生きたまま極楽! 

ワタクシ、naojiiの、巷の旬な話題と情報への個人的意見、日々雑感。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高部あい・コカイン 続報

2015年11月05日 | 芸能ログ

○<高部あい容疑者>コカイン使用容疑で再逮捕 警視庁

 

  東京都内でコカインを使ったとして、警視庁組織犯罪対策5課は4日、麻薬取締法違反の疑いで、タレントの高部あい(本名・中山あい)容疑者(27)=東京都渋谷区=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は10月中旬ごろ、都内でコカインを使用した疑い。

 組対5課は10月、コカインの所持容疑で逮捕していた。尿を鑑定した結果、陽性反応が出たという。

 

○【麻薬逮捕】高部あい 人気アイドルからプロ野球選手、有名スポーツ選手まで“驚きの人脈”

 

   本紙独走スクープ第3弾は“麻薬アイドル”の仰天プライベート人脈だ。グラビアや声優界で人気を誇り、女優としても着実にキャリアを積んできた高部あい(本名・中山あい)容疑者(27)のコカイン逮捕事件で、周辺にいた人気アイドルや有名スポーツ選手らの名前が次々と浮上。知名度はそれほどでもなかった高部が、各界を股にかけて人脈を築けたのはなぜなのか? 大物たちとも交友を深めていった怪しいプロセスが見えてきた。

“コカイン女優”高部を即クビにした元所属事務所では事件後、素早い動きがあったという。

「先日、役員全体会議に所属タレントが集められ『当分派手な行動はしないように。(保釈や執行猶予判決で)出てきても高部とは付き合うな』とくぎを刺されたそうです」とは芸能プロ関係者だ。

 知名度はそれほどでもない高部だが、芸能界ではやたら顔が広かった。彼女の周辺を取材すると、プライベートで仲良くしていたという有名人の名前が次々と出てきた。

 15日の逮捕で本人ブログも即閉鎖されたため、ネット上には高部の交友関係の痕跡が少ない。同じ事務所だった同世代女優らが、最近の交遊をブログに載せている程度。そんななか、高部の業界人脈を明かすのはある芸能関係者だ。

「所属事務所は違うけど、同世代の人気女優N、ちょっと年上で最近“クラブ活動”に忙しい元人気アイドルSと仲良しだよ。彼女たちは人が集まるクラブやフェスが大好きで、高部とはいわゆるパーティー友達。Sは今年8月にあった高部のバースデーパーティーにも顔出してる。アイドル系の遊び友達もいて、同年代のアイドル女優Oや、人気アイドルグループのKやSとも仲いい。ちなみにこの3人は酒癖の悪さでも有名だよ(笑い)」

 また男関係も、これまで噂にすらなったことはないが、かなり派手だったようだ。しかも、いわゆるアイドルと呼ばれるイケメンたちと…。同関係者が続ける。

「人気の若手男性グループのTやOが年下の弟分で飲み友達だよ。それから昔ヤンチャで有名だった人気グループ元メンバーAとも、西麻布かいわいのクラブなんかで遊んでた。あと、これは高部本人が言ってたんだけど、タメの人気アイドルとは遠い親戚なんだって」

 スポーツ界にも人脈を広げていた。こちらも今まで噂が立ったことすらないが、高部をよく知る業界関係者がこう声を潜める。

「どうやって知り合ったか知りませんが、高部はさわやか系のイケメンプロ野球選手と遊び友達なんですよ。また大物スポーツ選手のNやK、またYとも飲み友やメシ友だったり。Y以外は独身だけど、3人とも東京にはほとんどいないから、そんな頻繁には会ってないようだけど」

 知人たちの話を総合すると、ここで登場する人気グループメンバーT、プロ野球選手、大物スポーツ選手のNとKの4人に関しては「高部のセフレだったんじゃないか?」と内輪で噂になっているそうだ。

 高部がよく遊んでいたのは都内の港区や渋谷区かいわい。地元関係者によれば、芸能界と闇でつながる不良グループの元幹部や、不良芸能人軍団の一味とされるプロ野球の元監督の息子らとも顔見知りだったという。さらに海外での薬物使用に絡むこんな話まで浮上した。

