にほん民族解放戦線^o^

米帝→官邸→マスコミの洗脳による植民地状態からの脱却を考えてみるブログ♪主権を取り戻し、日本の未来を考えよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ウソ発見器」のウソは誰がどうやって判別するのか?

2006年08月30日 | 雅無乱日記
8月26日朝日新聞朝刊の一面に非常に気になる記事を見つけたので紹介する。

http://www.asahi.com/national/update/0826/TKY200608260179.html

================================================
ネット情報「ウソ発見器」 総務省が開発へ

2006年08月26日15時41分

 真偽が見極め難いさまざまな情報が乱れ飛ぶインターネット。その中で、ウソや間違いらしい情報を自動的に洗い出し、ネットの利便性を高めるシステムの開発に総務省が乗り出す。ネット上にある関連深い別の情報を探し出し、比較参照することで、情報の「デマ率」などを示す。研究機関と協力し、2010年までの開発を目指す。07年度予算では、まず3億円を要求する。

 ネット上の情報は、何人もの目で事前に校閲された出版物などに比べ、誤った内容が少なくない。信頼性を確かめるには、利用者が他の情報と付き合わせるなどの作業を行うしか手がない。

 総務省が構築を目指すシステムは、この選別をコンピューターで自動的にやらせるものだ。ネット情報のウソや間違いの「発見器」といえる。

 完成すれば、ある情報のデマ率を調べたり、ネットで検索するときに信頼性のある順番に表示したりできるという。「この情報はデマ率95%ですが表示しますか」などという注意表示もできるようになる。

 扱う対象は、株式情報から国際情勢の解説、商品情報などさまざま。「この企業分析は適切か」「レバノン内政のこの記述は自然か」「オークションに出品されているこの外国電化製品の性能表示は本当か」などの疑問に答えられるようにするのが目標。

 開発の焦点は、インターネットのなかから信頼できる関連情報を見つけ出せるかどうかだ。そのために、知識を関連づけて書かれた内容の意味を正確に判定する技術や高度な自動翻訳技術などを編み出す必要がある。
==============================================


ネット上の情報は玉石混交で、ガセネタやトンデモ情報があふれかえっているのは一方では事実だ。

しかし、この総務省が開発するとか言っているシステムの「デマ率」自体のデマ率は誰がどのように判定するのだろうか?

例えば、「911テロがアメリカ政府の自作自演である」という可能性について扱った、例えばhttp://www.wa3w.com/911/のようなサイトは、「この情報はデマ率95%ですが表示しますか?」なんてことにされて、一般の人々から無視されるようになるかもしれない。

仮に…の話だが、自作自演がほんまに事実であった場合http://kikuchiyumi.blogspot.com/2006/07/911.html、当然、日本政府やアメリカ政府はその事実を隠蔽しようとするだろう。そこで総務省が開発するシステムが、バイアスをかけて「事実」に「デマ」のレッテル貼りをして一般に情報を流すことはない、という保証はどこにあるのだろうか。

そのうち、このエントリーそのものも「デマ率99%。ご注意!」なんてことにされて、ネット界から葬り去られるかもしれない。

…と考えていくと、この総務省の試み自体、実に不透明なものを感じる。マスコミが当てにならない現在、ネットだからこそ初めて出てくる、権力側に都合の悪い情報というのがある。その中に含まれる事実をも隠蔽し、大衆を情報操作するというのが真の目的ではないのだろうか?

これも、安倍がすすめる日本版CIAの設立http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=128979をはじめとする「アメリカの犬化」と関係があるような気がしてならない。

「ブログランキングranQ」と「人気ブログランキング」と「ブログの殿堂」に参加してます^^
            クリックで応援おねがいします!
      ↓               ↓             ↓
<ブログランキングranQへ> <人気blogランキングへ> 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

こちらもよろしく^^⇒自然科学系ブログ『Biological Journal』

コメント   トラックバック (2)

「持続可能な平和」という詭弁

2006年08月03日 | 雅無乱日記
>ブッシュ米大統領は31日、イスラエルとイスラム教シーア派武装組織ヒズボラの戦闘で危機的状況が続くレバノン情勢に関して、「恒久的で持続可能な平和」実現に向けて国連安保理決議採択を目指す考えを強調した。(YAHOOニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060801-00000002-jij-int

アメリカ合衆国製の奇妙な概念がある。

「偽りの平和ではなく、恒久的で持続可能な平和の実現を」がそれである。

これを文字通りの意味で理解する事は不可能である。

「持続可能な平和」を口実に、アメリカ合衆国は目の今現在起こっているイスラエルによる虐殺を容認して即時停戦に反対し、国連ではイスラエルへの非難決議にさえ反対しているからである。

つまり、イスラエルにレバノンやパレスチナの民間人の虐殺をやめさせる事は、「偽りの和平」である、 というのが彼らの定義らしい。なんのこっちゃ?

