南里英語教室 小城三日月教室

南里英語教室 小城教室・三日月教室のブログ
℡:0952-20-2600
佐賀県小城市にある学習塾

NESメール新聞 第41号 2018年10月号

2018-09-24 23:16:04 | NES新聞

 

残暑もようやく衰え、皆様にはますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

 

夏期講座も無事に終わり、8月末に実施した模試の

結果を生徒たちに返却しています。

 

現在、小学生~高校生の保護者様と二者面談をさせていただいております。

夏期講座中の成果の報告だけでなく、今現在の状態をより良い形で報告できるよう、

引き続き全力で指導にあたらせていただきます。

 

10月は各学校で2学期中間テストがあります。

2学期は学習内容が難しくなり、学校の授業の進みも速くなります。

油断しているとあっという間につまずいてしまうため、

私たち講師は子どもたちのやる気を引き出し、良い習慣を継続させることに全力を注いでいきます。

テストまでの時間を上手に使っていけるよう努めていきましょう。

10月の中間テストが終わればすぐに期末テストがやってきます。

日程を事前に把握しておき、対策を怠らないようにしていきます。

 

また、10月より英検講座がスタートします。

1月実施の英検に向けて対策を行っていきます。

この機会を使って自分の力に自信をつけれるよう、

積極的に挑戦してみてください!

小学生からでも参加できますので、是非ご検討ください。

申込み締め切りは10月2日(火)です。

 

10月下旬には小学生対象にハロウィンパーティを開催する予定です。

今年は多久教室・小城教室別々で行います。

今回のテーマは「思いやり」です。

ただ楽しむだけでなく、チームワークやリーダーシップも学んでほしいと思います。

 

季節の変わり目、体調を崩しやすい季節ですが、

どうぞご自愛ください。

今月もよろしくお願いします。

 

南里英語教室

小城・三日月教室

森山

コメント

NESメール新聞 第39号 2018年8月号

2018-07-23 13:27:05 | NES新聞
梅雨明けの暑さはまたひとしおに感じられますが、
 
お健やかにお過ごしのことと存じます。
 

先日、各学校で終業式を迎え、生徒たちは待ちに待った

夏休みを前にわくわくしながら過ごしています。

通知表返却が嫌なものではなく、

楽しみなものになることを目標に、

わたしたちはこの1学期指導をしてきました。

 

小学生はレプトンで英語を懸命に練習して成果を

JETを通じて発揮してもらいました。

結果は8月下旬に返却するので、楽しみに待っていてください。

そして、今日で二回目の宿題完成講座。

夏休みの宿題を通して、勉強の仕方も身につけていきましょう!

理科実験もお楽しみに!

 

中学生は、「時間管理」を意識しながら今月の勉強に取り組んできました。

中体連前で部活が忙しい「だからこそ」時間の使い方を見直し、

今後につなげていくための指導をしてきました。

この夏で「時間」というものを使いこなせるようにしていきましょう。

そうすることで、結果も次第に上がっていきます。

これからが正念場ですね。

 

高校生はこの夏に、今まで勉強してきた内容の復習を

単元別に行い、2学期以降の学習が円滑になるようにしていきます。

復習の機会はなかなかとれないので、ここで基礎をかためておきましょう。

 

いよいよ7/30(月)から始まる夏期講座では、

夏までに身につけてきた学校で習う基本レベルの事項をしっかりと復習しつつ、

学校の一つ上の発展的なレベル、入試で扱われる内容まで挑戦していきます。

学校の授業がない分、ますます時間の使い方が大切になる夏休み。

量・質ともにハイレベルな指導を行い、生徒・講師が一緒になって大きな変化を

生み出していきたいと思っております。

 

9月下旬には、9月2日(日)に実施する模擬試験の結果をふまえて、

保護者様とニ者面談を実施させていただきます。

夏期講座を通して、一回り成長した生徒たちの姿をお伝えできることを楽しみにしております。

今月もよろしくお願いいたします。

 

南里英語教室

小城・三日月教室

森山

コメント

NESメール新聞 第37号 2018年6月号

2018-05-23 14:02:31 | NES新聞

日が暮れるのも遅くなり、少しずつ夏の到来を感じます。

 

まだ5月というものの運動会や部活動の練習で週を重ねるごとに、

生徒達の肌がこんがりと黒くなっています。

 

この2カ月間、学校行事では

修学旅行、遠足、運動会、宿泊訓練と大きなイベントが続いています。

生徒達は各学校のリーダー的存在で活躍の場を手にしているみたいですね。

 

