Nの目線

箏弾き菊地奈緒子の360°に向けられた眼差し

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

喪のある景色

2007-04-23 11:33:54 | Weblog
先週の土日は菊地の祖父の33回忌、祖母の13回忌ということで親戚一同が集まりました.
父方の叔父叔母が4人、従兄弟が12人いるので、その夫婦、子供達と、全員ではないもののそれだけで30人以上が集合し、祖父の古希祝いをした蔵王ハイツに宿泊してきました.
幼い頃には年に一度は顔を合わせていたのですが、あっていない人には本当に10年以上振りになり、なつかしさと嬉しさで、短いながらも本当に楽しいひとときでした.
一組の夫婦からこの人数に広がって行く、子孫。。というのを本当に実感しました.
今は一人の人間の生き方を強く説く時代の流れですが、同時にシンプルに次の世代を作っていく事の大切さも忘れては行けないのではないかな..などと思ってしまいました.

以前演奏した、吉川和夫さんの曲、山之口獏の「喪のある景色」の詩が思い浮かんできました.

うしろを振り向くと
親である
親のうしろがその親である
その親のそのまたうしろがまたその親の親であるというように
親の親ばっかりが
むかしの奥へとつづいている

まえを見ると
まえは子である
この前はその子である
その子のそのまたまえはそのまた子の子であるというように
子の子の子の子の子ばっかりが
空の彼方へ消えいるように
未来の涯へと続いている...

こんな景色の中に
神のバトンが落ちている
地に染まった地球が落ちている。

(著作権の問題があるかもしれないのでこの詩を、ブログにいつまで掲載出来るか。。ですが、山之口獏の詩、とても面白いです.お薦めです.)

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 少々疲れています.. | TOP | 月心居にて »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | Weblog

Similar Entries