花と緑を追いかけて

山を愛し、花を愛し、旅と
映画とパソコンと、好奇心も
いっぱいの主婦の日記です

立山・地獄谷&みくりヶ池周辺

2009年08月19日 | 山シリーズ
8月8日(土)

翌朝の雷鳥沢は雨こそやんだものの、ガスが重くたれ込めていました。
「これでは登っても何にも見えないわね~」・・・
私たちは諦めて、に入りに行きました。もう気分は完全に温泉旅行です。


「雷鳥沢ヒュッテ」の温泉に向かう途中にも、たくさんの高山植物が咲いていました。
こちらは「ミヤマダイモンジソウ」
上の 3 枚は短く,下の 2 枚が長いため,「大」という字に似ているのでこの名前がついています。
ユキノシタ も同じような形の花ですが花の咲く季節が違うほか、葉にも明らかな違いがあるようです。


こちらは「ウサギギク」、一対の長い葉がウサギの耳に似ていることからこの名前が付いたようです。
葉っぱを写さなくてはいけませんでしたね。


清潔な感じの山小屋でした。
浴場からの眺めも良かったのですが、温泉というには物足りなく(地獄谷で熱した水を使っているらしい)、お向かいの姉妹宿の源泉かけ流しを利用させていただきました(無料)


「山の天気は9時で変わることが多いから、様子を見た方が良い」と女将さんに言われ9時まで待ちましたが、相変わらずのガスに今回の山登りは諦めました。

9時の出発なら「雄山」の往復くらいは出来そうですが、見晴らしが利かなくては意味が無いし、それだけでの延泊も時間が勿体無いような・・・
次回は今回来れなかったKさんも一緒に登りましょう。山は諦めが肝心なのです。


前日は大雨の中、上のみどり池コースを歩いて宿に行きましたが、この日はすぐ近くの「地獄谷」を通りました。
硫黄の匂いがツンと鼻をつきます。
「有毒ガスで危険!急いで通り抜けて下さい」という看板が不気味でした。


地獄谷は、平安時代から立山信仰の中心となった所であり、この地へ来れば亡き人に会えると信じられていたようです。
独特の硫黄臭がたちこめ、荒涼とした地肌にあるおびただしい数の硫気孔からは水蒸気が噴出しています。 

この地獄谷に湧く湯をポンプアップして利用したり、これを熱源にしてパイプに通した水を沸かしている山小屋は、みくりが池温泉、ロッジ立山連峰、雷鳥荘、雷鳥沢ヒッテなどがあります(営業期間はいずれも4月25日~11月下旬まで)
2450m~2300mの高所にこれだけ温泉がまとまってあるのは、日本ではここだけだそうです。


硫黄の成分が固まって出来た鍛冶屋地獄。なんとも不気味・・・
この地獄谷から室堂ターミナルに向かって長い長い急勾配の階段が続き、息が切れる頃「みくりヶ池」の湖畔に出ます。

<>

ここからはフラワーロードが続きます。マウシオンでご覧下さい
「ミヤマアキノキリンソウ」がたくさん咲いていました。
地獄から天国に来たような風景ですね。

「あら、ウスユキソウが咲いている」エーデルワイスの仲間のミネウスユキソウでした。
「こちらはイワオトギリかしら?」二人で歓声を上げました。
<
ミネウスユキソウ
< < < < <
< < < < <

私はザックから一眼レフカメラを取り出しました。
ここで出合った花々をnon_nonさんのソースをお借りして纏めましたのでご覧下さい
相変わらず名前のハッキリしないお花が多いのですが、山小屋さ~ん!助けて下さい


この日は土曜日、10時近くなるとたくさんの人々が室堂ターミナル方面からやってきます。
スキー板を担いだ少年団の団体様が地獄谷に通じる階段を下っていきました。
テント泊をして雷鳥沢の雪渓で夏スキーを楽しむらしい。