さて南里英語教室としての授業も1回目の成果を出す時期が近づいてきました。

6月は、

・英語検定

・中学、高校の期末テスト

・小学生英語試験JET(7月実施)

 

など、新学期から積み上げてきた成果を出す時期です。

生徒面談、保護者面談を通じて生徒・保護者様との信頼関係を築きながら成果を出していきます。

 

様々なイベント・部活動・課題など、様々な「壁」が

これから押し寄せてきます。

大変なとき「だからこそ」変化に順応していく姿勢を

身につけることができるよう全力で指導していきます。

 

そして、7月下旬からスタートする夏期講座に向けて、

生徒達の『分かる』楽しさと『できる』楽しさを実感できる6月をつくりだしていきたいと思います。

これから本格的に暑くなり体力的にきつくなると思いますが

体調面にも配慮して自信をつける6月をつくりだしていきます。

6月もよろしくお願いします。

 

南里英語教室

小城・三日月教室

森山

コメント

NESメール新聞 第34号 2018年3月号

2018-02-23 15:07:34 | NES新聞

1年間で一番短い2月。

気付けば残すところ5日で3月を迎えます。

 

教室内では、

「一般試験最終倍率」「卒業式」「新しい部活」など生徒たちからは新生活への期待を感じることできる話が多く聞こえきます。

 

2月は、

英検合格発表

JET試験

特色選抜とその合格発表

学年末テスト

一般選抜最終願書提出

 

と大きな成果に向けての勝負の一ヶ月となっていました。

 

年度末に向けて様々な成果がカタチとなってでてくるので講師としても緊張の毎日ですが、

私はこの日々が本当に好きです。

私たち講師もそうですが、生徒たちの「目標に真剣に取り組む姿」が非常に頼もしく見えます。

不安感を、自分の努力で埋め、自信に変えていこうとする雰囲気や様子はこの仕事をしているからこそ

見えることができる醍醐味だと感じています。

 

私たち大人から見れば、「小さな出来事」にしかならないことも、

初めての体験をする子供たちからすれば、「大きな出来事、自信につながる体験」になることが多くあります。

決して大人の目線ではなく、子供達の目線に合わせて喜びも、不安も共有していくことが大切です。

生徒たちに自信を与える小さな種を常に探し、伝え、共に感じ、育んでいくことを大切にしながら3月を迎えていきます。

 

2018年度の南里英語教室は大きな改革を行っていきます。

1) 小城・三日月教室 高等部新設

2) 小学部高学年、中学生、高校生に対してWEB映像授業の導入

3) 5教科総合指導

 

これら3つの改革を本格的に実行していきます。

新たに高校生の指導が可能になり、

小学生~高校生まで全科目対応が可能になりました。

 

地域の学力向上に加え、

一人でも多くの生徒たちが勉強を通じて「自信」を持ち、

さらには、自分の社会的な役割を果たす「志」の発見にまで寄与できるように進化していくつもりです。

 

新学年を迎えるにあたり、

生徒たちの夢と期待一杯の笑顔で満開になる教室を3月度も創っていきます。

心から生徒たちと笑顔で喜べる信頼、実績作りのために

一つ一つを丁寧に、心を込めて指導を行っていきます。

3月度もよろしくお願いします。

 

南里英語教室

小城・三日月教室

南里

 

 

 

 

 

コメント

NESメール新聞 第33号 2018年2月号

2018-01-24 13:14:44 | NES新聞

厳冬の候、平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 

さて、中3生は私立前期試験が終了し、合格発表も先日行われたばかりですが、

その2週間後には特色選抜試験が控えています。

もちろん、出た結果は素直に受け止めましょう。

目標を達成できた実感をかみしめてください。

また、目標がまだ先にある人は油断せずに進み続けていきましょう。

 

中1・2年生は学年末テストに向けた準備を

着々と進めています。

今年は、インフルエンザとたたかいながらになってしまいましたが。

これから2月に入り、受験生として勉強する先輩たちの背中をみながら、

追いかけていきましょう。

 

小学生は2月にJET試験が行われます。

日頃レプトンで努力している成果を存分に発揮していきましょう。

まだ、受けてない生徒も次回は是非チャレンジしてみてください。

 

また、今月は英検を実施しました。

10月から対策講座でコツコツ努力した成果もあり、

試験終了後の自己採点でご満悦の生徒も。

結果が分かるのは2/5(月)なので、

楽しみ(ハラハラドキドキ)ですね。

もし、本番でうまくいかなかったとしても、それも経験です。

試験の機会はまたあるので、次の対策をしっかりと練っていきましょうね。

 

