おほほのほ。

顔の脂を無くす食生活を目指せ!

父から届いた手紙。

2018年12月27日 22時29分57秒 | Weblog
お、そうだそうだ。
何だか喧嘩の原因を忘れるような出来事。
なんでこうなったんだっけ?
だから〜、私の旦那様が私の実家に行かなくなってーー、父が俺を嫌ってると勝手に思い込み〜、私の娘に父がなんだかんだ旦那様の愚痴を言って来て私がその事に私が反論したんだった。
なんな思い出すのも一苦労だ。
くだらなさすぎる(笑)

仕事から帰ってポストを見たら封筒が1通。
父からだ。私の名前宛になってた。
住所が書いてなかったから父が直接我が家まで来てポストに投函して行ったと思われる。
開封するか、かなり迷う。
どうも膨らんでる。用紙が入ってそうだった。
中身はなんか手続きの書類なのか?
開けようかやめようかドキドキ。
旦那さんが帰って来て、手紙来たけど開けられないと話すと俺が開けたる〜。と。
いやいや私に来た手紙ですから。と自分で開封。
内容を読むと文句。と、、今までお前達にはこれだけ金を使ったから返せとお金の請求だった。
金の要求には参った(笑)
弟に電話したら電話に出なかった。
1日経った昨夜、電話くれた。
父の事だとわかると、「もう歳だから勘弁してやってくれ」だった。
「優しいじゃん」と言った。
でも、呂律が回らないくらい飲んでたけどね。
私は酔ってる弟は嫌いだ。
私と同じで父から見張られてる弟は、やることなす事を父親に反対されて今は酒を飲んでうさを晴らすしかないと思う。
仕方ないと思うけど。

結局、今後どうしようかと思って色々考えたのだが、旦那様が色々と調べたら認知症の症状だとしたら向こうが怒ってる時に一緒に怒ったら逆効果と知り、何にも無かったように今までどおり付き合おうという事になった。
胸くそ悪いけどね。

父親だし考えると恩は沢山ある。
小さい頃、時には母親代わりに私を抱きしめてくれたし、寒い夜には一緒に寝てくれたのを思い出すな。
だから休みの日にご飯作って届けたりしてるんだけど、して貰った事は忘れちゃうんだな人って。
寂しいねぇ。
私も病気持ちだからこれから先の事はわからないけど、だからこそこの世にいる間、親子でいれるようにしなきゃいけないのかな。。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 感謝感謝、感謝しなさい! | トップ | 2019年@明けましておめでとう... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事