「世界的人気スターの息子Cともともと知り合いで、Cには麻薬逮捕歴があるけど、高部も一緒にヤッてたって話を聞いた。以前海外で仕事があった時にC周辺と接点ができて、そこでクスリを覚えたみたいだよ」

 かく言う冒頭の芸能関係者によると「高部はもともと頭いい子じゃないから、思ったことをすぐ口にしてペラペラしゃべっちゃう。だから仕事現場での評判はあまり良くなくて一時干されてた」という。

 そんなタイプだけに、警察の取り調べで、自身のドラッグ人脈をペラペラしゃべる可能性も否定できない。高部と怪しい付き合いをしていた有名人たちは今、気が気ではないだろう。

 

○【麻薬逮捕】高部あい“薬物人脈供述”に関連か 元アイドルSに行方不明情報

 

   本紙スクープで逮捕が発覚したアイドル女優・高部あい容疑者(本名・中山あい=27)のコカイン常習性を示す証言や、ドラッグ入手元として怪しまれる複数の人物の存在が浮上した。

 高部の「頭がおかしくなるくらい気持ちイイの~」「いろんなモノが浮き出て見えるの~」「精霊が見える!」という肉声も本紙既報だが、常習性は相当だったようだ。関係者が明かす。

「毎日ヤッてんじゃないかってくらいの常習者。コカインを“普段使い”していた。仕事とか撮影の合間にも吸ってるって話だった。警察は『微量のコカインを所持』とか発表してるけど、そんなレベルじゃないよ」

 警察関係者は「『微量』としたのは、前日の使いかけを所持品に忍ばせていたということ。容疑者の部屋からは、起訴するに足りるだけの証拠が見つかっている」。逮捕当日の10月15日の尿検査で薬物の陽性反応が出た。

 逮捕当初は「友達が(コカインを)勝手に置いていった」などとしていたが、その後は“ヤク友”の名前も取り調べで供述しているという。

 その人脈は男友達では、会社代表を務める青年実業家たち、プロ野球元監督やカリスマ大実業家のドラ息子らの他、人気ロックバンドのメンバーといった音楽関係者たち。女友達では、共にクラブやフェス好きで仲良しの元有名アイドルSや、同じくパーティー友達の人気女優Nなども、高部が供述した友人の名前として漏れ伝わっている。

 ドラッグの入手元と怪しまれる複数の人物も浮上した。まずは海外在住の若手実業家。都内一等地の生まれで米国生活も長く、有名私立大学卒のボンボン、おまけに俳優顔負けのイケメンだ。

 次に某人気ブランドのコワモテCEOは東京・渋谷区の億ション一室を高部にあてがっていた、俗に言うパトロンだ。

「米国滞在中に高部の逮捕を知り、いま相当焦っている。彼もいろんなクスリに手を出してるらしいし、じき捕まるんじゃない?」と知人。さらに実家が大金持ちで有名私大出身のミュージシャンなどだ。彼らにも捜査の手が及ぶのは時間の問題だろう。そして元アイドルSは逮捕発覚後から行方不明となっている…。

 

○「巨人監督のドラ息子」に「セフレのアイドル・アスリート」!? コカイン・高部あい容疑者の“黒すぎ人脈”

 

   コカイン、向精神薬などの所持で10月15日に逮捕されたタレントの高部あい容疑者だが、現在もマスコミ各社から新たな情報が次々と出ており、騒動の余波は収まりがつかない状況だ。

 

 1日の『サンデー・ジャポン』(TBS系)では、爆笑問題の田中裕二が、高部容疑者の逮捕に関し「そういうイメージからかけ離れたくらい、天真爛漫な素直そうな人のイメージがあったので」と大きなショックと落胆を口にしていた。だが、高部の異常なまでに広く“キナ臭い”人脈を見ると、田中が抱くイメージと実際の彼女は、大きく違ったようだ。

 

