JDSF山形だより (おらんだ ダンス仲間ダベ)

連盟の出来事、ダンサー達の想いや活躍を発信し、ダンス愛好者の交流の場に!
互いのコメント投稿で楽しく繋がりましょう!

GP仙台速報

2018-09-17 12:54:05 | 情報提供
昨日16日はダンススポーツ グランプリ in 仙台を観戦。
駐車場が込み合うため公共交通をと、高速バスと地下鉄を乗り継いで会場の青葉体育館へ。
心配した雨も降らずチョットした旅行気分に・・・。

会場入り口では宮城県連盟の千葉副会長始め顔見知りの皆さんがとても丁寧に迎えてくださり、主管県の懸命さが伝わるとても暖かい対応でした。

昨年はキンタロー。効果で盛り上がった仙台グランプリでしたが、今年はLatinグランプリに八谷&皆川組や名越組、シニアⅠスタンダードに高杉組と名越組と、かつて県連事業のゲストにお招きした事のある選手が出場し応援に一段と熱が入りました。


又PDグランプリカップ スタンダードには三笠宮杯スタンダード11連覇を飾った石原正幸選手と三笠宮杯ラテン8連覇の久保田蘭羅さんカップル(2年前結婚、10カ月前にPD登録)が参戦、オレクシー組との激戦はとても見ごたえのあるものでした。
又、山形県連盟の平井会長カップル始め知り合い選手への応援や多数のダンス仲間と久し振りに再会出来とても濃密な1日となりました。

PDデビジョン/スーパーグランプリカップ・スタンダードは石原組が優勝、オレクシー組が準優勝、久保田弓椰組が第3位でした。



グランプリ ラテン 決勝はルンバとパソドブレがソロ競技(全員競技に対して1組毎踊る方式)
昨年から新審判方式を採用しています。
各組とも、凄い見せ場を演出し手に汗握る決勝となりました。
大会ではリアルタイムシステムが使用され、踊り終わると直ぐに正面に据えられた大画面に結果が表示されます。
結果に歓声が沸き起こったり、ため息になったりと、ひいき選手の結果に観客は一喜一憂していました。
グランプリラテンは一進一退を制した菅原一樹&ラウラ組が優勝、準優勝は八谷&皆川組でした。
※菅原組はイタリアのラウラさんの家に住みヨーロッパの大会を転戦中とのことです。

シニアⅠスタンダードは高杉組の優勝でした

(写真は大会と直接関係はありません)

番外)
闘い終えた高杉組と隣で観戦する事が出来、一緒に写真を撮ったり、質問出来たりラッキーでした💦

観戦された方、感想等をコメントいただければ嬉しいです。


ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
« 脳の老化には | トップ | え~?ダンス界の消滅Ⅰ »

コメントを投稿

情報提供」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事