にほん民族解放戦線^o^

米帝→官邸→マスコミの洗脳による植民地状態からの脱却を考えてみるブログ♪主権を取り戻し、日本の未来を考えよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なんで屋カードの力(ちから)

2004年12月29日 | たけちゃん日記
なんで屋でカードを選んでもらう時のヒントを、るいネットで発見。

絵画という媒体と共認回路

美術館でピカソの絵をみた時の話で、
>僕には芸術の知識も、絵心もありませんが、力のある絵というのは上記のような共感や同一視を強く喚起する媒体であり、力のある画家というのは共認回路に強く訴える発信が出来る人なのだろうと思います。
芸術作品を目にして“引き込まれる”ように感じることが稀にありますが、それはきっと無意識のうちに自らの共認回路が強く作動している瞬間なのでしょう。<>

なんで屋カードは、路上から収集された「みんなの意識」を表現した言葉と絵で構成されており、お客さんの共認回路に訴える力を持っているはず。

たけむら

コメント (8)

忘れられたファルージャ

2004年12月29日 | 雅無乱日記
ファルージャとメディア

大地震や津波などの天災で、人災の方は人々の記憶からますます消え去ろうとしていますが、このようなブログで現状を伝えようとしている方がおられます。

先日、NHK特集で「ファルージャで何が起こっていたか」という番組をしていました。

印象に残ったのは、表現の「自由」「メディアの独立」を謳っているアメリカが、自分に都合の悪い事実を報道するアルジャジーラをわざと誤爆したり、イラク暫定政府に圧力をかけてバグダッド支局を閉鎖させたりと、まるで言ってることと逆の事をしているということ。アメリカの発する「民主主義」「自由」「人権」というものがまったく欺瞞だということがよくわかる。いかにもよさげな響きを持っているけど、これらの言葉=概念そのものを疑ってみる必要があるな、と感じます。 なんせ、イラク戦争の作戦名が「イラクの自由作戦」ですからね…

米軍はファルージャでナパーム弾を使用

やはり、11月には無差別殺戮が行われていたようですね。しかし、アルジャジーラのバグダッド支局を8月に閉鎖させたので、現地からそれを伝えるメディアは無かった。イラクは完全にヴェトナムと化していますね。このまま世界は黙っていないと思います。まずはこの事実を伝えるていかないと
コメント

名古屋の大須で「なんで屋」!

2004年12月29日 | 雅無乱日記
26日(日)は、名古屋の大須露店を初めて体験してきました。

なんで屋@名古屋

店主の松川さんとは、2000年からの友人、というか単なる友人というよりは固く結ばれた認識仲間かな。

*るいネットへの松川さんの代表投稿^^)「がんばるに違和感」

しかし、大須商店街はすごかった。あんなひっきりなしにどかどかお客さんが来てくれるとは…

それに、声をかけたときのお客さんの反応もすごくあったかい。

ほんま「露店」に絶好の場所やな~と思いました。

一番驚いたのは、特にちゃんとした約束をしたわけでもないのに、19歳と20歳の女の子のお手伝いさんが来て、楽しそうにお客さんと会話しながら露店を盛り上げてくれたこと。お手伝い隊長の女の子、通称「まっち」も大活躍!

他にも、メールで誘っておいたお手伝いさんも2人来てくれて、みんなが心から「なんで屋」を楽しんでて、積極的にがんがんがんばってて、ほんとに気持ちが良かったです。名古屋の「なんで屋」の広がりは、やっぱりすごい!

この調子だと、名古屋@「なんで屋」の広がりは、まだまだ止まらないと思います。まさに充足のスパイラルで、どんどん新しい弟子候補・お手伝い候補が現れて来そうです。チームワークもいい感じだし。

正月の2日にも出すようなので、その頃に名古屋におられる方は、ぜひ寄ってみてください

「なんで屋」出店情報(携帯版)
コメント (1)

共認ってすごいね

2004年12月27日 | 丸ちゃん日記
こんばんわぁ。
寒さが身にしみる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
・・・って覇気のない入りだなぁ

なぜこんなんかといいますと!
先週は火曜日に大阪駅の歩道橋で露店やったんですよ。
結果は・・・0円
いくら寒かったとはいえ、ねぇ。

でも、るいネットでジンワリとくる投稿を発見⇒共認治癒力①
共認治癒力②
なんかこれ見たらジーンときて癒されちゃったよ。
もちろんいい話なんだけど、単なる美談じゃなくて、自分たちに、みんなにどれだけの可能性があるかってことがスーッと入ってくる。
きっと個体がもつ自然治癒力が共認力(?)によって強力に増幅されてるんだろうけど、逆に考えたら、自分って枠にこだわらなければ、もっともっと力が出てくるってことじゃないのかなぁ。
当たり前のことかもしれないけど、改めてそれに気付かせてくれたこの投稿に感謝!
コメント

新リンクです!

