山に癒されて…♪

ご訪問有難うございます 
自己世界の超ロ~ング日記です
気の長~い方 辛抱強~い方
笑って読んで頂けると嬉しいです

遅場の春に目覚めて 藤原岳へ

2020年03月24日 | 山登り 近畿 霊仙 伊吹 藤原

今年は思いも由らない騒ぎが起こっており
持病の悪化・・・
心臓と胃が大変な事になり 沈・・・
そして 1ヵ月以上引きこもっておりました・・・が
漸く 体の調子が落ち着いてきました


チチが
体調を見ながら出かけようか?
声をかけてくれ
遅場の春を味わいに出かけてみる事に・・・


人の多い所は 今の身体では不安がありますが
徐々に体を慣らしていかなければ
体力も筋力も落ちてしまうだけ・・・その上
春の妖精たちに逢わずに
過ごしてしまう事になります

終わりを告げ始める
スプリング・エフェメラル・・・逢いたい♪

毎年訪れ 比較的人の少ない 
藤原岳の孫太尾根を
ゆっくりと歩いてみる事にしました

山は その気持ちを受け止めてくれたのでしょうか
春の柔らかい日差しの下
優しい美空を見せて迎えてくれました



2020年3月21日(日)☀  藤原岳 孫太尾根

コースタイム

7:41 北勢町新町の墓地 駐車スペース → 8:45 丸山651m 9:00 → 9:56 草木834m → 多志田山965m 10:50 → 11:35 藤原岳1140m 12:20 → 12:45 多志田山 → 13:10 草木 → 13:43 丸山 13:50 → 14:35 北勢町新町の墓地 駐車スペース




※ コースタイムは参考になりません


北勢町新町墓地につきます

いつもより 早く駐車場に着けた・・・と
思いましたが 既に満車!?💦

駐車スペースはすでになく
少し下がった路肩に停める事となります

満車になった状態はめてで
驚きを隠せないまま 準備を始めます



 北勢町新町の墓地

登山口はこの墓地にあります

 北勢町新町配水場

配水場の青いフェンス横を通って入山です

 孫太尾根分岐



孫太尾根へは 分岐方向へと進み
静かな植林地帯を5分ほど歩きます
すると階段が現れ 
更に進むと いつしか自然林へと変わり
本格的な山道へと変わっていきます


 最初の階段
 神武社殿跡



左右に植林自然林を隔てた間を
ゆっくりと進んでいきます

この時はまだ 体調も悪くなさそうで
ゆっくりではありますが 
久々の山の空気を味わう様に登っていきます

地面は乾いており
ズルズルの悪路ではなく 以前の様に
登山道を回避する必要もなさそう・・・
本来登山道をそのまま登っていきます


 コショウノキが目立つ道
 急斜面を登って尾根へ
 尾根に出る 378m
銚子岳を望む


春霞を薄っすらと纏うような
柔らかな春の空がひろがり
尾根に出た解放感に包まれます

思わず やっほ~
叫びたくなるほどに・・・


山が呼ぶ!
空が呼ぶ
花が呼ぶ!
大丈夫かも!
これなら歩けそう!

心浮かれる自分を感じます

体調はどうか?と尋ねるチチに
大丈夫♪と笑いながら答える余裕もあります



 アセビ


嬉し気に咲くアセビの花も
目に留まり始めます

そしてここから
孫太尾根が本性を現してくることを
十分に知っていながらも 

景色・・・・・・
馬が酔うならず・・・ 
山に酔うが浮かれ心に
自分の身体を過信し始めた時でもあります



 花崗岩特有の岩稜



石灰岩特有の岩肌を現し
尾根の道は急登になります

それでも最初は 楽しむように
気持ち良く登っていました

しかし・・・
次第に体が重くなり出し
胸の鼓動も不規則に暴れ出し
めまいを感じる事も・・・

足が前に出にくくなり
流れ出す汗は 冷や汗となり
ただ 地面とにらめっこしながら
ただ歩くだけになります・・・

どうしよう・・・
無理だったのかしら・・・

不安が過り 小さくなるチチの背を
複雑な気持ちで見つめます

家の中では 少しずつ体を動かし 
ストレッチなどをして慣らしてはいたけど
体力が戻るほどではなかったのかもしれません

ガンバって歩いていると
体は慣れてくるのだろうか・・・
もし ダメだったら
丸山まで登って 引き返そうか・・・
とにかく 丸山までは頑張ってみよう・・・



 カテンソウ


岩の間に見つけた小さな・・・

本来なら歓喜するところですが
それも空しいほどに空回りして
楽しむより まずは丸山までと・・・

ただ 必死に登るだけ・・・



 もうそこが 丸山山頂・・・
丸山 651m

やっと 丸山に辿り着きました・・・

ヘロヘロの自分を感じながら
チチに促されるように 
広い山頂の一角に腰を下ろして休みます

軽いめまいを感じ
休みながら ここまで・・・
諦めの気持ちになります

ふと足元に視線を落とすと
咲く小さな花が・・・

逢えましたね・・・


 


この先に 
待つものがある・・・
逢いたいものがある・・・
無理はできないけど
もう少しだけ 行けないかしら・・・

時計を見ると まだ9時・・・
時間は十分にある・・・

丸山で迷う気持ちのまま
自身の身体と向き合いながら
足元に咲く花を見つめていました・・・


つづく


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 今季初 本格冬山登山? 武... | トップ | 遅場の春に目覚めて 藤原岳... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
頑張れ! (hide-san)
2020-03-24 11:56:51
頑張ってますネエ!

世の中新型ウイルスで大騒動なのに。

でも、頑張れ !

期待して居ます。
hide-san様 (nanekobi5963)
2020-03-24 16:20:24
こんにちは

ありがとうございます 頑張ってます♪
新型ウイルス大変な事になっていますね
いま 貰うと 私も大変な事になりそう・・・
久々に外に出てみましたが
山は 変わらずでした・・・

hide-san様の所にも春が届いておりますね
桜の花見は今年は出来そうもありませんので
ブログ巡りで愉しませて頂いております♪

コメントをありがとうございます

コメントを投稿

山登り 近畿 霊仙 伊吹 藤原」カテゴリの最新記事