生きたまま極楽! 

ワタクシ、naojiiの、巷の旬な話題と情報への個人的意見、日々雑感。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アヤパン後

2010年08月31日 | 芸能ログ

「大塚範一切りの布石?」"アヤパンの後継者"に生野陽子起用の裏事情

 

     退社の意思を表明した高島彩アナウンサーがメインキャスターを務める、人気のフジテレビ朝の情報番組『めざましテレビ』。その高島の席にショーパンこと生野陽子アナが座ることになった。だが、この決定にはフジの思惑とある計算があるという。

「生野を起用したのは大塚メインキャスターを切るためですよ」と証言するのはフジの関係スタッフだ。

 熟練のアナウンス技術と経験、安定感から地味ながら支持を得ていた大塚キャスターだが、最近、年齢のせいか、スタジオでの出演者らとのやりとりに切れがなくなってきた。

「単純に衰えですよ。そろそろ限界かなってみんな言っていますけど、あれだけの実績がある方ですから、なかなか切れないんですよ」(前出スタッフ)

 局内では「生野アナでは大塚アナをフォローしきれない。機転の利くカトパンこと加藤綾子ならば大塚アナの衰えを"隠す"ことができる」(前出スタッフ)と言われていた。にもかかわらず生野アナを起用したのは「大塚アナの衰えぶりをはっきりさせるため。一時的に視聴率が下がっても構わない」(制作スタッフ)とフジ上層部も覚悟を決めているというのだ。

 表向きは、経験を買って3年目の加藤アナよりも5年目の生野アナを起用したとなっているが、実力社会のアナウンス界にあってこんな年功序列の考え方がまかり通るはずがない。現にフジは入社1年目の加藤アナを主要番組に続々と出演させるなど、大抜擢した実績がある。

「もちろんフジ一流のエクスキューズですよ。生野アナより加藤アナの方が実力的に上というのは、局内では一致した見方ですからね。あれは大塚アナをフォローしきれない生野アナをわざと起用して、大塚アナを次の番組改変で外す計画に違いありません」(フジに出入りする業者)。

 にわかに信じられない計画だが、こんな話が出てきてしまうほど、フジにとって大塚アナは"鬼っ子"になっているようだ。

 

 

 でもホント、あやぱんは実力も持ってたな。容姿と人気だけでなく、サバケてて仕事も出来たよ。すごいよね。大塚さんはもう目覚まし17年だっけか(?)。それくらいはいってるんだよね。年齢は還暦過ぎてるし。ニュース読んでてけっこう引っ掛かる。根は、ヒトミシリがあり構えるタイプのようだね。けっこう神経質で意外と社交的でない‥。大塚さんの本性は好感は持てるけどなあ。TV局も情け無用の冷たく厳しい世界だしなあ。自由業者も生き残って行くのは大変だよなあ。


コメント   この記事についてブログを書く
« 山本小鉄さん逝く | トップ | 谷啓さん »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