ブログ de なんで屋 @東京

みんなで「これからの社会」を考えるために、『場』と『認識』を提供する社会事業です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1/14なんでや劇場レポート3~物々交換が市場の起源ってウソ!?~

2007-01-20 22:57:53 | なんでや劇場
なんでや劇場レポート1,2で市場の成立過程とその仕組みについて、歴史事実に基づいて明らかにしてきました。でも、学校ではこんな風には教わらなかった人が多いのではないでしょうか

市場の起源については、一般的には物々交換説が主流(?)のようですが、この物々交換説は論理的に考えると根拠がかなり曖昧で、実は事実に合致しない部分を多く含んでいます
そこで、市場の起源について再度整理する意味でこの説を検証したいと思います

続きを読む前にポチっと応援をお願いします
 にほんブログ村 政治ブログへ 

まず、一般に言われている物々交換説とは簡単にまとめると、(多少の違いはありますが、典型的な説は)以下のようなものです。

「昔々、山に住む人が木の実を採り、海辺に住む人が魚を採って生活していました。山に住む人は魚が食べたいと思い、海辺に住む人は木の実が食べたいと思いました。そこで、山に住む人と海辺に住む人が集まってそれぞれの欲しいものを交換しました。これが市場の起源です。」

ここで、注意したいのは以下の2点です。
①生活必需品(食料)の交換が市場の起源
②庶民による交換が起源

については、古代の庶民は生きていくのに精一杯な状況におかれており、そんな状況下で生活必需品を他部族に依存するということは極めて危険な行為であり、あり得ません。
また、別の観点から言えば、生活必需品であれば、その物品に幻想を抱くことはありませんし、必要以上のやり取りは生じません。よって格差の旨みも生じず、市場が拡大していくこともありません
幻想価値を付加させることのできる希少品を中心として市場が形成された。
 幻想価値を含んだ贅沢品を得ようとするだけの余力(=富の集積)が絶対条件

については、もし仮に庶民による交換から始まったとすれば、大衆市場が中心となっていくはずですが、実際にはそうなっていません。それに、当時の庶民は支配階級(王族etc.)から生きるのに最低限必要な分を残して収奪される対象であり、市場を形成するほどの力は到底持ち得ません
支配階級が安定化したことで交換取引の秩序化が可能になり、市場が形成されたと考えられる。

以上のような理由から物々交換説はウソだと言うことができます。


上記の物々交換説が流布するのは、当時の外圧状況の検証が不十分であることに加え、「交換(交易)」という概念が、全く原理の異なるやり取りに対して十派一括りに使用されていることも原因のひとつと考えられます。物流は大きくは3つのパターンに分類できるので、ここで整理しておきます。

1.贈与
見知らぬ集団同士が出会った時に、緊張を緩和し、集団間の友好関係を保つ目的でお互いに贈り物をし合うこと。相手が喜んでくれたらうれしいという想いに基づくもので、見返りを期待してのものではない。古代市場が発生する以前の物流はこの形式。

2.略奪(収奪)
文字通り強い者が弱い者から奪い取ること。主には生産財である土地。その土地で採れた生産物も当然土地の持ち主のものになり、必要最低限な分のみ再分配。

2’.貢物
弱者が強者に対し、守ってもらうためなど、何らかの見返りを期待して物品を差し出すこと。贈与との大きな違いは、自集団第一意識に基づくものである点。略奪と表裏の関係にあることが多い。

3.交換取引(交易)
仕入れ値に幻想価値を付加し、価格格差をつくり出すことによって、儲けを得る仕組み。力の格差が拡がり、武力闘争では勝ち目がない(権力←財を獲得できない)ので武力闘争を避け、そこからの抜け道として生み出された。


こうやって押さえていくと、市場はその起源からおかしさを孕んでいたことがよくわかります。それが現在の借金800兆、景気低迷などのさまざまな問題に繋がっていくんですね。やっぱり歴史を学ぶことは重要だと実感したなんでや劇場でした。

波動)
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 1/14なんでや劇場レポート2~... | トップ | 恋愛が長続きしないのはなん... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (andy)
2007-01-21 18:23:43
>生活必需品を他部族に依存するということは極めて危険な行為であり、あり得ません。

当時の庶民にとってみると「生活必需品=生きるために不可欠な最低限必要なもの」であり、ことさら海の幸/山の幸といった珍しいものを欲することもなかったのでしょうね。

発生源 (やが)
2007-01-23 00:02:43
>3.交換取引(交易)
仕入れ値に幻想価値を付加し、価格格差をつくり出すことによって、儲けを得る仕組み。力の格差が拡がり、武力闘争では勝ち目がない(権力←財を獲得できない)ので武力闘争を避け、そこからの抜け道として生み出された。

ここが市場の発生源ですね
Unknown (somax)
2007-01-23 00:03:44
そもそも海の人は山の幸を知るよしもないし、またその逆もしかり。



基本的に古代においては部族内の自給自足なんだから、物々交換説ってやっぱり論理性が薄いッス(`へ´)
Unknown (京都ふらり鉄道散歩)
2007-02-08 08:11:39
これ日本ですか?世の中変わるの速いです。ポチ!

コメントを投稿

なんでや劇場」カテゴリの最新記事

トラックバック

中東・ヨーロッパの森林破壊のはじまり(ギルガメシュ叙事詩より) (にほん民族解放戦線^o^)
以前から興味のあった、NHKスペシャル四大文明:第二集「メソポタミア」を、先日やっと観ることができた。 この番組では、栽培の始まりから「文明の黎明期」≒都市国家の成立のあたりまでを紹介していた(撮影当時の1990年代は、湾岸戦争のアメリカの攻撃によって一部...