛な面持ち。2度、3度とうなずき「ご冥福をお祈りします」と声を絞り出した。

 

 

 ラッシャー木村さんも逝っちゃったんだなあ。プロレスラーの人は、早死にが多いですね。サンダー杉山さんもグレート草津さんも、戦艦豊登さんもそう。日本が誇る世界の巨人、馬場さんも早死にだった。みいんな60代で亡くなられてる。イマドキ、木村さんの68歳は早死にだなあ。

 やっぱりプロレスラーは過酷な商売なんだ。試合で死んだ人も半身不随になった人もけっこう出てるしね。八百長だのショーだの見せ物だのと言われて毎日命懸けで働いて、挙句早死にするなんて‥。で、今は稼げないでしょう。昔はプロレス人気は絶大だったからそれ相応の収入はあったんだろうけど。

 今は格闘技人気も、2000年代前半に比べると萎んじゃったし、プロレスも90年代末頃は東京ドームで大入りで興行打ってたのになあ。やはり2000年代前半まではまだプロレスは人気ありましたよねえ。現在はプロレス興行は斜陽の一途、って感じ。今のレスラーは満足に食べれない人が多いんじゃないのか。

 昔は、豊登さんを筆頭に芳の里さんとか、豪放磊落というのかどうか湯水のように金を使う、毎日豪遊したりギャンブルに狂ったり、非常に金遣いが荒い、というエピソードの持ち主が多いですよねえ。日本プロレスの父、力道山もそうだったんでしょうけど。

 ラッシャー木村さんは味のあるレスラーでしたよね。また、不運なレスラーとも言える。国際プロレスでは、豊登、杉山、草津がいなくなった後は、ストロング小林と共に国際プロレスのメインレスラーとなり看板を背負って立つ。小林も去った国際プロレスの末期には、一人で団体のエースとして、金網デスマッチなど毎回流血しながら国際の最後の屋台骨を必死で支えて来た。

 あえなく国際プロレスが潰れ、団体のエースだった木村さんは、新日に移籍して、猪木の引き立て役、屈辱的な、コソコソ汚い反則を繰り返すチンピラの如きヒール役に回った。

 プロレスはフェイクである。プロレスラーはプロレスという職業で働いて金を稼ぎ生活する労働者だ。プロレスリングは試合の内容までもマッチメイクするショー格闘技だ。試合をやっているレスラーは全力を出して真剣そのものだけど。で、ないと大怪我をする。命懸けの仕事だ。

 プロレスのパフォーマンス内容と、レスラーのリアル格闘技の真の実力は違う。ラッシャー木村は、本当は、実力的には相当強い男だったと聞いたことがある。

 プロレスのメインイベンターでなくて、前座の先のタッグマッチで戦ってたりしても、見てくれに華がないというだけで、実際のところは本当は誰が強いかは解らないのだ。藤原善明やその他にも前座に近いタッグマッチなどに出ていたパッとしないレスラーで、実は関節ワザのスペシャリストみたいなレスラーは何人も居た。

 ラッシャー木村さんは記事にあるように生真面目で朴訥としていたんだろう。実力を持っていながら、一時は危険な金網リングなどで毎日流血しながら身体を張って団体を守っても、そのエースとして輝いた期間は短く、その実力とは裏腹に他団体を渡り歩き、そこのエースの引き立て役としての位置に甘んじて、汚くケチな反則ヒールの役も引き受けた。プロレスラー、ラッシャー木村さんには何処か物悲しさ(悲哀感)も感じてしまうが、元は国際プロレスの不動のエースで金網の鬼、プロレスラー、ラッシャー木村さんはプロレス格闘家人生を全うした。

 木村さん、どうぞ、天国でゆっくりと身体を休めて呑気にゆったり暮らしてください。御冥福をお祈りします。 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 再出発エリカ様 | トップ | AKB48 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

格闘技ログ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事