水深15m周囲が630mの、青く澄みきった「みくりヶ池」は室堂の顔。
大昔の立山噴火時に出来た噴火口に水が溜まった火山湖で、魚類は棲息していないそうです。

晴れていればこの池に「雄山~大汝~富士の折立」の峰峰が写るらしい・・・
だいぶ明るくなってきましたが、まだガスは取れませんでした。







ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
« 雨と霧の「立山」 | トップ | 立山黒部アルペンルート »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
人生、違い! (bonji)
2009-08-19 11:09:04
仕事、介護で忙しく、再婚とともにのんびり主婦の私、
naoママさんよだんだんさんのように、
全身で自然と向き合い、
自然の中に身を置きダイナミックに行動なさる、
人生違うんだなと思い、ぐうたらな自分に鞭打つ気分です

早速パースの姪からメールが来ました。
写真を見せていただいて、
良く行く近くの公園や、フルーツマーケットや、
ボーイフレンドの勤める、フォフィスビルなどあり、
楽しかったようで、
まだ行っていない所など、
興味深く見せていただいたようです、
喜んでいました。
ありがとうございました。


                   bonji
花の名前 (山小屋)
2009-08-19 15:54:17
ガスがある時、この地獄谷を歩くのは危険です。
よく生きて帰れましたね。(笑)

呼ぶ声が聞こえましたので、飛んできました。
遭難したのかと思ったら、花の名前でした。(笑)

立山の室堂は標高が2450mのところです。
従ってダイモンジソウにもミヤマをつけて「ミヤマダイモンジソウ」と呼んでください。
またアキノキリンソウもミヤマアキノキリンソウですね。
アキノキリンソウの高山型で、花が頂点にまとまって咲いています。別名:コガネギクとも呼んでいます。

花に左から番号をつけました。
①ミネウスユキソウ・・・〇
②タカネヒゴタイ・・・・・タカネをつけてください。
③イワオトギリ・・・・・・・〇
④カノコソウ・・・・・・・〇 高山では珍しいです。
⑤エゾシオガマ・・・・〇
⑥カンチコウゾリナ・・・〇 別名:タカネコウゾリナ
⑦ヤマハハコ・・・・・・〇
⑧タテヤマアザミ・・・・立山の固有種です。
⑨オオハナウド・・・・外側の花が大きいのが特長です。
⑩ミヤマキオン・・・・・キオンの高山種です。

え~と、60点ですか?
半分以上ですから、合格といたしましょう。(笑)
高山植物は咲いている標高も考慮してくださいね。
naoママさんも2000m以上では「タカネナオママ」さんです。(笑)
☆bonjiさんへ (naoママ)
2009-08-19 21:41:43
私の拙い「パース滞在記」、姪御さんに読んでいただき嬉しいです。
あの何もかもが珍しく、エキサイティングに暮らした異国での日々の思い出・・・
私にとっても大事な記録です。
コピーしておかなければと思いつつサボっています

パースは「世界一美しい街、世界で一番住んでみたい街」と言われるだけあって、いつも心地よく滞在できました。
bonjiさんも是非お出かけください。

私は40年近く主婦をやっていますが、子育てが一段落した30代後半からは仕事に山登りに国内外の旅行と好きな事をやっています。
自然と向き合ってダイナミックに行動しているといった気負いも無く、ただ単に自然の中が好きなだけですよ。
家にいるときはグータラしていますもの。
したがって最近は体力もなくなり、家事もいい加減で手抜きもいいところなんですよ




☆山小屋さんへ (naoママ)
2009-08-19 22:03:56
いろいろ教えていただきありがとうございます。
とても助かりました。これで今夜は無事に眠れそう・・・
でも60点では落第スレスレですね
とにかくタカネかミヤマを付ければ何とかなりそう・・・?

今回行った友人がお花に詳しいのですが、彼女も最近は山から遠のいてすっかり忘れてしまったと言っていました。
これからは筋肉維持のためにもせっせと行きましょうとなりましたが、親の介護で中々家を空けられず、近場の山を探すしかないようです。

この地獄谷は雪のある時期と夜間は通行禁止のようですが、日中はたくさんの人が歩いていました。
今まで遭難事故があったことがあるのかしら?
私たちも鼻を押さえて通りましたが・・・
安達太良山では迷った登山者が有毒ガスにやられた事故がありますから侮れないですよね。
山は諦めが肝心なのです。 (地理佐渡..)
2009-08-20 06:59:43
おはようございます。

