南里英語教室 小城三日月教室

南里英語教室 小城教室・三日月教室のブログ
℡:0952-20-2600
佐賀県小城市にある学習塾

ハロウィン と 冬のご案内

2017-10-31 17:39:23 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

今日は朝から博多まで勉強会。

生徒達にとって良い学習道具を知るために2時間学んできました。


普段は車で通勤するため周りの変化になかなか気付かないのですが、

今日は、駅のホームで待つ時にベレー帽、ニット、ブーツをはいた女性がたくさんいて

冬の到来を感じる瞬間でした。


冬の到来と言えば、各ご家庭に冬期講座のご案内を郵送しております。

10日間ではありますが、内容の濃い授業になっております。


小学生は、個別で受けるオーダーメイド授業

中学生は、模試に向けての実力育成演習

高校生は、2学期までの文法演習と反復


各学年に応じた授業を準備しております。

小学生~高校生まで個別に提案書を配布していますので、ご家庭でもご確認下さい。



さて、今日はハロウィン。

朝ご飯を食べながら、3歳の娘が「今日はハロウィンだよ。お父さんは怖くない?」と聞いてきました。

娘には、去年の衣装が強烈だったみたいで

ハロウィン=こわい という印象みたいです。


今年は、

ちょっと爽やかにしてみました。

 

ハロウィンパーティーの時に学んだことですが、


世界のハロウィンについて

1) ハロウィンの日は、中国ではこども達は川で決して泳がない。

おばけは川にいると信じられていて、川で泳ぐと溺れると思われている。

2) ハロウィンの日は、ドイツではナイフをすべて片付ける。

おばけが急にナイフを取らないように・・・

 

他にもたくさんのことを学びました。

みなさんも、世界のハロウィンをちょっと調べてパーティーをするといいかもですね。

ハッピーハロウィン


南里英語教室

南里

コメント

生徒達のもうひとつの顔

2017-10-30 22:33:05 | 中学部

先日、三日月中学校の文化発表会にいってきました

 

普段の授業では見せないような姿を

見ることができてとても感心しました。

 

何かを自分たちでつくりあげて、

それを人前で披露する。

 

舞台に立った生徒達はとても

緊張している様子でしたが、

終わったあとはほっとした様子でした。

とても貴重な経験ですね

 

劇や展示作品も素晴らしかったです。

 

そして、

休憩中に歩みよって来てくれた生徒達を1枚パシャリ

いい笑顔ですね!

学校でも元気そうでほっとしました

 

生徒達のもうひとつの顔をみれた一日でした。

これからもよろしくね

 

 

小城三日月教室

森山

コメント

背筋をのばそう

2017-10-28 18:48:28 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

お恥ずかしいことですが、先日腰を痛めて病院で点滴をしました。

おかげさまで痛みはよくなりました。

自分の背骨や腰の骨のレントゲン写真を見ながら、お医者さんから筋肉や神経の話を聞いてきました。

勉強をするときの姿勢と成績には大きな関係があるといわれています。

椅子にもたれかかったり、猫背になっていると胸の部分が圧迫されて自然と呼吸が浅くなります。

呼吸が浅くなると、血液の循環が悪化して体に行き渡る酸素が不足します。そしてその結果、集中力が低下します。

机に向かっても集中できないと感じている人は、ぜひ自身の姿勢をチェックしてみてください。

背筋をのばすだけできっと改善できますよ。

 

小城・三日月教室

小田

コメント

先生~、にやり・・・

2017-10-27 22:47:41 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

  『 先生 ~! これあげる!!』

 いつもあめ玉から、ヨーグルト、そしておもちゃまでくれるKちゃん。


今日は、ちょっと季節外れのかき氷消しゴムを頂きました。人が喜ぶ顔が好きなんだろうなぁ・・・


そして、夕方嬉しいニュースの電話報告。

夏休みの読書感想文で最高賞を受賞したとの報告でした。

夏休みの宿題完成講座では書き終わらなかったのですが、講座終了後もしっかりと本を読み直し、

完成させましたね。授賞おめでとう。


そして、金曜日の17時台と言えば、英検5級講座。

日々の単語テストの点数で座席が変わる仕組み。

この試験に合わせて勉強の仕方を変え、反復回数を変え、回を追うごとに精度が高まっています。

早めに来ては、単語チェックをする生徒。

 

