Pの世界  沖縄・浜松・東京・バリ

もの書き、ガムランたたき、人形遣いUME-Pの日記

三文判

2008年05月06日 | 東京
 先週、東京で会議があって、その開催時間前に所用で渋谷を訪れる。道玄坂の109ビルの一階に入っている印鑑屋の横を歩いているときに面白いケースを発見した。といってもいわゆる既製の安価な印鑑である三文判のケースなのだが、そこに書かれていた文章「日本の名字5000傑(この名字には日本の名字の80%が収容されています)」に惹かれたのである。
 一旦通り過ぎたのだが、この三文判ケースが気になり再びこの場所に戻って自分の名字を探してみた。あった、あった!しかも私の名字の三文判は複数売られている。つまり私の名字は5000傑に入っているわけだ。
 ところで沖縄に来たことのある方は、沖縄の三文判ケースを見たことがあるだろうか?正直言ってかなり驚くこと請け合いである。なんと日本の名字5000傑にあたる私の名字などは全く見当たらず、かつて急に印鑑を必要としたとき三文判がないため、注文発注したこともあるのだ。私の名字はここ沖縄では完全にマイノリティーである。要は、三文判ケースに収納された名字というのは、その地方の必要性に応じて名字が選択されているのである。これから沖縄に来る予定のある方はぜひ、印鑑屋や文具店で三文判ケースを覗いてみてほしい。あなたの名字は見つかるだろうか?
コメント   この記事についてブログを書く
« 潮干狩り | トップ | 祝ブログ2年目へ突入 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東京」カテゴリの最新記事