高校1・2年生は県下一斉模試・進研模試と実施され、

来月は学年末試験、と試験が立て続けにやってきます。

予習・復習の習慣を崩さないように大変な時期だからこそ、

ここで基盤をかためておきましょう。

 

まだまだ気の抜けない時期ですが、

先を見据え、今できることを精一杯できる

ような教室運営にこれからも努めていきます。

 

「明日の自分が楽しみになる」教室へ。

 

2月度もよろしくお願いします。

 

 

小城・三日月教室

森山

 

 

 

 

コメント

NESメール新聞 第32号 2018年1月号

2017-12-21 10:23:39 | NES新聞

2017年も残すところ10日ほどとなりました。

 

一番長い2学期も終わり、子供たちにとっては一番楽しいクリスマス、お正月の時期がやってくると同時に

保護者様におかれましては年末年始の準備などで大変忙しい時期かと思います。

一方受験を控えているお子様・ご家庭にとっては志望校が受験校となり、緊張感が高まってくる時期だと思います。

 

南里英語教室では18日(月)から「前学年と2学期までの総合復習」を行う冬期講座がスタートしております。

 『目標と真っ向勝負 ~本気で結果を出す10日間~』と題して生徒たちと日々頑張っております。

 

小学生は、一人ひとりの弱点・課題点をしっかりと見定め個別のオーダーメイド授業で行っております。

中学生は、通常の英数はレベルアップをはかりながら、普段十分に復習ができていない理社にも力を入れて総合的な復習を行っています。

高校生は、その日に学ぶ単元を明確にし、「単元集中と演習」に焦点をあてて1日完結授業を行っております。

 

今年の4月から小城・三日月教室の生徒たちを担当し始めて最近手応えを感じ始めています。

生徒一人ひとりの「当たり前の基準」が上がってきているということです。

 

・休み時間5分の使い方

・授業時の挨拶

・単語・小テストの合格率

・授業中の姿勢と質問の質

・切磋琢磨できる雰囲気

 

仕事にも、武道にも基本動作、基本所作があるとおもいますが、

勉強にも本来の成果を出す前提となる姿勢・習慣があります。

4月から1つ1つ「何のために、どうするべきか」を話しつつ、生徒たちと一緒に改善してきました。

まだまだすべての学年でとまでは言えませんが、

成績が伸びる習慣、正しく学ぶ姿勢の土台が整い、生徒一人ひとりの自立的な行動が見えはじめました。

 

何よりも成長点を感じるのは

「生徒たちの笑顔」が目の前にあることです。

 

自分自身が「できるようになりたい。」「一人でやってみたい。」と思い実践し、

その行動が結果としてあらわれてくると人は新たな価値と楽しみを見出して「笑顔」が増えてきます。

「笑顔の量」=「向上心・好奇心の量」と思って見守っています。

 

夏から「志」というキーワードと向き合ってきました。

日本の哲学者・教育者である森信三先生の

「志を立てるをもって教育はやむ」という言葉が心に残っています。

 

人は「自分がお役に立つためにやるべきこと」を見つけると

教えなくても自発的に行動するようになるとのことです。

私は南里英語教室を通じて一人でも多くの生徒たちとこのことを一緒に深めていきたいと思っています。

元文部科学大臣の下村博文先生の著書にも

「志という一人ひとりがもつ「人生の目的・使命」をインスピレーションとして気づく機会をどう提供するか。

そしてどれほど早くそれに気付く手助けができるかが、これからの教育の本質になっていくでしょう。」とあります。

 

変化が激しい時代になるからこそ、「速く・正確に学ぶ力」をつける必要性があると強く感じています。

学習塾として『成績を伸ばす、志望校に合格する、英語力をつける』という責務を果たしていきます。

それと同時に、生徒たち自身が「新しい自分、楽しみになる自分」を笑顔で描きたくなるような

場づくり、機会づくり、関係づくりを南里英語教室はプロデュースしていきます。

 

南里英語教室は一人でも多くの生徒たちとより深く関り、一人ひとりの未来に向けて指導ができるように

2018年3月から大きく指導方法を革新していきます。

 

・ 小学授業の個別指導・自立学習、小学生レプトンのさらなる改良

・ 英数のブラッシュアップと5教科総合指導(国理社の効率的学習)

・ 高校授業の映像+個別フォロー

と新しい取り組みをスタートします。

 

私たち講師は生徒にとって今まではティーチャー(講師)としてかかわってきましたが、これからは生徒たちを

「目標」や「あるべき姿」に導くナビゲーター、コーチして生徒たちと関わっていきます。

また保護者様には、お子様の成長を一緒に応援、支援できる心強い伴走者として今まで以上の情報発信、将来作りに

かかわっていきたいと思っています。

 