 『わかる』と『できる』の違いを痛感した生徒。

 小学生達の静かな闘いが行われています。

昨日からこの日のテストに向けて毎日コツコツ勉強してきた生徒は、見事合格基準を大きく上回り

通算1位に登りつめました。

 4カ月コースの1ヶ月目が終了しました。

いよいよ2か月目からは実践的な演習を増やして、リスニングにも挑戦していきます。

あっという間の1時間。


また来週の金曜日ね。


 南里英語教室

 南里

コメント

講師のもうひとつの顔

2017-10-26 22:53:15 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

私は普段、生徒の前で数学・社会の授業を

していますが、実はもうひとつの仕事があります。

 

それは、「企画」です。

 

アルゴ大会や、先日行われたハロウィンパーティ、

12月に行われるクリスマス会など、

様々な企画を立ち上げるのも私の役割です

 

今年は、2つの「ガク」を通して生徒たちの成長をサポートする

ことをテーマに企画づくりをおこなっています。

 

2つの「ガク」は「楽」と「学」です。

 

ただ、生徒達の遊び場を提供するのではなく、

楽しみながら学ぶ場を提供していきたいと考えています。

 

アルゴ大会では、論理的思考を学びながら

それを使って楽しみをつくり、

ハロウィンパーティでは、外部講師を招いて

異文化体験・英語体験しながら、

日本との違いを楽しむ。

 

このように普段の授業では体験できない

貴重な時間を生徒たちに過ごしてもらうのが大きな目的です。

 

そこからまた、普段の授業で使える知識や知恵を

磨いていって欲しいと思います。

 

また、企画する際も私1人だけでなく、

生徒にも意見を出してもらったり、

みんなで話し合ったりしています。

自分たちのしたいこと・賞品の中身・

どうやったら楽しい時間がつくれるか

など・・・

 

生徒達も企画づくりに参加することで、

新しい発見があったり、

より一層、企画に参加したいという気持ちに

なってくれます

 

次のクリスマス会も

生徒・講師共に有意義な時間を

過ごすことができるよう努めていきますので

よろしくお願いします。

 

様々な企画・イベントを通して、

さらに生徒たちが成長できますように

 

 

小城・三日月教室

森山

コメント

英語暗唱大会 in 多久・小城地区

2017-10-25 22:52:12 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

昨日は、英語暗唱大会の地区予選が行われていました。


この大会には、必ず行き生徒達の様子を見るようにしています。

今年も南里英語教室多久、小城・三日月教室から7名が出場していました。


出場アピールを事前にしてくれていた生徒から、

こそっと代表に選ばれている生徒まで様々です。

 


生徒のお母さま達も緊張の面持ちでお子様の発表を見守られていました。

 

 

中2生の暗唱

中1生の暗唱

中3生の暗唱


英語の発音、イントネーションはもちろんですが、

感情表現、間の置き方、ジェスチャーなど非常に工夫がされていました。


小学1年生から通ってくれている多久教室の生徒は地区1位になり県大会まで進みます。

そして小城教室の生徒は3位に入り、ものすごい笑顔で報告に来てくれました。


やはり、一つ何か達成すると人は上を見始めるものですね。

すでに来年は2位をめざし、3年生の時は1位で県大会を目指すと宣言していました。

どんな動機づけよりも、結果を出すことで自ら動き出すものです。


明日からの彼の授業中の姿勢に注目しています。


素敵な中3生の笑顔も。。。

 

