ブログ de なんで屋 @東京

みんなで「これからの社会」を考えるために、『場』と『認識』を提供する社会事業です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

閏年をさかのぼる~過去50年~

2008-02-29 12:39:15 | 路上の声~社会~
今日は、2月29日。4年に一度の閏(うるう)の日です。こんな日に記事を書くのは、なんだか緊張しますね(笑)。

で、何を書こうか考えていたのですが、せっかくの閏年なので、過去の閏年にどんなことがあったのかを調べてみることにしました。
4年単位くらいで過去をさかのぼってみると、大きな時代の流れが実感できそうでしょ?
最近るいネットサロンで始まった「新しい潮流」勉強会の参考になればとも思いました。

じゃ、まずいつものやつを
にほんブログ村 政治ブログへ



さてさて、
過去の閏年にどんなことがあったのか。
当然ですが、眺めてみると色々なことがあります。全部列挙していたら長すぎて読む気がしない。
そこで、その年の「重大ニュース」と併せて、意識潮流が実感しやすいように「流行語」を取り上げてみたいと思います。
じゃぁ、さっそくいってみましょう。

【2004年】
《重大ニュース》
・小泉内閣 陸自の先遣隊を戦闘地域のイラクに派遣
・イラクで日本人が人質、被害者バッシング
・参議院選挙で自民党が惨敗

《流行語》
「自己責任」「負け犬」「セカチュー」「冬ソナ」「気合だー!」


【2000年】
《重大ニュース》
・佐賀 バスジャック事件
・雪印乳業製の乳製品の食中毒菌汚染が発覚
・旧石器発掘ねつ造事件

《流行語》
「ジコチュー」「IT革命」 「17歳」「官対民」「おっはー」


【1996年】
《重大ニュース》
・「住専」に6850億円
・O-157による集団食中毒
・ペルー日本大使公邸人質事件

《流行語》
「アムラー」 「援助交際」 「ジベタリアン」 「ストーカー」 「チョベリバ」


【1992年】
《重大ニュース》
・佐川献金疑惑で金丸議員辞職
・PKO協力法案成立
・ロサンゼルス黒人暴動、同市に非常事態宣言

《流行語》
「就職氷河期」「セックスレス」 「どたキャン」 「分煙」 「こけちゃいました」


【1988年】
《重大ニュース》
・リクルート疑惑
・青函トンネル、瀬戸大橋が開通
・(昭和)天皇の病状悪化

《流行語》
「お局さま」「おたく族」 「ぬれ落ち葉」 「オバタリアン」「セクハラ」


【1984年】
《重大ニュース》
・グリコ・森永事件
・長野県西部地震
・中国とイギリスの香港返還に関する文書合意、調印

《流行語》
「くれない族」「ピーターパン症候群」 「まる金、まるビ」「財テク」 「単身赴任」

【1980年】
《重大ニュース》
・新宿バス放火事件
・大平首相急死、同日選挙で自民圧勝
・イラン・イラク戦争

《流行語》
「竹の子族」「とらばーゆ」「校内暴力」「赤信号、みんなで渡ればこわくない」「ぶりっ子」

【1976年】
《重大ニュース》
・ロッキード事件
・総選挙敗北で三木退陣、福田内閣が誕生
・ミグ25亡命事件

《流行語》
「記憶にございません」「灰色高官」「ピーナッツ」「中流」「ニユーファミリー」

【1972年】
《重大ニュース》
・日中国交正常化
・沖縄返還
・連合赤軍浅間山荘事件

《流行語》
「列島改造」「お客様は神様です」 「総括」「テレビカメラはどこか」「未婚の母」


【1968年】
《重大ニュース》
・三億円事件
・東大紛争
・日通事件

《流行語》
「三C時代」「タレント議員」「ゲバ」「ノンポリ」「五月病」


【1964年】
《重大ニュース》
・東京オリンピック
・新潟大地震
・東海道新幹線が開通

《流行語》
「OL」「かぎっ子」「金の卵」「みゆき族」「ウルトラン」


【1960年】
《重大ニュース》
・安保条約反対闘争
・浅沼社会党委員長刺殺
・三井三池争議

《流行語》
「所得倍増」「安保」「家つき、カーつき、ババア抜き」 「声なき声」「ナンセンス」


ハイ、これくらいにします。ここまで読んでくれた方、ありがとうございます。どうもご苦労様です。

で、どうだったでしょう?ざっと過去50年を一気にさかのぼったことになります。ほんとに色々なことがあったんですね。
特に、流行語を50年分通してみてみると、時代の流れみたいなものが直感できませんでしたか?

