にほん民族解放戦線^o^

米帝→官邸→マスコミの洗脳による植民地状態からの脱却を考えてみるブログ♪主権を取り戻し、日本の未来を考えよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あくまで虐殺を続けるイスラエル

2006年08月01日 | 雅無乱日記
ネットの友人が「報道ステーション」と「ニュース23」へ意見文を送ったそうだ。

許可をもらったので転載する。

ここから番組へ意見が送れるそうなのでやってみよう…
http://www.tv-asahi.co.jp/hst/bangumi.html
ユダヤは金持ってるから、ユダヤに肩入れしない報道はやりにくいってのは分からんでもないが、マスコミのあまりに偏った報道姿勢は市民の力によって是正していかなくてはならない。彼らにとってはアラブ人も東洋人も区別がついてないんだから、いつか矛先は日本にも向けられるぞ。
人気ブログランキング - 路上日記@なんで屋
================================================
報道ステーションのみなさまへ。

いつも貴重な特集を組んで頂き、ありがとうございます。

さて、今、私はイスラエル軍によるレバノンへの無差別攻撃で、子供たちの犠牲者が、大人を上回っている状況を深く心配しています。

国連が再三にわたって即時停戦を呼びかけていますが、その度にアメリカやイギリス政府がそれに抵抗し、「停戦合意」がとれなくなる理由がよくわかりません。

北朝鮮のミサイル問題でも意見がわれた国連安保理の「拒否権」についても、それはどのような意味があるのか、時代にそくしているのか、など詳しい特集を放送して頂ければ幸いです。

また、今回のイスラエル軍によるレバノンの無差別攻撃は、そもそも「ハマスとヒズボラが、イスラエル兵士を拉致したことが原因」と言われていますが、アメリカのサイト、『デモクラシー・ナウ』の7月14日のインタビューの中で、ノーム・チョムスキー氏は、その拉致の1日前に、パレスティナのガサで、イスラエル兵によって、パレスティナ市民(医師)とその兄弟の2名が誘拐されていた。とおっしゃっていました。

今回の攻撃の背景や最終的なねらい、イスラエル軍がパレスティナ占領下で行っていることなども、知りたいです。

先日イスラエル軍がガサへ投下した爆弾が、化学兵器ないしは放射線兵器だったとも伝えられていますが、もし、これが本当だとしたら、国際法違反であるばかりか、人類にとって、最大級の過ちではないでしょうか。

(なぜ、このように黙認され、話題にもされないのでしょう?)

1938年に、マハトマ・ガンジーが、ユダヤの人たちのパレスティナ移住に対して思慮深いコメントを発表しておられたそうです。

これらの歴史背景やネット情報を、フェアな番組作りに、少しでも役立てて頂けたら光栄です。ご参考になればご活用ください。

p.s.プロの技術でウラを取って頂けたら、それ以上に嬉しいことはありあません!これからも世界に誇れるような、フェアで、出来事の"つながり"がわかる報道番組を期待しています。


○ ノーム・チョムスキーさんの意見。
  http://www.democracynow.org/article.pl?sid=06/07/14/146258

○ それを日本語で要約しておられた方のブログ。
  http://popper.blog70.fc2.com/blog-entry-31.html

○ 今、パレスティナに滞在しているジャーナリスト大月さんのブログ。
  http://sawa.exblog.jp/
  大月さんの記事(東京新聞)
  http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20060725/mng_____tokuho__000.shtml

○ イスラエル軍がガザで化学兵器使用している。
  死傷者が異常な火傷。(Livedoor News)
  http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2191014/detail

○ ガンジーは1938年11月26日(イスラエル建国の10年も前に)、インドの『ハリジャン』紙に、「パレスチナは『アラブ人の土地』であり、ユダヤ人は無抵抗主義でアラブの理解を勝ち取るべき」、また、今住んでいる土地で、差別と戦うべきという趣旨の論文を発表していた。
   
  ★情報源 シオニズムを批判するユダヤ人の第6章(かなり下のほうです)
    http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd100.htm

○ たった今、地中海からとびこんできた情報です。(@o@)ノ
 「ネット兵士に後援されたイスラエル」
  http://www.timesonline.co.uk/newspaper/0,,174-2289232,00.html

"イスラエル外務省"から イスラエル軍のレバノン無差別攻撃を正当化するネット・アクションの方法を教えこまれ、多くのユダヤ人活動家、学生組合が、大掛かりにネット世論調査などを操作しているそうです。
=================================================


イスラエルは、アメリカから最新鋭の武器を手に入れ、情報戦でも大手メディアを資本力でねじ伏せて味方につけ、さらにはネット上でまでヤラセで情報操作。アメリカはイスラエルの虐殺を放置し、なぜかイランの核開発の危機ばかりを話題にする(http://reishiva.exblog.jp/5228952/←シバレイ氏のブログ)。

イスラエルは、民間人に対してクラスター爆弾白リン弾を使用しているらしい。さらに、最新兵器の実験もやっているとの噂もある。

市民の共認圧力でこのような非道な連中は封印していく必要があると思う。しかし、小泉首相はそんなイスラエルに肩入れしている。いったい何をしに行ったのか…これもほとんど報道されていないという→http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2006/07/post_4e65.html(画像はここからいただきました)。

追加。↓今こんなことが行われている。
====================================
“More time to Bomb.
Blair and Bush: Killing To Go On Until We Find A Plan”

和訳 「爆撃のためのさらなる時間
~ブレアとブッシュ:我々がプランを見つけるまで殺戮は続け
ろ」
http://www.informationclearinghouse.info/article14258.htm
(警告:一部きわめてショッキングな映像が含まれています)
=====================================


「ブログランキングranQ」と「人気ブログランキング」と「ブログの殿堂」に参加してます^^
            クリックで応援おねがいします!
      ↓               ↓             ↓
<ブログランキングranQへ> <人気blogランキングへ> 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


こちらもよろしく^^⇒自然科学系ブログ『Biological Journal』

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 日本のメディアが伝えないレ... | トップ | 「持続可能な平和」という詭弁 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
戦争って (RINGO)
2006-08-25 10:57:08
こんにちはなんて屋のHPからこのブログに飛んできました。



戦争っていつの時代も惨くて理不尽なことですよね

私はいつも思うのですが当事者同士の話し合いで解決しないものなのでしょうかね

許せないのが民間人を巻き込む特に子供。。。

何にも悪くない人が死んでゆくのは悲しすぎる

皆が許しあって愛しあってゆけば争いは無くなると思うんですが。。。綺麗事かもしれません、それぞれの事情があるかもしれません。。でも罪のない子供とか

民間人とか狙うのはどうかと思うんですけどね
真のテロリストは誰か (雅無乱)
2006-08-31 17:23:30
RINGOさん、コメントありがとうございます!



民間人を無差別に攻撃して虐殺するのは、国際法違反です。



しかし、アメリカはアフガンやイラク(特にファルージャ)で、クラスター爆弾や白燐弾といった残虐兵器を民間人に対して使用し、そしてイスラエルは、その同じ武器を使ってレバノンの一般市民を大量虐殺しました。



彼らを真のテロリストと呼ぶべきだと思います。



http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=129541



また見に来てください^^;)

コメントを投稿

雅無乱日記」カテゴリの最新記事