NANNJYAIブログ

人生は旅、利他愛こそ人の道しるべ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自由の獲得

2009-01-28 11:58:00 | 日記
知識にも真理にも叡智にも成長にも

限界というものがないと悟った時

あなたは真に自由の身になります。

心の奥では間違いであるとうことに気づいていること

理性が拒否していることを

思い切ってかなぐり棄てることができた時

あなたは真の自由を獲得します。

新たな真理の光に照らして

誤りであることに気づいたものを

恐れずに棄て去ることができた時

あなたは自由の身となるのです。


・・・・・一つの事に拘りすぎても埒があかないものです。

そんな時は兎角自分で自分の心に垣根をはりめぐらし

新しいインスピレーションが入らないようにしています。

求道とは絶え間ない探究・・・!

拘りを棄て次の目標を立案して

突き進むことが出来れば

拘りの謎も解けるかもしれません!
コメント

煩悩を力に!

2009-01-21 12:21:00 | 日記
心(魂)が完全に打ちのめされるほどの出来事は

決して生じません!

一つ一つの出来事は、いかに困難を窮めるものであっても

魂をいっそう成長させる為の手段と心得てください。

現実に数多くの問題と困難に取り囲まれているあなたにとっては

そういう受けとめ方は決して容易ことではないでしょう。

が、その場限りの捉え方ではなく

永遠の価値をもつ尺度があることを忘れてはいけません

それが霊的真理です!

疑念に襲われた時はその真理にしがみつくことです。

人間である以上は煩悩を完全に閉め出すことはできません。

が、だからと言ってその煩悩を怠慢の言い訳にしてはなりません。

心構え一つで煩悩を力に変えることができるのです。


・・・・・煩悩を力に変える!

簡単な様でじつに難しいことのような・・・!

できたらいいなあ!

そんな人に成りたいなあ!
コメント

レンタル時代

2009-01-17 23:22:00 | 日記
この頃、レンタルが注目されてます!

賃貸マンションや貸家、アパートは当たり前の世の中ですが・・・!

今後このビジネスは発展してゆく気配・・・!

どんなレンタルが在るかと言うと・・・

エルメスのグレース・ケリーバッグ

100万円相当を一日 ¥39.000円

結婚式など使用するクラッチバッグ

グッチの品、3万円相当が ¥1.000円/1日

スキー場に行けばレンタルスキーやボード

避暑地に行けば、レンタル自転車

生き物のレンタルも

犬や猫他、ペットレンタルは

一時間当たり ¥2.500円

面白いのは畑などの荒れた農地の雑草退治に

レンタル牛、2頭で1ヶ月 ¥18.000円

これはエコロジーでもあり一石二鳥!

珍しいのは墓地のレンタル

5年間で ¥230.000円

転勤や後継者が無くなる事を予測してのレンタルだとか

永代費用が要らないからかえって安上がりかも・・・!

ネット内には無料の日用品レンタルも在るそうです

子育てママの知恵が満載だそうですよ

例えば、子供用のパーティー衣装

成長とともに必要な子供の洋服

家電製品から車に使うチャイルドシート

着払いの送料だけで済むそうです。

使い終わったら持ち主に元払いで返却でき、使用料は無料だって・・・!

レンタル時代はこれから省エネには必要条件に・・・!

世間を賑わしている派遣社員もレンタル?

努々個人のレンタルだけはしませんように・・・!

これだけはご法度ですからね・・・!

コメント

?

2009-01-15 11:02:00 | 日記
若い頃はたくさんの夢を心に描いたものです!

夢と言えば

★ 寝ている間にみる幻像

★ 心の願望を表現する憧れ、希望

★ はかないこと

★ たやすく実現できない願い

★ 空想すること

★ まよい

・・・・・と色々あるようです!

一説に、人は夢をみながら時々あちらの世界を覗いているとか

何故 ?

いつの日か誰にも平等に訪れる次の世界への旅立ちに

迷いが無いように案内をして下さっているのだそうです!

どんな状況でこの命を閉じることになろうと

永遠に続く自分の魂があちらで又、活躍できることを願い

迷いなく精一杯この世の試練を乗り越え、人の役に立ち、愛し

悔いの無い暮らしをしたいものです。
コメント

寛容と慈悲!

2009-01-13 17:53:00 | 日記
まじめに、あなたなりの最善を尽くすことです。

そして他人に対して

寛容と慈悲の心を向けてあげることです。

それができるということが

進化しつつある霊(精神、心)の証です。

人間は誰一人として完全な者はおりません。

煩悩をそなえた存在であり

未熟であるが故に

時には的外れのことを考えて間違いを犯すものです。

だからこそお互いに寛容と慈悲と受容性と

愛が大切となるわけです!


・・・・・悔しい思いを仕掛けた相手が

特定している場合は、なかなか寛容に

慈悲にという心持ちになれないものです!

煩悩だらけの自分・・・!

いつになっても強い自分になれない!

ひとごとじゃない・・・!

すべては自分が起こしていることなのに・・・!
コメント