 

これから3学期、受験期、新年度に向かい

お子様の将来に対する不安や悩みが多くなると思いますが、

私たち講師がしっかりと生徒に寄り添い、一つ一つ成功体験に変えていけるように指導してまいります。

 

生徒たちの今まで以上の成長に寄与できるよう革新する一年を南里英語教室は創っていきます。

2018年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

南里英語教室

南里

 

 

 

コメント

NESメール新聞 第29号 2017年10月号

2017-09-19 14:05:16 | NES新聞

 

残暑もようやく衰え、皆様にはますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

 

夏期講座も無事に終わり、8月末に実施した模試の

結果を生徒たちに返却しています。

 

現在、小学5年生(国算)~高校1年生の保護者様と二者面談をさせていただいております。

夏期講座中の成果の報告だけでなく、今現在の状態をより良い形で報告できるよう、

引き続き全力で指導にあたらせていただきます。

 

10月は各学校で2学期中間テストがあります。

2学期は学習内容が難しくなり、学校の授業の進みも速くなります。

油断しているとあっという間につまずいてしまうため、

私たち講師は子どもたちのやる気を引き出し、良い習慣を継続させることに全力を注いでいきます。

テストまでの時間を上手に使っていけるよう努めていきましょう。

10月の中間テストが終わればすぐに期末テストがやってきます。

日程を事前に把握しておき、対策を怠らないようにしていきます。

 

また、10月より英検講座がスタートします。

1月実施の英検に向けて対策を行っていきます。

この機会を使って自分の力に自信をつけれるよう、

積極的に挑戦してみてください!

小学生からでも参加できますので、是非ご検討ください。

申込み締め切りは9月26日(火)です。

 

10月下旬には小学生対象にハロウィンパーティも兼ねた

国際理解講座を開催する予定です。

今年は多久教室・小城教室合同で行い、外部講師の方もお招きします。

普段接する機会のない他教室の生徒や先生と協力しながら異文化に触れることで、

ただ楽しむだけでなく、チームワークやリーダーシップも学んでほしいと思います。

 

季節の変わり目、体調を崩しやすい季節ですが、

どうぞご自愛ください。

今月もよろしくお願いします。

 

南里英語教室

小城・三日月教室

森山

コメント

NESメール新聞 第27号 2017年8月号

2017-07-20 13:32:09 | NES新聞
梅雨明けの暑さはまたひとしおに感じられますが、
 
お健やかにお過ごしのことと存じます。
 

本日、各学校で終業式を迎え、生徒たちは待ちに待った

夏休みを前にわくわくしながら過ごしています。

通知表返却が嫌なものではなく、

楽しみなものになることを目標に、

わたしたちはこの1学期指導をしてきました。

 

小学生はレプトンで英語を懸命に練習して成果を

JETを通じて発揮してもらいました。

結果は来週返却するので、楽しみに待っていてください。

また、明日からは宿題完成講座がはじまります。

夏休みの宿題を通して、勉強の仕方も身につけていきましょう!

理科実験もお楽しみに!

 

中学生は、「時間管理」を意識しながら今月の勉強に取り組んできました。

中体連前で部活が忙しい「だからこそ」時間の使い方を見直し、

今後につなげていくための指導をしてきました。

この夏で「時間」というものを使いこなせるようにしていきましょう。

そうすることで、結果も次第に上がっていきます。

これからが正念場ですね。

 

高校生はこの夏に、今まで勉強してきた内容の復習を

単元別に行い、2学期以降の学習が円滑になるようにしていきます。

復習の機会はなかなかとれないので、ここで基礎をかためておきましょう。

 

いよいよ7/21(金)から始まる夏期講座では、

夏までに身につけてきた学校で習う基本レベルの事項をしっかりと復習しつつ、

学校の一つ上の発展的なレベル、入試で扱われる内容まで挑戦していきます。

学校の授業がない分、ますます時間の使い方が大切になる夏休み。

量・質ともにハイレベルな指導を行い、生徒・講師が一緒になって大きな変化を

生み出していきたいと思っております。

 

9月下旬には、8月27日(日)に実施する模擬試験の結果をふまえて、

保護者様とニ者面談を実施させていただきます。

夏期講座を通して、一回り成長した生徒たちの姿をお伝えできることを楽しみにしております。

今月もよろしくお願いいたします。

 

南里英語教室

小城・三日月教室

森山

コメント

NESメール新聞 第26号 2017年7月号

2017-06-22 13:05:33 | NES新聞

梅雨の時期に入り、

暑さも日に日に増していく季節となりました。

 

さて、6月の教室では、

各学校で期末テストが行われ、

そのテストに向けて「定期テスト対策会」を実施しました。

6/10(土)・/14(水)・/17(土)に全学年一緒に行い、

学校のワークや課題などの取り組み方を徹底的に指導しました。

 

テスト前に余裕をもって復習の時間を確保できるように

生徒と一緒に努めていました。

 

生徒達も、

「こういう会をもっとやって欲しい」

「英数だけでなく他の教科の勉強の仕方もわかった」

「普段以上に集中できた」と

満足気に話してくれてとても良かったです。

結果が返ってくるのが楽しみですね。

次回も定期テストも一緒に乗り越えていきましょう!