「高部の顔の広さは普通じゃありませんね。同世代のアイドルたちはもちろん、若手男性グループのメンバーと飲み友達だったり、プロ野球選手や大物スポーツ選手と“セフレ”関係だったなんてウワサまで出ています。西麻布や六本木でのクラブ遊びが大好きな彼女ですが、派手な場所で派手な知り合いをたくさん作っていたということでしょう。芸能活動に関しては“KY”で思慮も浅いことから『干された』ともいわれる高部ですが、仕事そっちのけで遊びとクスリに没頭していたとなれば、売れるはずもなかったわけです」(芸能記者)

 

 まさに“身から出た錆”状態の高部容疑者。今回の逮捕によって、関わっていた中には“気が気じゃない”人物もいるかもしれないが、高部容疑者との関係がウワサされる人脈の中には、思いもよらない“大物の息子”の存在も取りざたされているようだ。

 

「先月退任を発表した、プロ野球・巨人の元監督である原辰徳氏の息子です。もともと原氏の息子は、あの赤西仁・錦戸亮などを中心とした不良芸能人集団『赤西軍団』の一員といわれており、六本木で知らぬものなしの遊び人として有名です。“金ヅル”としてメンバー入りしたとの情報もありますが、『小遣い800万円』というウワサもあるように、相当ハチャメチャに遊んでいたことは間違いないでしょう。クラブのVIPルームを占拠していれば、そこに吸い寄せられる高部と知り合う可能性は大きいでしょう。成金風情の人物に“クスリ売り”が群がるのはよくある話。高部の“コカインルート”の候補に入ってもおかしくないですよ」(同)

 

「あの原監督の息子が……」と驚く人も多いかもしれないが、盛り場でも目立つほどの“ドラ息子”であることは一部で有名だった様子。実は“イケイケ”だった高部が親しくなるのも自然な流れかもしれない。

 

 ただ、高部が薬物を覚えたのは仕事で訪れた海外というウワサもある。そこで知り合った“超”がつくほどの人気スターの息子との関係で、クスリに手を出してしまったという話も……。呆れるばかりの“高部人脈”は、当分メディアを賑わせることだろう。

 



 高部あいさんに関しての僕の思いというのは、前回の「高部あいちゃんとコカイン」で書いたんで、他にはもう特にはないです。僕が高部あいさんに関心持ってたのは、あくまで、2008年のテレ東系の深夜ドラマの主演と、そこからのわずかな期間で、後は特に、僕の見ているTV番組でも見掛けなくなったし、僕はサスペンスドラマとかはほとんど見ないし、その内忘れていました。だから、アニメの声優をやっていたとか全然知らなかったし、劇場版の美少女アクション映画で主演していたとかも知りませんでした。

 アニメ声優としては「青い花」と「キルミーベイベー」が有名で、特に「キルミーベイベー」の異色の登場人物の役の好演は、アニメファンの世界では話題になったようですね。僕はアニメは、深夜アニメも含めてほとんど全く見ないので、声優やアニソン関係は疎いのですが。また、高部あいさんは、映画作品やTVドラマでも、脇役ですがちょくちょく出演しているんですね。星の数ほども居るタレントの中では、脇役といえど、かなりメディア露出していた方ではないでしょうか。

 ネットのコメントでも多かったのですが、よくメディアで「これを機会に芋づる式で、芸能界の汚染タレントがずるずると挙がって来る‥」と言われて、一般人は毎回期待するけど、「そう言われて芋づる式で挙がった試しがない」という意見は、ああ、全くその通りだよなあ、と思いますね。

 過去に挙げられた、ASKAやのりピーみたく大物ではないからか、一部で言われるように、高部がもともと在籍していたオスカープロモーションからの圧力があるのか、今回の高部あいのコカイン・麻薬所持と使用による逮捕劇は、TVのワイドショーを中心にあまり大きく取り上げないようですね。というか、二ユースとして、一度だけさらっと流す程度。

 

◆(2015-10/29)高部あいちゃんとコカイン

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 高部あいちゃんとコカイン | トップ | 変態さんが行く2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

芸能ログ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事