2004年12月23日 | 雅無乱日記
==-==-==-==-==-==o。o●今日のお勧めHP●o。o-==-==-==-==-==

http://blog.with2.net/ping.php/160519/1127913781

http://www.ranq.jp/xmlrpc/-/tK4Y4h/iWkKu/

http://ping.dendou.jp/

なんで屋<男塾>

http://blog.livedoor.jp/nandeya_umeda/

梅田で露店やってる後輩のHPだ~!

露店に立ち寄る実に様々なお客さんとの会話を、臨場感たっぷりに再現して、一緒にお題を追求している気になっちゃう。

さっそくブックマークしちゃいました。

「なんで屋」ってこれまで似たようなものなかった新しい試みやから、「それっていったいどんなもんなん?」とよく聞かれるんですが、このサイト見るとかなり実態が分かるかも。

後輩である管理人(塾長)は、相当リキ入れてサイト更新しているので、興味持ったみなさん、ぜひぜひカキコしてあげてくださいまし!

たしかにこのサイト、アツいものが伝わってくるわ^^)
コメント (1)

先週の露店は・・・

2004年12月20日 | 丸ちゃん日記
うーん。いまいちでしたねぇ。
寒かったからかなぁ。でも止まってくれる人がいないわけじゃないしなぁ。
カード売ろうって意気込みすぎて空回った感じ。
なんで屋のモットーは「活力再生」!!
押し付けられたように感じちゃったら確かに買う気なくしちゃうよね。
よし、来週はお客さんといっぱい会話しよっと。そして少しでもお客さんがすっきりしてくれたら、お互いに活力アーップ
忘年会帰り(?)の楽しそうなお父さんたちも結構いたから話ぐらいはしてくれそうだ。

さぁ、次回も頑張るぜぃ


・・・おっと忘れてた。
そうそうタバコね。
僕は完全な愛煙家なので、最近の嫌煙傾向はちとつらい。
駅の喫煙所も撤去してるとこ多いしなぁ。
たぶん吸わない人には迷惑なんだろうけど。
でも、そんなに強く思ってる人は一部なんじゃないかなぁ。
ものすごく誇張された意見が通ってしまっているようにおもふ・・・
コメント (1)

たばこ問題

2004年12月18日 | たけちゃん日記
たばこか~。

僕は吸わないので、実感ないですが(煙が減るのはむしろ歓迎)、確かに最近の禁煙ファシズムは愛煙家には辛いでしょうね。不潔恐怖症や、潔癖症といった過度な清潔を目指す方向と同じ臭いは確かに感じます。

女性専用車両についても同じですが、
一部のチカンや、一部のポイ捨て喫煙者という、害悪を撒き散らす数パーセント?の人々のために、ある行為が禁止され、良識のある普通の人まで迷惑を被るのは安直極まりない。

外圧(チカン問題やタバコ問題)を法整備という方法で解決してしまうのは、外圧をまっとうに対象化していないに等しい。

なんでも法で解決すればいいという発想がはびこれば、人類本来の外圧=内圧という適応機能がさび付いてしまうのでは。。。。

コメント   トラックバック (1)

ちょっとやりすぎなんでは?

2004年12月18日 | 雅無乱日記
僕は吸わない人だし、基本的にタバコの煙は嫌いなので、どーでもいいと思っていたが、上司の机の上に乗っていたこのnewハイライトの箱に書いてある文句には驚いた。

なんか「脳卒中でおまえは死ぬぞ~」と呪いをかけられてるみたいだ。

しかも「疫学的な推計によると…」などという、非常に曖昧な表現。どの程度科学的根拠があるのかは怪しい。

こんな“死の呪いの言葉が書かれたタバコ”を、それでもせっせと買いに行ってしまう愛煙家が、さすがにちょっと気の毒になってしまった(そこまでせんでもええんとちゃうか?…、他に迷惑かけないんやったらもうちょっと気持ちよく吸わしたりーな、と嫌煙の僕でさえ思ってしまったのだった)。

<style type="text/css">

</style>