中1生たちのクラスも人数が増え、競育(きょういく)の環境が整ってきました。

自ら習慣を変えるために中1生たちが続々と自習に来ては、明日の授業の準備、単語テストの準備を

進めています。

チームができ始めてきました。これからがますます楽しみです。


期末テストに向けた生徒面談も終盤戦。

しっかりと超えていく準備をしていきましょう。


南里英語教室

南里

コメント

NESメール新聞 第30号 2017年11月号

2017-10-24 10:24:42 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

昨日 平成30年度の県立高校入試入学希望調査の結果が出されました。

 

いよいよ冬が来て、本番を迎えるんだなと感じる瞬間です。

教室ではハロウィンパーティー、英検講座、期末テスト対策、実力テスト対策、入試対策、冬期講座準備と

毎年のことではありますが大きな役割と責任を果たせるよう、生徒達の目標達成のために取り組んでいるところです。

 

南里英語教室は、これからの教育のあり方、入試のあり方を学ぶために10月度は様々な研修会やセミナーに参加し、

情報を集めたくさん学んできました。

 

その中でよく出てくる言葉として、『志』というものがあります。

 

教育業界では、ICT , 4技能の英語力,  小学生からの英語教科化、表現・思考・判断力など様々な言葉が飛び交っています。

私達もこのような言葉だけを聞き、取り組めば、教育の枝葉に振り回されることになるなと危機意識を持つようになりました。

 

これからの教育は、

『自ら課題を設定、発見し、解決していく人づくり』を目標にしています。

そのためには、生徒一人ひとりに時間がかかってでも「志」を発見する機会や考える時間を多くとり、

学ぶ目的をしっかりと知り、目標を明確して取り組んでいく必要があると強く感じています。

 

 

10月度は

小学生から高校生まで全員、9月度の保護者面談で得た情報や約束事をもとに、生徒面談を行っています。

生徒をしっかりと『知る』ことに焦点をあて一緒に「あるべき姿」を作りだしているところです。

『コミュニケーションとは、同じ事実を違ったように見ていることを互いに知ること』だと学びました。

講師と生徒、親と子

共に分かっていそうで同じ現実を異なって見ていることは多々あると思います。

そもそも共通の目標がなければその認識の違いすら知ることができません。

 

その見ている現実のギャップを知ることこそが

生徒達のやる気アップ、やり方改善、目標設定のあり方につながっていくと思っています。

 

11月は、

『結果を生徒自身が本気で出す』をテーマにサポートを行っていきます。

中間テストで大きな自信をつかんだ生徒。

中間テストで後悔し、悔しさを感じた生徒。

様々です。

 

今年英検講座に挑戦している生徒の9割は小学生達です。

英検4級、5級と小学4年生、5年生たちからみると非常に難しく感じる問題レベルだと思いますが

授業の中には、いつも「笑顔」があります。

 

新しいことを知る知的欲求。

難しく感じることも、真剣に取り組んだ先に達成感があることを日々の授業から学んでいるみたいです。

小学生から高校生までの生徒達にとって共に学び合える場づくりをしっかりと行っていきます。

 

さて10月下旬には、各ご家庭に「冬期講座」のご案内が郵送されます。

まだ冬休みは随分先だと思われますが、南里英語教室は、11月前半から中旬にかけて生徒面談を行い

一人ひとりに合う目標設定と改善提案を行っていきます。それから教材研究、冬に向けた事前準備を行い

約10日間の冬期講座に取り組んでいきます。

今年は小学生の「冬個別」に挑戦し、新しい運営方法をご提案致します。

ぜひとも案内が届き次第パンフレットをご確認下さい。

 

最後になりますが、

多くの小学生達が学んでいる小学英語 Leptonの全国版の会報誌に南里英語教室 小城・三日月教室が掲載されました。

https://www.lepton.co.jp/uploads/lepton_times/59/ebook/

 日々の授業中の様子、生徒達の声が載っていますのでご覧ください。

 

