なぬらに海峡~ガーデニング編

そういえば白血病だったような気がする人の日記

キャプテンスタッグの角型ダッチオーブンminiでカレーを作りカシスを収穫してカシスウォッカを仕込んだ土曜日

2020-07-04 22:00:54 | ぶろぐ
今週も雨降りで野山を駆け回る感じでもなかったので、ここ数日で高まっていたカレー欲を存分に満たすべく庭や冷蔵庫から素材を集めてきた

台所からタマネギ1/4、ニンジン5cm、見切り品のトマトを
庭からパクチー、シシトウ、イタリアンパセリをそれぞれ収集


バターで刻んだパクチー、イタリアンパセリとおろししょうが、にんにくを炒めたのち残りのトマト、シシトウ、タマネギを投入し弱火で10分
イメージしたのは無水カレーなんだけど圧倒的に水分が少ないので水増し
トマトとかもっと鍋にギチギチになるくらい沢山入れても良いのだと思う


さらにカレールーとジャガイモを投入して弱火で10分 で完成


先日のメモで触れた岩木屋の直火焼りんごカレー・ルー
1袋170gで8皿分なので1人前だと20gちょい、大匙大盛りよりちょっと少ないくらいの難しいライン
単体で食べると中辛なので結構スパイシーだけど野菜を大量に使うことで辛さが目立たなくなる


あと店頭で見比べたけどパッケージの記載が表も裏もやっぱりコスモ食品版と一字一句同じ
ちなみにコスモ版は30%増量中でお値段一緒なのでお得になっておりました


強火じゃなくても鍋自体が熱を蓄えるのでちゃんと火が通り焦がすこともない
ローストビーフなどは厳しそうだけど少人数のカレーにはとても良いサイズ感


完食
外で使ったときはこのまま火にかけて焦がして灰にしてしまえばすぐに水でジャバジャバ洗う必要もなくなるといった使い方になるそうな。

7月に入ったのでカシスの収穫
実が潰れるほど柔らかくないのでちょっと早かったかもしれない


今年の収穫は839g、去年が200g程度だったので3年目でとてもたくさん収穫できるようになりました


瓶に全部入れてしまうと氷砂糖も酒も入る余地がなくなってしまう


400gのカシスでつけ込みを開始


氷砂糖が足りなかったので白糖で水増し
400gのカシスに対して300gくらいで調整


スミノフの50%を一瓶まるまる仕様
2か月後の9月に実を取り出してさらに1ヵ月後の10月に飲み頃となる予定


カシスジャムも作ってみる
砂糖と水を入れて加熱するだけ
熱いうちは結構シャバシャバしてるけど冷めたらいい感じで固まる


さっそくホットケーキでカシスジャムを頂く


去年挿し木にして今年の春にポットに移した苗はもう50cmくらいまで成長




コメント   この記事についてブログを書く
« 【個人メモ】直火焼きりんご... | トップ | ホットサンドメーカーでパイ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ぶろぐ」カテゴリの最新記事