NANNJYAIブログ

人生は旅、利他愛こそ人の道しるべ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

命令の悲劇!

2008-07-30 13:00:00 | 日記
会社勤めの人は上司の命令に従って仕事をする

失敗すれば叱られて始末書!

ボーナス査定にも影響が出る

しかし、過去の戦争において

命令は絶対であり、死も覚悟の上

何の為の戦争だったのだろう?

TVでは、この時期になると毎年特集が組まれ

悲劇を伝える!

南方戦線に出兵した兵士たちの凄絶な死は

語る言葉を失う!

機関銃や大砲に対し、「銃剣や竹やりで敵軍を撃退せよ!」

こんな命令があっていいものだろうか!

しかし、事実である。

それは即、死を意味する。

下された命令は絶対である!

拒否しようものなら軍法会議で人間を否定されるか

その場で銃殺されかねない。

こんな事は絶対に繰り返してはならない。

私達には未来永劫、語り継ぐ責任がある。

コメント

人間だもの!

2008-07-28 11:40:00 | 日記
人間の生活に過ちはつきものです!

その過ちを改めることによって魂が成長するのです。

苦難や障害に立ち向かった者が

気楽な人生を送っている者よりも

大きく力強く成長していくと言うことは

それこそ真の意味での”ご利益”と言わねばなりません

何もかもうまく行き、日向ばかりを歩み

何一つ思い煩うことのない人生を送っていては

魂の力は発揮されません。

何かに挑戦し、苦しみ、神の全計画の一部であるところの

地上という名の戦場において

魂の兵器庫を開き神の武器を持ち出すこと

それが悟りを開くということです。


・・・俺が私がと自己主張ばかりでは成長できないものです。

苦難や障害は生きる上で当たり前、と思えるようになれれば

多少の辛さや困難は乗り越えられる。
コメント

人生、山あり谷あり!

2008-07-24 15:20:00 | 日記
問題も困難も厄介なことも生じないような

人生はありえません!

地上がそういうところだからこそ

あなたもこうして生まれて来ているのです。

たいせつなのは、それへの対処の仕方です

お持ちになっている神性を呼び覚まして

解決策を見出し、正しい方向を選択する

そういう対処の仕方が大切です。

そのことはよくご存知のはずです。

なのにそれが実行できずにいます。

難問や心配事に足を取られて身動きできなくなり

実在では無いただの影をやたらに

大げさなものに考えてしまっています。

物的なものはことごとく霊的実在のおぼろな反影であり

幻にすぎません!


・・・とりこし苦労の多い私にとっては

   簡単なようで難しいような!
コメント

野外コンサート

2008-07-21 23:24:00 | 日記
昨日、2年ぶりの新潟、加山キャプテンコーストでの野外コンサート

今回は家内と二人で!

加山雄三、南こうせつ、イルカ、中村あゆみ・・・。

3千余名の観客がステージと一体となって

大合唱!

30分くらい夕立に遭いましたがその後は星空に

年代のカップルやグループが殆んど!

終了と同時に100発の花火が頭上に上がり

みな大歓声!

安宿に泊まり、今日は湯沢ロープウェイで山頂を散策

高原とはいえ、暑かった!

小さな小さな二人の夏休みでした。
コメント

夏休み!

2008-07-19 12:46:00 | 日記
子供達も夏休みに・・・

思い出すのは近くの川に魚採りに

水中メガネと釣り道具もっておにぎりと梅干も忘れず。

川に行けば必ずいつものメンバーが居る

メガネの硝子を、木の葉を揉んで磨く

そうすると曇りにくくてよく見えるんだ!

いざ、川の中に!

鮎が川下から私の近くを勢い良く通り過ぎる

オイカワの雄、雌、ウグイ

石の周りをよく見るとカジカやギノメ(ドジョウの仲間)

時々、未だ子供のウナギがスルッと逃げる

石の上には小さな水生昆虫

トビケラ、カワゲラ、ヒラタカゲロウ・・・!

流れの緩い水面にはアメンボがスイスイ

友達や小さい子供達の笑い声や掛け声

「それっ! 思い切って飛べ!」

わずか1メートルの高さも怖々と

流れの緩い少し深みのある淵

その少し深い水の中が怖いのです

飛び込んだ後、呼吸は? 目は開ける?瞑る?

不安が一杯!

でも2、3人の先輩達が正面、川下に必ずサポートしてくれる

意を決し、呼吸を止めて・・・!

一瞬、スーと体が宙を舞う

一度成功すると面白くなって何度も!

それを見定めたお兄さんやお姉さんはそれぞれに自分達の遊びに戻る

水が綺麗で、陽を浴びてキラキラ!

いつかあの大きな鮎を捕まえて

お爺ちゃんにあげたい、と思ったことを思い出す

小学校一年生の頃でした。

今は私がお爺さんになりました。(笑)
コメント