朝昼の温度差が激しく、体調管理が難しい時期になりますが、

どうぞ体調管理にはくれぐれも気を付けて日々の学習に取り組んでいきたいと思っています。

11月もよろしくお願いします。

 

南里英語教室

小城・三日月教室

南里

 

 

コメント

人にやさしく

2017-10-23 23:13:55 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

今日のレプトンの授業前に早く来たH君。

いつも生徒たちは自分で自分の準備をするように

していますが・・・

「せっかくだから他の人の準備もする!」と意気込んで

自分から他の生徒の分もセッティングしてくれました!

感動です

 

この「思いやり」をどんどん繋げていきたいですね

 

自分に厳しく、人にやさしく。

 

周りのことがみえはじめているのも

大きな成長です。

 

生徒達のこのような姿を見ると、

幸せになります

 

H君、ありがとう

 

 

小城・三日月教室

森山

コメント

ハロウィンパーティ!!

2017-10-21 17:41:49 | 小学部

本日は小城・三日月教室・多久教室合同で

少し早めのハロウィンパーティを行いました!

 

今年も50名の生徒・お友達が

参加してくれました

ありがとうございます!

 

多久教室のブログもどうぞ!

 

 

多久教室に向かう前の生徒たち

(わくわくがとまりません)

 

そして気合いが入る小城教室の先生たち!

だーれだ?

 

 

優しい優しい小田先生です。

 

お次は・・・

楽しさがあふれ出でいる南里先生

今回は、ピーターパンでした!

 

最後に私、「若さ」担当の森山です。

「今回、ミッキーマウスの声真似はなしで・・・」

 

 

今回のハロウィンは、

ハロウィン発祥の地でもある

アイルランド出身のコナー先生と一緒に

様々な国のハロウィンについて学び、

生徒達だけでなく、私たち講師も新しい発見がいくつもありました。

 

 

そして、クイズ大会!

コナー先生が用意してくださった問題に

みんなでチャレンジ!

ちょっと難しかったかな・・・

 

最後は、チームにわかれて

英語でジャンケンゲーム!

トリック・オア・トリート、

ロック(グー)、シザーズ(チョキ)、ペーパー(パー)

1・2・3!

今でも耳に残っています

 

優勝したチームには、「おおきな」お菓子をプレゼント!

 

生徒達と共に、貴重な時間を過ごすことができました。

 

参加してくださった生徒・お友達・送迎していただいた保護者様、

本当にありがとうございました!

 

12月上旬にクリスマス会も開催するので、

その時にまたお会いしましょう!

 

 

小城・三日月教室

森山

 

 

 

コメント

Lepton Times vol.5

2017-10-20 23:32:21 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

Lepton生は、一人ひとり目標を持って日々の学習に挑んでいます。


それをサポートするのが私達講師の役割です。

しかし、私達講師と生徒との共通の目標がほしくて一緒に決めたのが

『いつの日か、Lepton Timesに載ろう!』でした。


共通の目標を掲げ

日々の挨拶、

授業中の取り組む姿勢、

練習中の声の大きさと元気さ、

先生たちの授業中の発問の質


など生徒達と一緒によりよくなるために努力してきました。

今年の夏、突然レプトン本部の方から連絡があり、


「ぜひとも、Lepton Timesに載ってください」との提案がありました。

生徒達と一緒に喜び、写真を撮り、

いよいよ出来上がったとのメールが本日来ていました。

https://www.lepton.co.jp/uploads/lepton_times/59/ebook/



撮影に協力してくれた生徒達に

新しく届くLepton Timesを渡すのが楽しみです。

 

次はどんな目標を生徒達と一緒に掲げて授業も運営も取り組んでいこうかなぁ?

これからもLepton生のみんなよろしくね。

 

来週楽しみにしておいて下さいね。


南里英語教室

南里

コメント