花と緑を追いかけて

山を愛し、花を愛し、旅と
映画とパソコンと、好奇心も
いっぱいの主婦の日記です

「エジプト紀行」16・ルクソール「カルナック神殿」

2011年02月13日 | エジプト紀行
雪の中の「椿」

三連休初日の11日、滅多に雪の降らない太平洋側も雪の一日となりましたね
横浜郊外にある我が家近辺も最初はミゾレ混じりでしたが、
午後からは水分の多いボタン雪が降り出しました。

そんな中、ちょっと早いのですが(当日は仕事で不在と言うことで)主人の誕生日を祝うために
駅前の繁華街に繰り出しました。

主人の大好きな活き魚料理をたらふく食べ、熱燗のヒレ酒を付き合い、
最後は「カラオケ」を楽しみました。
雪のせいか?、休日だと言うのにどこもお客さんの姿はほとんどなくてガラガラ・・・

私は滅多にカラオケは行きませんので歌える歌はごく僅かですが
ド演歌の多い主人に合わせて「雪椿」を覚えました

優しさと甲斐性のなさが、裏と表に付いてくる~~
そんな男に惚れたのだから~、私がその分頑張りますと・・・
花は越後の~、花は越後の雪椿~


私の歌などコブシが回らないママさんコーラス的な歌い方なので、こちらで原曲をお聴きください。

今どき滅多にいない、母たち世代の耐える女の歌ですが・・・
そんな雪椿に良く似た風情の椿が、
翌朝近くの公園で見られたので写真を撮りました


横浜南部の高台にある我住宅地は、うっすらと雪化粧の朝を迎えました(12日、朝8時撮影)

札幌で4年暮らした経験のある我等夫婦から見れば、淡い春の雪に見えますが・・・
雪道を歩きなれていない人々が、我が家の前の坂で転んでは大変と
主人が凍った雪をかきました。

僅か15分の作業でしたが、3m以上も降り積もっている雪国の人々の大変さを思うと
申し訳ないような気持ちになりますね。

        

さて、エジプトの「ムバラク大統領」がついに辞任したと発表されました。
「軍」が全権を掌握したようですが、
これからの「エジプト」がどのように変わっていくのか暫くは目が離せませんね。

私の1年に及ぶ「エジプト紀行」もようやく古都「ルクソール」に入りました。

今までの旅行記は左上のカテゴリー「エジプト紀行」で、
カイロ特別編を入れて18編UPしておりますので参考になさって下さい。

ルクソール「カルナック神殿」

画像は「雪の横浜」から一転、エジプトのルクソール「カルナック神殿」に飛びます。

カイロから南へ約670km、その昔テーベと呼ばれたルクソール
中王国時代から新王国時代にかけて(紀元前2000年~紀元前700年頃まで)エジプトの中心地でした。

その栄華を反映するように、現在のルクソール各地には、当時の王たちの権力を象徴するような
神殿・葬祭殿・墳墓が遺跡となって残されています。

その中でもエジプト最大の大きさを誇るのが「カルナック神殿」です。

第一塔門

カルナック神殿の最初の塔門まで導くのが左右に40体並ぶ羊の頭を持つスフィンクスです。
 

幅113m、高さ43mの第一塔門はエジプト最大を誇ります。

王が神となったていた古王国時代、テーベの街が発展するとともに第12王朝の時、
アメン神は太陽神「ラー」と結合して国家最高の「アメン・ラー神」となりました。

その庇護の下、2000年の長きに渡って歴代の王が次々と「カルナック」に神殿を造営したので、
エジプトで1番大きな神殿となったのです。

第一中庭

第一塔門をくぐると、幅103m、奥行き84mの第一中庭があります。
第22王朝のシェションク1世による造営です。

第二塔門と大列柱室

ラムセス二世が完成させた第二塔門を抜けると、巨大な柱の森「大列柱室」へと入ります。

写真にも写っていますが、エジプトの遺跡にはこの様なワンコがあちこちに寝そべっています。
いわゆる「野良犬」なのですが、モモちゃんの話では「神の使いの山犬」として
エジプト人たちは特に追い払わないのだそうです。

巨大な柱の合計は134本!ラムセス二世が装飾部分を完成させました

やっぱりありましたね。ラムセス二世のマークその先には2本のオベリスクが・・・

第三塔門と第五塔門の「二本のオベリスク」
トトメス1世が造営したオベリスクは19.5mハトシェプスト女王のオベリスクは29.5m


2本のオベリスクはアスワン産の赤色花崗岩で製作されています。

制作費を惜しまなかったハトシェプト女王のオベリスクは元来対で2本あったそうです。
その内の1本は地震で倒れてしまったとか・・・

<>

お陰で目の前でオベリスクのてっぺんを見ることができます。
マウスオン でテッペンンのハトシェプスト女王の図をアップでご覧下さい



エジプト最大の神殿の中心部となるアメン大神殿の面積はなんと約30haもあります。

神官たちが身を清めた聖なる池巨大なスカラベの周りを廻ると願いが叶う?