では彼らの主張するその「持続可能な平和」とやらはいったい何なのか?

これまでも、パレスチナとイスラエルの間に、何度かの「停戦」と「停戦が破られた」状態があった。

「停戦」によって、イスラエルの軍事侵攻が止まる。

そうするとイスラエルは、今度は「暗殺作戦」に切り替える。ヘリコプターからのミサイルなどによって、要人を殺害する。その暗殺対象の倍以上の民間人の犠牲者が出る。

そして、怒りや悲しみに打ちひしがれた人々が、それに対してちょっとでも反撃するやいなや、ふたたび「テロリスト」とレッテルを貼り、最新鋭の兵器を使った表立った軍事侵攻=大量殺戮が始まる。その繰り返しである。

アメリカが条件としているのは、「ヒズボラの武装解除」である。虐殺される側の唯一の抵抗勢力の刀狩りを行って丸裸にしようというわけである。それは「イスラエル軍が、安心して暗殺作戦を行えるような状況」以外のものを示すとは思えない。どうやら、これがアメリカの「持続可能な平和」の定義ということらしい。いったいこれのどこが“持続可能な平和”なんだろうか?頭がオカシイんとちゃうか?

子供ら数十人が犠牲になった「カナの虐殺」の後、イスラエルは48時間の停戦を約束した。しかしその停戦が決まった数時間後に、既にイスラエル軍は空爆を再開している(なんかわけのわからん言い訳をしているが)。しかも、停戦期限が切れる前にもかかわらず大規模な総攻撃=大量殺戮を再開したhttp://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060802/K2006080201260.html←病院にまで爆弾を打ち込んでいる)。

このように国際的な約束も守らず、寸暇を惜しんで虐殺を行う邪悪な政府を持つ国に、アメリカは莫大な軍事支援を行っている。

この5年で、2兆円の軍事援助をイスラエルに対して行い、劣化ウラン弾やバンカーバスターといった、通常兵器中最大の破壊力を持つと言われる兵器を、レバノン侵攻が始まった後からも次々とイスラエルに送り込んでいる。

また、イスラエルは核兵器保有国でもある。

イランや北朝鮮が、核兵器を保有する事に対して制裁が加えられようとしているのに対し、イスラエルが核兵器を持っている事に対して何らかの制裁を受けるなどという事は決してない。


どう見ても明らかだろう。これはアメリカの戦争なのだ。

アメリカがイスラエルを容認している限り、イスラエルは無制限に虐殺を続ける事ができる。

そんなイスラエル国内でも、反戦デモが行われたそうである。 http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/cat4356966/index.html(机の上の空 大沼安史の個人新聞より)

彼らのスローガンはこうである。

「我々はシオニズムの名において人を殺さず、死にもしない」
「我々は米国に奉仕するために死なず、人を殺しもしない」


そして、ベイルートでの暴動の映像の中で、踏みにじられていたのは星条旗である。

「宗教の対立」「憎しみの連鎖」などという偽りの戦争の理由や、「持続可能な平和」などという詭弁にもう騙されてはならない。


「ブログランキングranQ」と「人気ブログランキング」と「ブログの殿堂」に参加してます^^
            クリックで応援おねがいします!
      ↓               ↓             ↓
<ブログランキングranQへ> <人気blogランキングへ> 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

http://black.ap.teacup.com/despera/内容についてこのブログを参考にしました。

こちらもよろしく^^⇒自然科学系ブログ『Biological Journal』
コメント (1)

あくまで虐殺を続けるイスラエル

2006年08月01日 | 雅無乱日記
ネットの友人が「報道ステーション」と「ニュース23」へ意見文を送ったそうだ。

許可をもらったので転載する。

ここから番組へ意見が送れるそうなのでやってみよう…
http://www.tv-asahi.co.jp/hst/bangumi.html
ユダヤは金持ってるから、ユダヤに肩入れしない報道はやりにくいってのは分からんでもないが、マスコミのあまりに偏った報道姿勢は市民の力によって是正していかなくてはならない。彼らにとってはアラブ人も東洋人も区別がついてないんだから、いつか矛先は日本にも向けられるぞ。
人気ブログランキング - 路上日記@なんで屋
================================================
報道ステーションのみなさまへ。

いつも貴重な特集を組んで頂き、ありがとうございます。

さて、今、私はイスラエル軍によるレバノンへの無差別攻撃で、子供たちの犠牲者が、大人を上回っている状況を深く心配しています。

国連が再三にわたって即時停戦を呼びかけていますが、その度にアメリカやイギリス政府がそれに抵抗し、「停戦合意」がとれなくなる理由がよくわかりません。

北朝鮮のミサイル問題でも意見がわれた国連安保理の「拒否権」についても、それはどのような意味があるのか、時代にそくしているのか、など詳しい特集を放送して頂ければ幸いです。

