直列☆ちょこれいつ

日記以外はこちら!→(http://www.geocities.jp/nanmo_nanmosa/)

日本書紀古事記の記述と天皇の齟齬

2018年03月13日 | ちょこのひとかけ


すこし神様についてわかってきたので、
日本書紀と古事記をすこし流し読みしてみました。

昔は比較検討してみようと思ったのですが、
ほんっとうにめんどくさいのでやめていたことです。

今回流し読みした感じ、両方とも何を言いたいのか
よくわからなくなってきました。

どうも、天皇は複数系統から出たと書いてあるように見えますし、
メインとしてつなげたい天皇は、
九州出身で、もしかしたらクマソとかハヤトとか、
いわゆる蛮族扱いされているところから出たようにも見えます。

それでも一応、天皇は天系、それ以外は地系として
書こうとしているのだろうと、流れを意識して読んでみたものの、
途中で代理出産みたいな話が数回出てきてさらにわからなくなります。

アマテラスの受精卵を使ってスサノオが生んだこどもは
天系地系どちらなのか。
スサノオの受精卵を使ってアマテラスが生んだこどもは
天系地系どちらなのか。
後に名前を入れ替えた天皇は天系地系どちらなのか。

しかも、天系地系が持つアイテムには、
それぞれ天属性・地属性がついているように思えるのに、
途中から天系人間が、名前だけ天属性で、内容は地属性という
わけのわからないアイテムを出してきます。

ちゃんと追っているはずなのに、人間自体も途中から
天系と思っていたのが地系の立場に立っているようにも見えます。

正直、日本書紀と古事記でなにがしたかったのか
はなはだ疑問です。

詳細に読み込めばまた違うのかもしれませんが、
あるふみまで読んで検討しなければいけないので
ほんとうにめんどくさくて嫌なんですよねえ。


追記:
……と書いて、しばらくして、ふともう一度見直したら、
もしかして逆なのでは? と閃きました。

最近の天皇を天系と考え、最近の天皇にどうつながるかを
考えながら読んでいましたが、
これだとアマテラスと属性が逆になるように見えて、齟齬が生まれました。

そこで逆に、最近の天皇が地系だと考えたら、
意外と問題なくつながるのではないかとちょっと思ったのです。

案外いけるかもしれないと、天皇の系図にざらっと目を通してみたところ、
どうもどこかで天と地がねじれたような印象を受けます。

日本の大乱といえば、南北朝や源平合戦などがありますが、
もしかしたらそこらへんで系統が変わったのかもしれません。

もうすこし詳しく見ようと思ったら、
一文字違いで別人とかの、似た名前の人がいっぱい出てきたので
気持ち悪くなってやめました。

神様あたりの話だと、一文字字が違っても基本的には同じ神なので、
わたしはそういうゆるさのほうが楽でいいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アラハバキ神の正体とタケミ... | トップ | レビュー:ねぎ味噌饅頭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ちょこのひとかけ」カテゴリの最新記事