JAなんと 営農ブログ

JAなんと管内のお米の成長記録の他、営農情報をお伝えします!

2020なんと営農ブログ

2020-08-31 17:00:00 | 日記

 早生の酒造好適米、「五百万石」「雄山錦」の刈取りが8月21日から始まりました。
 梅雨明け以降は、連日気温が30℃を超え胴割粒の発生を心配していましたが、適期刈取により胴割粒は少なく、品質は良さそうです。
 毎年この時期は台風などの悪天候に見舞われ刈遅れや倒伏が心配ですが、晴れる日が続くことを祈るばかりです。


2020なんと営農ブログ

2020-08-05 17:00:00 | 日記

 8月になりようやく梅雨が明けました。
 平年より9日遅い梅雨明けで、五百万石は7月17日頃に出穂期を迎えて以降7月末までの日照時間は30.4時間でした。昨年の同時期で76.1時間の日照時間があったので今年はかなり少なくなっております。出穂期の日照不足や低温は不稔籾の発生に繋がり収量が心配されますが、これから高温が続く予報なので胴割米などで品質を落とさないよう刈取までの水管理が大切になってきます。


2020なんと営農ブログ

2020-07-02 11:29:22 | 日記

 7月に入りました。梅雨らしい天候が続き5月からの水不足の心配も杞憂に終わったのではないでしょうか。
 早生品種の「五百万石」では6月23日に幼穂形成期を迎えました。平年に比べ4日早くなっています。写真は5mm程度の五百万石の幼穂です。この幼穂が2mmの時期が幼穂形成期で、早生品種の「五百万石」や「雄山錦」は幼穂形成期から21日頃で出穂するといわれ、出穂は7月14日頃の予想です。防除の適期や、追肥をする上で出穂時期を知るのは大変重要になってきます。


2020なんと営農ブログ

2020-06-19 15:47:56 | 日記

 北陸地方は6月11日に梅雨入り後、4日間で合計155.5mmの降雨がありました。しかし、今年の降雪量は極端に少なく、5月中の降水量も昨年の1/6と降雨が少なかったので、水不足が予想されます。
 現在、五百万石や雄山錦は中干しを行っておりますが、6月末頃には幼穂形成期を迎え、圃場には水が必要となってきます。品種ごとに適切な水管理ができるように農業用水の使用にあたっては慎重に行ってください。
 また、晴天が続いた後の草木は大変乾燥しておりますので、火の取り扱いには十分に気を付けてください。


2020なんと営農ブログ

2020-06-15 08:25:03 | 日記

 6月10日に令和2年産大麦の初検査が行われました。
 今年の六条大麦「ファイバースノウ」の刈取は5月27日から始まり、6月2日に全ての刈取が終了しました。品質概況としましては、千粒重は平年より軽く、粒形・粒揃い・充実度は平年より悪くなっておりますが、調製は被害粒等が混入しないよう注意し、良品質大麦の出荷に努めます。