また、今回のイスラエル軍によるレバノンの無差別攻撃は、そもそも「ハマスとヒズボラが、イスラエル兵士を拉致したことが原因」と言われていますが、アメリカのサイト、『デモクラシー・ナウ』の7月14日のインタビューの中で、ノーム・チョムスキー氏は、その拉致の1日前に、パレスティナのガサで、イスラエル兵によって、パレスティナ市民(医師)とその兄弟の2名が誘拐されていた。とおっしゃっていました。

今回の攻撃の背景や最終的なねらい、イスラエル軍がパレスティナ占領下で行っていることなども、知りたいです。

先日イスラエル軍がガサへ投下した爆弾が、化学兵器ないしは放射線兵器だったとも伝えられていますが、もし、これが本当だとしたら、国際法違反であるばかりか、人類にとって、最大級の過ちではないでしょうか。

(なぜ、このように黙認され、話題にもされないのでしょう?)

1938年に、マハトマ・ガンジーが、ユダヤの人たちのパレスティナ移住に対して思慮深いコメントを発表しておられたそうです。

これらの歴史背景やネット情報を、フェアな番組作りに、少しでも役立てて頂けたら光栄です。ご参考になればご活用ください。

p.s.プロの技術でウラを取って頂けたら、それ以上に嬉しいことはありあません!これからも世界に誇れるような、フェアで、出来事の"つながり"がわかる報道番組を期待しています。


○ ノーム・チョムスキーさんの意見。
  http://www.democracynow.org/article.pl?sid=06/07/14/146258

○ それを日本語で要約しておられた方のブログ。
  http://popper.blog70.fc2.com/blog-entry-31.html

○ 今、パレスティナに滞在しているジャーナリスト大月さんのブログ。
  http://sawa.exblog.jp/
  大月さんの記事(東京新聞)
  http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20060725/mng_____tokuho__000.shtml

○ イスラエル軍がガザで化学兵器使用している。
  死傷者が異常な火傷。(Livedoor News)
  http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2191014/detail

○ ガンジーは1938年11月26日(イスラエル建国の10年も前に)、インドの『ハリジャン』紙に、「パレスチナは『アラブ人の土地』であり、ユダヤ人は無抵抗主義でアラブの理解を勝ち取るべき」、また、今住んでいる土地で、差別と戦うべきという趣旨の論文を発表していた。
   
  ★情報源 シオニズムを批判するユダヤ人の第6章(かなり下のほうです)
    http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd100.htm

○ たった今、地中海からとびこんできた情報です。(@o@)ノ
 「ネット兵士に後援されたイスラエル」
  http://www.timesonline.co.uk/newspaper/0,,174-2289232,00.html

"イスラエル外務省"から イスラエル軍のレバノン無差別攻撃を正当化するネット・アクションの方法を教えこまれ、多くのユダヤ人活動家、学生組合が、大掛かりにネット世論調査などを操作しているそうです。
=================================================


イスラエルは、アメリカから最新鋭の武器を手に入れ、情報戦でも大手メディアを資本力でねじ伏せて味方につけ、さらにはネット上でまでヤラセで情報操作。アメリカはイスラエルの虐殺を放置し、なぜかイランの核開発の危機ばかりを話題にする(http://reishiva.exblog.jp/5228952/←シバレイ氏のブログ)。

イスラエルは、民間人に対してクラスター爆弾白リン弾を使用しているらしい。さらに、最新兵器の実験もやっているとの噂もある。

市民の共認圧力でこのような非道な連中は封印していく必要があると思う。しかし、小泉首相はそんなイスラエルに肩入れしている。いったい何をしに行ったのか…これもほとんど報道されていないという→http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2006/07/post_4e65.html(画像はここからいただきました)。

追加。↓今こんなことが行われている。
====================================
“More time to Bomb.
Blair and Bush: Killing To Go On Until We Find A Plan”

和訳 「爆撃のためのさらなる時間
~ブレアとブッシュ:我々がプランを見つけるまで殺戮は続け
ろ」
http://www.informationclearinghouse.info/article14258.htm
(警告:一部きわめてショッキングな映像が含まれています)
=====================================


「ブログランキングranQ」と「人気ブログランキング」と「ブログの殿堂」に参加してます^^
            クリックで応援おねがいします!
      ↓               ↓             ↓
<ブログランキングranQへ> <人気blogランキングへ> 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


こちらもよろしく^^⇒自然科学系ブログ『Biological Journal』
コメント (2)   トラックバック (3)