JDSF山形だより (おらんだ ダンス仲間ダベ)

連盟の出来事、ダンサー達の想いや活躍を発信し、ダンス愛好者の交流の場に!
互いのコメント投稿で楽しく繋がりましょう!

山形県ダンス連盟古澤会長のご祝辞

2018-02-28 10:59:27 | 投稿アレコレ
 山形県ダンス連盟会長・古澤茂堂様からご祝辞を頂戴しました。

  30周年に寄せて
 JDSF設立30周年、本当におめでとうございます。
 山形県ダンス連盟について知らない人もいるかと思いますので、ちょっと説明させていただきますと、設立は平成4年ですので四半世紀になります。
 当時社交ダンスのプロの先生方と、公民館等で踊っていたアマチュアの団体と一緒になって一つの団体となり、県体協に加入しようとの動きがありました。
 しかしプロとアマですから中々利害が一致せず、その話が出てから設立するまで4年余りの歳月が必要でした。
 当時の県レクリエエーション会長の吉村和夫氏(後の山形市長)が中に入って調整し、プロのJBDFとインストラクター、アマチュアのJDSF、YAADの4団体が加盟して山形県ダンス連盟が結成されました。そして、旧知の鎌田先生、吉村市長より強く推挙され、私が会長になりました。
 ですからJDSFは当連盟にとっては、力強いパートナーの一人です。
 お陰様で、年間行事であるパーティ形式の会と競技会を、近時は一緒に行うこともありますが、毎年欠かさず開催し、現在に至っております。
 社交ダンスは年代を問わず親しむことが出来るスポーツであり、また一面芸術でもあります。
「物の豊かさ」から「心の豊かさ」への時代の流れの中、日常生活の煩わしさからちょっと離れて、典雅な世界にひととき身をまかせる、芸術文化は非日常的であるからこそ、私たちに明日への活力と気持ちの若さを与えてくれます。
 そして、気持ちの豊かさが生まれます。
 JDSFはしっかりとした組織を持つ、グローバルな団体であると聞いています。
 30年を機に一段と発展することを祈念して、お祝いの言葉と致します。




コメント

秋田県大会&福島市大会のお知らせです

2018-02-27 08:38:47 | 情報提供
秋田県ダンススポーツ連盟の山岡です。


今年の秋田、大雪に見舞われ春の訪れはもう少し先になりそうです。が、標記、第28回秋田県DS大会の会場を湯沢市に移し4月8日(日)に開催します。
湯沢インターを降りてすぐで車で来場される方には、とても便利なところです。無料駐車場も完備しております。
皆さんの参加をお待ちしております。

シラバスはこちらです。

シラバス ☜クリック
以上、よろしくお願いします。


福島県連の野地です。

いつも大変お世話になっております。
3月18日開催の「福島市ダンススポーツ大会」ですが現在未成立またエントリーの少ない区分がありまして締切を3月2日(金)まで延長いたします。
追加でのエントリーやまだ申込をされていなかった選手は再考をお願い致します。
尚、お問い合わせは大会実行委員長までお願いします。
  関 好夫 携帯 090-8925-4055
以上、よろしくお願い致します。

コメント

藤井組がファイナル入り!

2018-02-26 15:20:50 | 競技会
通称「東京オープン」は、1999年より、毎年春に開催されている我が国最大の国際競技会です。
世界ダンススポーツ連盟(WDSF)公認の世界ランキングポイント取得大会に認定されている大会だけに、世界のトップ選手が熱い闘いを繰り広げ、日本に居ながらにして世界の迫力を肌で感じることのできる唯一の大会です。
2018年2月25日、第20回東京オープン・ダンススポーツ選手権では下記の競技内容が繰り広げられました。
■WDSF PDスーパーグランプリ・スタンダード
■WDSFワールドオープン・スタンダード
■WDSFインターナショナルオープン・ラテン



今大会、決勝に残った唯一の日本人選手!
藤井創太・吉川あみ組に大拍手!!
おめでとうございます!
以下は彼等がファイナル入りしたWDSFインターナショナルオープン・ラテンの動画です
世界のトップと戦う二人の勇姿をお楽しむください
コメント