私たちもモモちゃんに言われたとおり7回、ぐるぐると回りました。

スカラベとは昆虫のふんころがしのこと。
ふんころがしは朝早く起きてせっせと働きますから、エジプトでは太陽のイメージの聖虫なのです。



流石に見応えのある神殿ですが・・・
この日はアスワンを発って「コム・オンボ神殿」「ホルス神殿」と見てきたので
頭の中はゴチャゴチャになっています


午後3時、世界中の観光客がゾクゾクと集まってきています。

今回のエジプトの騒乱で、この様な遺跡に観光客の姿は見られるのでしょうか?
行きたい人がいつでも行ける、平和なエジプトであって欲しいと思います。

旅の5日目のこの日は「カルナック神殿」を見学してから早めにホテルに入り一休み・・・
ルクソールでは2泊するので、私とK子さんはザブザブと手でお洗濯をしました。

<
そしてこちらの画像はこの日のディナーのビュッフェ料理です。
メーンディッシュはシシカバブーでしょうか?

マウスオン・クリックで前菜とスープ、
そしてアラビアのロレンスのようなステキな民族衣装で現れたモモちゃん
仲良く一緒の画像をご覧下さい

彼も今が一番の稼ぎ時なのに、仕事のない毎日を送っているのではないかと心配していますが・・・
無事民衆による「革命」が成し遂げられて、今頃は歓声をあげているかもしれませんね。

何しろ、私の仕事先の公共施設を時々利用しにくるエジプト人のW氏のお話では、
「日本のジャイカなど海外からの援助金の99%はムバラク一族の企業に入る」との事

世界中のあちこちに家を持つ彼のような富裕層でも、打倒ムバラクでした。

30年にも及ぶ独裁長期政権は、公金横領・コネ・ワイロ・秘密警察が横行し、
腐りきっていたようですね。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三浦半島「鷹取山」・簡単ハ... | トップ | 雪の残る北鎌倉・「明月院」 »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
エジプト旅行 (おみや)
2011-02-13 11:22:46
雪景色を楽しんで、雪かきもなく終わって
ホッとしています。
エジプト旅行のレポート、楽しく読ませていただきました。何時も思うことですが、
naoママさんはエジプトの歴史や色々な名所など
よく調べてありますね。
一年前のことをよく覚えていらして感心します。簡単な歴史か知らない私にはとても参考になって嬉しいです。
今のエジプトの騒動も何とか治まりそうでよかったですね。でも大切な歴史の遺産が壊されてしまったものもありますが、勿体無いことです。
☆おみやさんへ (naoママ)
2011-02-13 17:45:06
自分自身の記録のためにもこの「エジプト紀行」を綴っていますが・・・
壮大すぎてなかなかまとまりません
旅行社の日程表やメモ、そしてガイドブックを頼りにしていますが
たとえば細かい絵の説明など、殆んど忘れています。
幸いデジカメは時間が出ますから流れは分るので助かっていますが・・・

これからのエジプトはどうなるのでしょうね。
エジプトの宝は人類の宝
誰でもが自由に見られる国でいて欲しいと思います。

今日はピカピカのお天気でしたが、まだまだ寒いですね。
降ったのですねぇ。 (地理佐渡..)
2011-02-14 06:06:25
おはようございます。

そちら横浜もしっかり降ったという感じです。
写真からしますと、路面も白くなっています
から、車の運転はかなり注意。さらには徒歩
でも不注意な歩き方ができなさそうです。
やはり少し降って、道路は白くならない程度
というのが一番だと思います。
さて、カルナック神殿。規模も大きいですし、
著名な王、女王に関わりのあるものがありま
すから、良いところですね。今はエジプトは
危ない状況ですけど、民主的政権の樹立と安
定が待たれますね。汚職・腐敗体質がこれで
無くなっていけば良いですが、気になるのは
首がすげ替えられただけとなるのが最も危険
ですね。