 

小学部では、今週末6/24(水)にJETが行われます。

日頃の練習の成果を発揮していきましょう。

試験を目前に生徒たちもここぞとばかりに

いつも以上にはりきって学んでいます。

結果返却は7月中旬以降に行っていきます。

 

7月の予定ですが、

・小・中学生定期プレテスト

・中学3年生決起会

・夏期講座

を実施していきます。

 

いよいよ、7/21(金)から夏期講座がスタートしますが、

この夏に今までの復習・2学期の授業内容の予習を十分に行い、

夏休み明けに好スタートをきれるようにしましょう!

 小・中学生だけでなく、高校生もこの夏に自分の弱点を把握して、

その弱点を克服できるようにしていきたいと思います。

 

 それでは、7月度も南里英語教室をよろしくお願いします。

 

小城・三日月教室

森山

コメント

NESメール新聞 第25号 2017年6月号

2017-05-23 14:55:12 | NES新聞

日が暮れるのも遅くなり、少しずつ夏の到来を感じます。

 

まだ5月というものの運動会や部活動の練習で週を重ねるごとに、

生徒達の肌がこんがりと黒くなっています。

 

この2カ月間、学校行事では

修学旅行、遠足、運動会、宿泊訓練と大きなイベントが続いています。

生徒達は各学校のリーダー的存在で活躍の場を手にしているみたいですね。

 

◆ 方向性と目標を示し、人をまとめるチカラ、

◆「やりたいこと」と「やらなければならないこと」の優先順位をつけるチカラ、

◆ 仲間と協働するチカラ

 

など様々な経験を通じて生徒達は能力を高めているように思えます。

 

さて南里英語教室としての授業も1回目の成果を出す時期が近づいてきました。

6月は

 

1) 新しく試験内容が変わった英語検定

2) 中学、高校の期末テスト

3) 小学生英語試験JET

 

など、春休みから積み上げてきた成果を出す時期です。

生徒面談、保護者面談を通じて生徒・保護者様との信頼関係を築きながら成果を出していきます。

 

6月度のテーマは、

『時間管理』と『ていねいさ』です。

 

1)時間管理

昨日から中学生・高校生たちを中心に1週間の時間の使い方を知るシートを配布しています。

部活動と勉強の両立を目指し、理想的な計画を立てても現状を分析せずには実行することができません。

まずは、自分の時間の使い方のクセ、習性を知ることです。

今の自分の生活・学習習慣を知り、上手に使えていない時間をどの行動に使っていくか6月1週目までに

生徒と面談を通じて決定していきます。

この時間管理は、7月下旬から始まる夏休みに向けても大切な項目になってきます。

 

2)ていねいさ

1学期の学習内容は基本的な内容が多く、

「わかる」よりも「できる」に重きを置いた指導を心がけています。

生徒自身の手と頭が動く時間を大切にし自ら『できる』を実感できる学習が必要です。

 

漢字の正しい勉強の仕方

英単語の暗記とそのチェック方法、そして復習

英語のルールの定着と見直し方

数学の計算過程と正確さ

大きな声を出して発音する音読(レプトン)

 

を講師は毎回のミニテスト、宿題チェックを通じて確認し、学習改善を行ってきました。

 

「ちょっとしたミス」で終わらせずに

 

 自分のミスを振返り見直す謙虚さ

 講師からのアドバイスを聞き、実行する素直さ

そして一つ一つのプロセスを省かないていねいさ

 

を日々の授業を通じて指導していきたいと思います。

1学期の学習はこういう基本的な学習に対する心構えを整えて、

計画的に学習し成果を出すところにポイントがあります。

 

7月下旬からスタートする夏期講座に向けて、

生徒達の『分かる』楽しさと『できる』楽しさを実感できる6月をつくりだしていきたいと思います。

これから本格的に暑くなり体力的にきつくなると思いますが

体調面にも配慮して自信をつける6月をつくりだしていきます。

6月もよろしくお願いします。

 

 南里英語教室

小城・三日月教室

南里

 

コメント