長谷川東北ブロック委員長のご祝辞

2018-02-23 08:56:51 | 投稿アレコレ

  長谷川守夫氏
 
 山形県ダンススポーツ連盟の創立30周年にあたり、お祝いの言葉を申し上げます。
 山形県ダンススポーツ連盟におかれては、昭和62年11月に南陽市のダンス愛好家の方々が中心的役割をはたされ、山形県社会人ダンス連盟を設立されました。
 ダンスを通して県民の健康増進を計ることを目的に活動を続けられ、ここに記念すべき創立30周年を迎えられましたことは、誠に喜ばしい限りであり、心からお慶び申し上げます。
 また、平井夏会長をはじめ歴代会長・役員並びに会員の皆様には地域に根差したダンススポーツ普及拡大のために各種イベントを実施され、地域社会との絆を形成されるなど、多大な貢献をいただいているところであり、そのご努力とご苦労に対し深く敬意を表する次第であります。
 ダンススポーツは未だ国際的にもメジャーなスポーツになっていないとは云え、公益社団法人日本ダンススポーツ連盟(JDSF)には3万人を超える会員を有しており、オリンピック種目になる様、世界ダンススポーツ連盟(WDSF)と共に国際オリンピック委員会(IOC)に働き掛けているところであります。
 ダンススポーツは身近なスポーツであり、競技スポーツとしての競技力向上は勿論ですが、老若男女を問わず、どなたでも楽しむことが出来る生涯スポーツでもあります。
 どうか山形県連盟の皆様におかれましては、この創立30周年を契機とされ、ダンススポーツを競技スポーツとしては勿論のこと、生涯スポーツとしても健康維持増進と地域社会の発展のために、一層普及拡大にご尽力を賜ります様お願い申し上げます。
 結びに山形県ダンススポーツ連盟の限りないご発展と会員皆様のご健勝とご活躍を心から祈念申し上げ、お祝いの言葉といたします。


JDSF東北ブロック内の各県からもお祝いに駆けつけてくださいました(感謝)
コメント

JDSF 山田専務理事のご祝辞

2018-02-22 09:09:15 | 投稿アレコレ
 

創立30周年の祝賀に際し、心よりお慶び申し上げますとともに、日本ダンススポーツ連盟として、これまでの皆様のご尽力に感謝申し上げます。
山形県ダンススポーツ連盟は、県内43団体・1600名をまとめた昭和62年の創立以来、スポーツとしてのダンスを深く愛した先駆の方々によって競技会を毎年開催するなど積極的な活動を展開して来られました。
平成10年には、関係団体との連携による山形県体育協会への加盟を実現。
最近では、技術認定会の年3回開催の他、会員交流会、各支部主催のフェスティバルを年20回開催するなど、地域に於けるダンススポーツの普及・振興に大きく貢献して来られました。
公益社団法人日本ダンススポーツ連盟は、このような地域活動の積み重ねをベースに、ジュニアから高齢の方まで、一人でも多くの国民の皆様がダンススポーツを通して心豊かに健康増進ができるよう、活動の輪を広げているところです。
そしてこのような地域での普及活動とともに、ダンススポーツをオリンピックの正式競技にするという高い目標を持って、組織やルールの整備、客観的審判システムの高度化などに鋭意取り組んでおります。
その結果、 2010年にはアジア競技大会の正式競技となり、2018年10月にはブエノスアイレスでのユースオリンピックに、ダンススポーツ競技の種目としてブレイクダンスが採用され、若い選手を派遣することになりました。
音楽のあるところにダンスがあります。
時代とともに音楽も多様化していることから、若年層に好まれるリズムのダンスが普及していますが、音楽を身体で表現する楽しさに違いはありません。
私たちは、ダンスの種類の垣根を越えて、広くダンスの普及を推進してまいります。
30年という歳月の中で、役員の方々の顔ぶれも変化することは避けられないことですが、このような基盤を築き、ここまで引き継いで来られた方々に改めて感謝申し上げますとともに、その志を大切に次の世代に引き継ぎながら、輝かしい未来に向かって前進していただければと思います。
最後になりましたが、平井夏会長を中心とする山形県ダンススポーツ連盟の益々の発展を祈念申し上げ、お祝いのご挨拶とさせていただきます。