全くそのとおりですね。当方なんか一人で行動することが
ほとんどですから、もうちよっとした天候の変化の予感で
あきらめがつきます。最も、ピークを目指しての登山という
わけでもないですし...(笑)。
ウスユキソウがありました。まだ見たことのない図鑑の世
界だけの花。山に登るモチベーションはこんな花からもら
うのです。ほかにもたくさんの花々が紹介されていました。
撮影のために行きたいなぁ。あっ、あと立て山ですと、
山崎カールという地形を見たいというのもあるなぁ。
元気印 (ミサ)
2009-08-20 20:26:35
naoママは私から見ると、本当にすごい体力の持ち主
何事にも威力的で、羨ましい
今の私は週五日ぐらいプール通いですが
膝の調子がやっまり余りよくなくて、です。
いっぱい時間もあるのに、ブログもあまり更新気分にもなれず最悪です。
naoママのブログを、拝見して、私もなくちゃね。
ところで、登山絶対無理は禁物。それだけは守ってくださいね。
☆地理佐渡さんへ (naoママ)
2009-08-21 08:50:36
山に登らなくても、この立山では豊富な高山植物が堪能できて嬉しかったです。
本州の高い山々で見られるエーデルワイスの仲間は、この「ミネウスユキソウ」が圧倒的に多いのですが、岩手にある「早池峰山」の「ハヤチネウスユキソウ」は本場ヨーロッパのエーデルワイスをしのぐ大きさでそれは立派でした。

山崎カールは雄山と大汝の斜面に広がるカールで、室堂からも良く見えます。
前々回にUPした立山の画像の、丁度雲が沸きだしているところが山崎カールのようですね。
カールで有名なのは立山から2泊で縦走していける「薬師岳」の金作谷カールです。
その大きさは圧倒されますね。

ロープウエーで標高2800mまで簡単に行けてしまう中央アルプスの「千畳敷カール」もあります。
私のアルプス登山の二番目がこの千畳敷から登った「木曽駒ヶ岳」でした。
一番目は娘の頃に登った「白馬岳」なんですよ。

☆ミサさんへ (naoママ)
2009-08-21 10:11:57
週に5日もプール水中歩行
これだけ頑張っても膝は良くなりませんか?
やりすぎも良くないと聞いています。無理しない程度にね・・・

私も9kg近いザックを背負っての山歩きなので、膝に負担がかかり、急な山道の下りも3時間が限度です。
いくら元気と言っても確実に体力は落ちていて、あちこちに衰えも目立ちます。
諦めざるを得ない山々が増えていますよ
ホント!我々山仲間は諦めがいいのです。
今回もこのお天気では眺望が効かず、すぐに温泉旅行に切り替えました。

夏山がこれだけでは欲求不満なのでお天気の安定している今、どこかに行きたいと重思いつつ・・・
でも現状はとても無理
息子の所の新居が完成し、この所子守に追われています。
一歳半の菜々ちゃんを抱くと翌日腰に来ます
昨日が引き渡し日だったので、息子宅に出向き2人の孫の相手をしたら、今日は腰がアイタタタァ~
子守より山の方が楽ですよ。
素晴らしい~展望~♪ (つんちゃん)
2009-08-21 11:56:08
naoママさん、今日は~♪
ガスがかかっている立山の雷鳥山が、素敵です
 雷鳥は見られたのですか?
なかなか~行くことのできない山なので、興味深々です。
沢山の山野草との出会いも素晴らしいですね。
お陰で、たっぷりと堪能させて頂きました。
「感謝~感謝です
それにしても、お疲れさまでしたね.。o○
エーデルワイス (ジュン)
2009-08-21 15:17:48
たくさんの高山植物が楽しめたのですね。どれも名前は分かりませんが、園芸種とは違った趣が感じられどれも可愛いです。
スイスで見たエーデルワイスの仲間も咲いているのですか?高山に咲いてこそ映えるお花ですね。

ところで息子さん宅のお引越しは無事に終わりましたか?ただでも大変なお引越し、この暑い中、幼子が2人もいる中ではさぞかしお疲れも出たのでは?naoさんも無理をしないでくださいね。でもお孫ちゃんがいるから出番は多くて大変でしたでしょうね。
私はオサンドンに明け暮れた伊豆から帰ってグ~タラしています。気がつくと朝晩の風はもう秋の気配であわてています。

コメントを投稿

山シリーズ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事