にほん民族解放戦線^o^

米帝→官邸→マスコミの洗脳による植民地状態からの脱却を考えてみるブログ♪主権を取り戻し、日本の未来を考えよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

電源特会に群がって原発推進キャンペーンをやった人々(マスコミ含む)

2011年04月07日 | 雅無乱日記

今日の東京新聞のコラムより

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2011040702000024.html


クリックで応援おねがい!
     ↓         ↓         ↓
 にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

=====================================================

筆洗(2011年4月7日)

庶民感覚で本質を突く本紙の時事川柳には、はっとさせられることが多い。

<専門家こんなにいたのに事故起こる>

<原発を薦めたタレント知らん顔>

その通り、と膝を打った

<マスメディア原発後押し一休み>

「原発ルネサンス」などと浮ついた言葉を吐いて、政府が進めてきた原子力政策に無批判だった新聞やテレビへの痛烈な批判と受け止めた

▼いま、こんなことを考えている。

殺人や汚職事件の取材にかける百分の一の労力を、政局の取材に使う百分の一の知恵を、プロ野球や五輪、サッカーのワールドカップの取材に向ける百分の一の情熱を、国の原発政策の監視に注いでいれば、この人災は防げたのではないか、と

▼大地震が起きた場合、原発が暴走する危険性を指摘するなど、原発問題と真摯(しんし)に向き合っている記者は本紙にもいた。残念ながらその警告は大きな流れにはならず、大半の記者は目の前の事象を追うのに精いっぱいで原発の危険性に大きな関心を寄せなかった

▼高レベル放射能に汚染された大量の水が海に排出され、漁業への被害も深刻化している。暴走する福島第一原発は解決の道筋が描けない迷宮に入り込んでしまったかのようだ

▼マスメディアとして、原発の「安全神話」をつくることに加担した責任を自らの手で問い直さなくてはならない。新聞の再生はそこから始まるのだと思う。

================================================

2008年10月19日に毎日放送系で放映された番組

「なぜ警告を続けるのか~京大原子炉実験所・“異端”の研究者たち」
 http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719#

この中で、京大の助教:今中哲二氏は、次のような意味のことを言っている。

「原発利権というものが存在する。国家予算が30年前くらいから年間5000億円くらいずつついているが、“電源特会”という名目で計上されている。」

この大金が、毎年、原発の研究費や原発を建設するゼネコンやメーカー、そして電力会社に流れている。

この金の流れを維持したい連中が、原発をどんどん作ろうとし、その連中をスポンサーとしているマスコミが、原発推進キャンペーンを煽っていったという構図だろう。

原子力利権に群がる産官学の“原子力村”の存在…

(もちろん、エネルギーを無限に使えればいいということでマスコミ煽られそれに騙された私たちも問題だが、)要するに、電源特会にあやかろうとする関連省庁や電力会社、メーカー(+彼らをスポンサーとするマスコミ)の連中が己の懐しか考えなかったことが、今回のように多くの人々を危険に陥れることになった直接の原因である。

原発の「安全神話」を作る片棒担ぎをした事を本当に反省しているなら(それを書いた記者は評価したい)、“プロ野球や五輪、サッカーのワールドカップの取材に向ける百分の一の情熱でもいい”。その情熱を、この利権構造を暴くことにかたむけてほしい。

 ブログランキング ドット ネット人気ブログランキング - 路上日記@なんで屋るいネット

http://twitter.com/cotecan

        


コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “なぜ警告を続けるのか-京大... | トップ | 4/9東京新聞の特報“水蒸気爆... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原発と在日米軍基地は似ている (雅無乱)
2011-04-09 02:25:39
「なぜ警告を続けるのか~京大原子炉実験所・“異端”の研究者たち」を見て思ったこと…

原発と米軍基地の構造は極めてよく似ている。

両方とも自分たちのところ(都会)には作りたくない(置きたくない)から、地方に押し付ける。

作った(置いた)地方の「推進派」の住民には利権と札束を渡して、「反対派」と争わせる。

原発や米軍が地元で雇用を創出し、地域住民の生活を組み込んで依存させ、抜け出せなくさせる。
破綻論 (白骨庵)
2011-04-12 14:37:47
マスコミが成熟することを期待するより、むしろ、逆説的に、既存マスコミが構造的に産業の広報機関以上のものにはなれないという認識をみなが持ったほうがいいのかもしれません。

常にスポンサー名を番組中に表示させるとかすれば多くの人がマスコミへの幻想を失うことになるでしょう。

コメントを投稿

雅無乱日記」カテゴリの最新記事