創立30周年記念事業開始前の打ち合わせ会(実行委員の皆さん)
コメント

創立30周年を迎えて

2018-02-20 08:38:21 | お知らせ

山形県ダンススポーツ連盟は、会員様を始め多数関係者の皆様に支えられ、この度創立30周年を迎えることが出来ました。
18日は記念のパーティ並びに式典を開催出来ましたことを、関係者の皆様には心より厚く御礼申し上げます。
私が山形県人となったのは今から24年前、平成6年の事です。
来県後すぐに、学生時代から競技ダンス部で共に過ごしてきた夫とダンスを再開し、数年後山形県ダンススポーツ連盟に関わる事となりました。
前任の会長であった古瀬精一氏、事務局長の斎藤文氏に鍛えられ、 数字の苦手な私が県の会計を任されたのは平成19年。
それから時を経て、現在は全国で最年少、二人目の女性会長を仰せつかっております。
大変優秀でダンス愛いっぱいの理事運営委員に支えられ、会長となって5年目となりました。
この理事運営委員のおかげで、イベントも実行出来ました。
役員のエネルギー溢れる行動力とご苦労には、心から感謝しております。
またこのタイミングで30周年の節目を迎えたことを、大変うれしく光栄に思います。
さて、山形県ダンススポーツ連盟の上部団体である公益社団法人日本ダンススポーツ連盟(JDSF)は一作年、長年の要望であった、ダンスに関する風営法の規制からの解放を実現し、これまでよりぐんとダンスに親しめる環境を手に入れる事が出来ました。
2020年東京オリンピックの正式種目への採用は、残念ながら逃しましたが、今後国体の正式種目になる可能性を大いに残しています。
近年、マスメディアで社交ダンス、競技ダンスを取り上げてもらえる機会も増えました。
一部のプロ団体が複雑な局面に直面した中で、JDSFではPD(プレミアディビジョン)部門を設立し、団体としての活動の幅も広がりました。
今後益々発展していくであろう組織の、傘下である当連盟の果たすべき役割も、これまで以上に大きくなると責任を感じます。
反面、会員の高齢化、会員数の減少などの問題点を抱えていることも事実ですが、実情に合わせた運営を心がけ、先人たちが築いてきたこの30年の道のりに感謝しつつ、益々の繁栄に努めてまいる所存です。
関係各位の皆様には今後とも、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げる次第です。
最後に、ご多忙の中ご臨席下さった皆様方のご健勝とご活躍を祈念し、お礼の言葉といたします。
誠にありがとうございました。

スペシャルゲスト 八谷・皆川組のデモ




コメント

山形大会シラバス

2018-02-19 09:46:25 | 競技会
大変お待たせしました。
会場がようやく決定しましたのでお知らせします




コメント

明日は創立30周年記念事業

2018-02-17 16:40:40 | 情報提供
待ちに待ったあの日がついに明日に迫ってきました。
明日はみんなで良い顔で30周年をお祝いしましょう!

荒天になりそうです。
時間に余裕をもって参加願います。




コメント

JDSF CD “DanceSport Vol.22” 発売のお知らせ

2018-02-15 10:56:35 | 情報提供
このたびJDSFよりCD Vol.22 を発売いたします。
従来のCD 通り、踊りやすく・躍動感のある・美しい24 曲を選んで制作しました。
トップクラス競技会から各種競技会、各種イベントなどに幅広く使っていただきたいと思います。
2 月25 日東京オープン会場特設販売コーナーにて特別販売いたします。
また、27 日より通常販売を開始いたします。添付の申込書にて予約を受付けます。
多数のお申込みが予想されますので、発送にはお時間をいただく場合がありますことを予めご了承願います。