「所得倍増」計画などで国民生活が上向き、「三C時代」へ。女性が強くなって社会進出し「未婚の母」が登場。団塊世代が「ニューファミリー」を築き、「単身赴任」でがんばって働くお父さんは「ぬれ落ち葉」に。団塊世代の子供達を待ち受けていたのはバブル崩壊後の「就職氷河期」。バブルの後、迷走する社会には不可解な行動をする若者が登場。「17歳」の少年犯罪が多発・・・・・・、というくらいはパッと見でわかりそうです。それだけで面白いですよね。

これからの社会、すなわち次代を読むためには、過去の分析は不可欠です。
非常に微力ながら、その一助に(入口に)なれば嬉しいです。

たしょう

参考:
「ザ・20世紀」
「ユーキャン流行語年表」
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 年次改革要望書とは・・・?? | トップ | 女の生き方探索vol.4~「話す... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
過ぎ去りし日々から未来を学ぶ (くまがわ直貴)
2008-02-29 21:51:34
 >これからの社会、すなわち次代を読むためには、過去の分析は不可欠

 その通りですね!…しかし、こうして見ると本当に歴史的な大事件が続発している濃縮された(いい意味・悪い意味両方で!)閏年です。
短期間でもの凄い変化・・・ (Gen)
2008-03-01 00:18:02
4年ごとでも各時代の空気や大きな流れが感じ取れて面白いですね。

それで、凄いな、と思ったのが、実は今回調べてくれた1960年って敗戦という超逆境からたった15年しか経ってないってことです。
それだけの期間で「所得倍増」「家つき、カーつき、ババア抜き」、そして更に10年で「三C時代」・・・と、もの凄い勢いで経済成長を遂げると・・・一方、昔ながらの規範や集団が解体されていく。
因みに、明治などは維新に刀やちょんまげを投げ捨てて、たった30~40年でバルチック艦隊を破ってます。

そして、現在・・・閉塞感漂う状況にありますが、短期間のうちにこの逆境を跳ね返して活力を再生するエネルギーを日本人はまだ十分に有していると感じています。
Unknown (一文字)
2008-03-02 22:53:50
切り口が面白い。座布団一枚!

↓「新しい潮流1~3」と照らし合わせて読んでみましょう。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=24980
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=24981
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=24982
なるほど~ (matsu子♂)
2008-03-03 13:16:08
>4年に一度の閏(うるう)の日です。こんな日に記事を書くのは、なんだか緊張しますね(笑)。

大役お疲れ様でした

50年も4年ごとで区切って考えると振り返りやすいですね。ほんと50年でいろいろ変わったんだなぁって思います。

これからの50年はいい意味に変わっていけるようにお互いがんばっていきましょう
Unknown (筆不精)
2008-03-04 01:49:18
過去って長いですね。こうして見てみると、自分が生きてきた時間ってなんて短いんだろうって感じます。でも、こうやって過去の事を知ることができるのはいいですね。
コメントありがとうございます (たしょう)
2008-03-04 22:04:23
くまがわ直貴 さん

いつもコメントをありがとうございます。

>歴史的な大事件が続発している濃縮された(いい意味・悪い意味両方で!)閏年です。

そうですね。僕も調べてみて初めて知りました。
そんな時代の積み重ねで現在があります。これからの日本をどうして行くのか、一緒に考えてもらえたら嬉しいです。


Gen さん

>短期間のうちにこの逆境を跳ね返して活力を再生するエネルギーを日本人はまだ十分に有していると感じています。

同感です。
なんで屋で路上に出ていて思うのですが、人々の意識の変化の速さはすごいものがあります。
そして、なんというか、変化が間違った方向には行っていない。違和感の出所や何となく感じる可能性の捉え方は「そう、それ!」といいたくなることが多いですよね。
最近、短期間で逆境を乗り越えるその能力の前に、日本人に備わっている可能性の察知能力がすごいんじゃないか、と思っています。どうでしょうか?


一文字 さん

>切り口が面白い。座布団一枚!

ありがとうございます。
「新しい潮流」シリーズは、僕も読み直しているところです。あらためて見直すと気付きが多いですよね。
時代の流れは誰が決めたわけでもない皆の意識。それはこれからも変わりません。皆で新しい可能性=意識をつくっていきたいと思っています。


matsu子♂ さん

>これからの50年はいい意味に変わっていけるようにお互いがんばっていきましょう

そうですね。がんばりましょう。
この記事を書くために調べていて思ったのですが、時代は紆余曲折しながら流れていくもの。悪い意味に捉えられることもある。
そんなときに目先の状況に悲観することなく、先を見通して可能性に向かうことが重要なんだと思います。
可能性が見えれば、がぜんがんばるのが日本人だと思いますからね。


筆不精 さん

>こうやって過去の事を知ることができるのはいいですね。

ありがとうございます。
地球に生物が誕生してから現在までを1年間に置きなおすと、人類が登場したのは12月31日の23:35分くらい(だったと思う)だそうです。ヒトの一生は0.5秒くらい。短いといえばおそろしく短いですよね。
でも、連綿と続く歴史の流れをつくっているのは、そのたった数秒の連続であり、つながりです。
歴史とは、一個体として捉えるのではなく、連続として捉えることが重要なんでしょうね。

コメントを投稿

路上の声~社会~」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事