生きたまま極楽! 

ワタクシ、naojiiの、巷の旬な話題と情報への個人的意見、日々雑感。

憎らしい程強い!

2009年01月26日 | 格闘技ログ

○<大相撲初場所>「私は帰ってきた」朝青、崖っぷちから栄冠

 

        「私は帰ってきました」。国技館の1万1千人、さらにメディアを通したファンの前で、涙ながらに言葉を絞り出した朝青龍。「次はない」と語ったがけっぷちからはい上がり、栄冠をつかんだ。

  ‥ 5場所ぶりの優勝は、自身、最も長い空白だった。「久しぶりに『朝青龍』に戻って集中できた」と語る。「長い間けがに苦しみ、こういう舞台に二度と上がれないかもと思った」。昨年名古屋場所からの3場所連続休場は、けがだけではない。モンゴル巡業や、その後の調整不足など、土俵に集中できなかったせいもある。

 けいこ総見でもふがいない姿をさらし、追いつめられて迎えた初日の稀勢の里戦。俵に足が掛かってからの逆転勝ちに「行けるんじゃないかと思った」。

  ‥ ただ忘れてはいけない。15日間に危ない相撲は何番もあった。決して威厳を回復したとは言えない相撲内容だった。

 危機を脱し、謙虚に土俵に向き合えるかどうか。まずはカムバックは果たした。

 

 

 僕は、はっきり言って、朝青龍は好きな方ではありません。しかし強いですねえ。本当にすごいです。もう脱帽的にあっぱれだと思います。ガッツはすごいんだと思います。かなり嫌われている筈なのに、人気はすごいですものねえ。多分、人気は白鵬よりも、けっこう差を着けて、いっぱいありますね。以前も書いたけど、ヒール人気がすごい。「※(1/12)ヒール人気」。現在の大相撲では一番人気が高いんじゃないですか。日本人力士の誰よりも。

 やっぱり、何だかんだ言っても、お騒がせ報道ばかりでも、メディアに顔を出し続けている、いっぱい出ている、人の方が勝ちですね。そういう意味でのメディアの影響力は、ものすごく強力ですねえ。そうしてまた実力があるから。朝青龍は確かに強いですよ。ひょっとしたら、嫌、かなり確かに、朝青龍の全盛期というのは既に過ぎているのかも知れない、と思うけど、やっぱり強いですねえ。もう、相撲(格闘技)の才能そのものは群を抜いてあるんだと思います。天才級に。

 メディアへの顔出し頻度プラスの抜群の強さ。これが、あのヒール人気を作っているんでしょう。また、今、日本人力士の実力者が存在してませんからね。ベビーフェイスの正統派の白鵬よりも、現代は、嫌われ者味も持っていて、言葉通りに憎い程強い、朝青龍に大衆は人気を強くするんでしょうね。

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 人気アナ小林麻耶フリー転身 | トップ | 痴情絡み(?)殺人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