はまあるきの東屋

 ブログ、ホームページ、釣、畑、ハイキング、園芸、読書など趣味の多い壮年の精神科医師です。奇麗な写真をおみせします。

児童文学:ぼくは松葉杖のおじさんと会った:ドイツ語

2018-12-16 17:25:12 | 読書


 ぼくは松葉杖のおじさんと会った
 ペター・ヘルトリング 作
 上田真而子 訳
1988年 初版

 地域文庫を主宰している家内の勧めで読みました。
 非常にいい物語なので、その後ドイツ語原文も
 辞書をひきながら、読みました。

 戦後直後の混乱したウイーンの街で、母親とはぐれた
 少年トーマスは松葉杖の青年を出会った。
よりそう二つのさびしい魂を描き、人間と人間の信頼の
絆を確かめようとする、ヘルトリングの最新作。
と帯にあります。

 作品も、作者も、世界的に有名だそうです。


 
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« がいこつマン;お面 | トップ | あいプラザ:廿日市市:公園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事