コメント

競技会開催日程表(最新版)

2018-02-14 13:13:29 | 情報提供

3月に入るといよいよ競技会シーズンの幕開けです
競技会の開催日程の最新版を下記に表示します。
会場の都合等で以前と変更なっている大会もありますのでチェックしてください。
又、この表も変更なる場合がありますのでJDSFのホームページでご確認ください

見にくい場合は以下をクリック拡大してご覧ください

2段階の拡大可能です
コメント

30周年記念ダンスパーティ タイムテーブル

2018-02-12 11:37:36 | 情報提供

みなさん、大変お待たせしました。
JDSF山形創立30周年記念事業・ダンスパーティーのタイムテーブルは次の通りです

 :時期 2月18日(日)
 :場所 ヒルズサンピア山形

  時 間     内  容
12:30   ・役員集合
       全般説明・資材の掌握
13:00   ・会場準備

14:00  パーテイ(ドアオープン)
        ・ダンスタイム(60′)
15:00   ・セレモニー(5′)
15:05   ・ミキシング(10′)
15:15   ・ダンスタイム (30′)
15:45   ・デモその1:スタンダード(20′)
      (ゲストと踊れるラッキータイム)
16:05     ・抽選会(10′)
16:15    ・デモその2:ラテン(20′)
      (ゲストと踊れるラッキータイム)  
16:35    ・花束贈呈(10′)
         ・写真撮影
16:45   ・ラスト3曲 (10′)
17:00   ・ドアクローズ





コメント

30周年記念事業のお知らせ

2018-02-09 11:47:56 | 情報提供
いよいよ間近に迫ってきました。
未だチケットをお求めになっていない方はありませんか?
第1部は会員以外もOKです。
チケットの相談は各支部長にお願いします





見ずらい方は下記をクリック拡大してご覧ください(2段拡大出来ます)
     
コメント

意識してます!

2018-02-08 10:58:33 | 投稿アレコレ
寒い日が続いています。
インフルエンザも下火になりつつあるとは言いながら未だ流行っていますね。

みなさん、お変わりなくお過ごしでしょうか?

今日は個人的なこと

私ギャルソンが、最近踊るときに特に意識している事があります。
それは、脚を長く使うこと。
脚を長く使えれば歩幅が大きくなり、ダイナミックに踊る事ができる。



ではどうすれば脚が長くなるのか? 脚を長く使えるのか?

普通、私たちは腰から下が脚と考えています。
それを、みぞおちから下が全部脚と意識して見ると自然と脚が長く使えます。
長い脚をみぞおちから、ズーンと振り出し、体を前後に引き裂くように使ってみよう。
一歩一歩、しっかりと床を踏みしめて、大きく踊ることができる。(・・・気がする

しかも、脚を長く使おうと意識すると、自然にボディーも引き上がる。
いい事ずくめだよ\(^o^)/
コメント

ワルツ ナチュラルスピンターン~ ②  

2018-02-07 08:59:42 | ギャルソンのナイス動...


昨日に引き続きご覧いただき有難うございます。
今日はナチュラルスピンターンに続く後半です。
小生は何回練習してもうまく踊れないルーティンです。
皆さんの参考になれば幸いです

ナチュラルスピンターン~オーバーターン~ターニングロックトゥライト


コメント

ワルツ ナチュラルスピンターン~ ①

2018-02-06 12:55:21 | ギャルソンのナイス動...


ワルツ ナチュラルスピンターン~オーバーターン~ターニングロックトゥライト

このルーティーンを使っている方って相当居るよネ
メジャーなのに中々スムースに行かないという方も多いのではないでしょうか?
2回にわたってお送りしますね
参考になれば幸いです

コメント

読者の方にお願いです

1、コメントは凄く嬉しいでです(感想やご意見・つぶやき等)                                  2、管理者への問い合わせや連絡事項はメッセージに入力ください(記事提供もここから)                              3、トラックバックは大いに歓迎(反社会的やダークなものを除く)                                    ドシドシ投稿ください

ダンススポーツ


人気ブログランキングへ