雪降り (写楽爺)
2011-02-14 10:18:37
こんにちは。
結構積もった様ですね、雪国の方には笑われますが街が白くなるだけで雪だと感激しますから。
こちらも金曜には一日中降っていましたが、我が家の周りでは車に屋根が白くなる程度でした。

エジプトの遺跡はどれも壮大ですね、この時代まで良く残ったものだと思います。
本当の世界遺産ですから騒乱のない穏やかな社会になって欲しいものです。
☆地理佐渡さんへ (naoママ)
2011-02-14 16:08:09
車の多い幹線道路には雪は見られませんでしたが、夜間は
通る人も少ない住宅地の中は、うっすらと湿った雪が積もりました。
それが凍っていましたから、車はモチロン、雪になれていない人は危ないですよね。
もっとも雪は午前中には融けてしまいましたが・・・

エジプトのこの革命を西欧では「ホワイト革命」と言うようですね。
このまま民主化されれば良いのですが、首のすげ替えだけでは市民は納得しませんでしょう。
それに付け込んで、イスラム原理主義の過激派が勢力つけたとしたら怖いですね。


☆写楽爺さんへ (naoママ)
2011-02-14 16:44:35
今回は内陸部よりも沿岸部の方が雪が積もったのでしょうか?
大阪や名古屋も積ったようですから納得です。
お陰で「雪椿」が見られました。

これらの遺跡がいつまでも安泰である事を願いますね。
何しろこのテーベ(ルクソール)が栄えたのが紀元前1500年以上前のお話ですから、いやはや想像もつかないくらいの昔でビックリします。

バーミアンの石仏みたいに爆破されてしまっては人類の損失ですものね。

 (magamik)
2011-02-14 21:55:15
こんばんわ~
高槻は今日の午後からも雪になりました。
小林幸子の雪椿にピッタリの雪をいただいた椿
素敵です。

30年もの長きにわたったムバラク政権、
私服をいやというほど太らせていたと思います。
スイス銀行に預貯金がいくらありますことやら・・・。

独特の色の花崗岩で造られたカルナック神殿の
規模の大きさには驚きました。
素晴らしい文明がはるか昔にあったのですね。
エジプトの野良ちゃんは幸せですね。
神の使いなんて羨ましい~。
naoママさんのおかげでエジプト音痴のmagamikには大助かりです。
有難うございます。

お知らせなんですが、ブログFC2に引っ越しました。
ソースが使いたいばっかりに・・・。
どうぞ変わらずよろしくお願いいたしますね。






☆magamikさんへ (naoママ)
2011-02-14 22:45:53
こちらも夕方6時くらいから雨が雪に変わり、あっと言う間に5cmくらい積っています。
11日は天気予報で大騒ぎしたわりには積らなくて・・・
今日は予想に反して凄い降りとなりました
これだけ大きな神殿が、紀元前に建てられた事自体がオドロキですね。
この野良ちゃんたちは決して優遇されているわけではなく・・・
殆んどの犬が昼間はぐたぁ~としていました。
モモちゃんにいわせると「夜の神殿を守っている」そうです。

今日のニュースでムバラク大統領の海外資産は「6兆円」と放送されていました。
やはり長期政権は不正の温床となりますね。

FC2の使いがっては如何ですか?
簡単なら私も考えてみようかしら・・・

無念なやはり独裁者の独占 (アコード)
2011-02-14 22:50:51
ブログ閲覧に感謝です!
お久しぶりに訪問、嬉しいです!
やはりそうでしたか、此方は8年前に全部終了しました、順番に訪れること自然体でそれなりに、無理は禁物です、自然体でね!

愛するエジプトの、人民革命今のところ上手くゆきました、これからは成り行きに任せ、無理しなのがいいかと・・・。

それにしても大統領が5兆円もの資産を持っており全て国外の安全なところに移したと!
短命政権も困りますが長期政権も困りものです。


☆アコードさんへ (naoママ)
2011-02-14 23:28:47
お久しぶりです。
このエジプト旅行に行く前は、色々とありがとう御座いました。
1年前は親も辛うじて元気でしたし、エジプトも平和でした。
あの時行っておいて本当に良かった!と思っています。

あの陽気なエジプト人もやるときはちゃんとやるのですね。
民衆が勝ち取った「革命」・・・
これから好い方向に向って欲しいものです。

長期政権はどうしても腐敗の温床になるのでしょうね。

コメントを投稿

エジプト紀行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事