七曜工房みかん島

瀬戸内海の
しまなみ海道の大三島で
自力建設の家に住み
無農薬みかんを作り
木工をして
自給自足を目指して

木のバターナイフ  Wood Butter knife

2018年09月05日 | 木工

[バターナイフ] ブログ村キーワード

木のバターナイフ  Wood Butter knife

我が家では、いろいろな木のバターナイフを 20年以上も使い続けていて、

とても使い込心地がよく、優雅でほっこりとした気分になれるので

なくてはならないもののひとつになっています。

大三島に移住してからは 

自然の枝の形を生かしたナチュラルなみかんの枝のバターナイフを使っていたのですが,

在庫もなくなってきたので 今回は 雰囲気を変えて デザインも材も新しく作ることにしました。

  

 

 バターナイフ製作中 
   Butter knife In production

 木取り

 今回は広葉樹材の 
 サクラ、レッドオーク、ハードメープルを使用します。

  柄の部分は、旋盤挽き、刃の部分は、カット整形のため 
  木取った角材は、仕上り形からすれば、少しj太めの 
  20㎜×20㎜×180㎜です。

旋盤挽き
  バターナイフの柄の部分だけを 旋盤を使って
  丸く挽きます。

いとのこ盤でのカッティング

 

オイル塗仕上げ 乾燥

 柄の部分を旋盤で削り出し、刃の部分を糸鋸盤で切り出してから
 サンドペーパーで表面を仕上げ、最後にオイルを塗って仕上げます。
 オイルを塗ってから、極細目の耐水サンドペーパーでみがいて、
 布で拭き取ると、つるつるに仕上がります。
 オイルを塗ると、広葉樹の淡い色や木目が浮かびあがってきて
 とてもきれいです。

 

 出来上がりました 

 デザインは、刃先の
 ・三角タイプ ・丸いタイプ の2種類あります。
 

 持ち易く、木の温かさや優しさが感じられる
 丸く挽いた柄が特徴です。

 木の表面をよく磨いて、
 材の特徴をアピールしています。
 

  ・樹種上から レッドオーク・ハードメープル・サクラ
 ・左~刃先三角タイプ 右~刃先丸いタイプ

刃先三角タイプ 

刃先丸いタイプ

   木のバターナイフの詳細は 

     HP「木のクラフトと笛 七曜工房」をご覧ください。

 

 

『クラフト・ハンドメイド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« オリジナル横笛(木製)Origin... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

木工」カテゴリの最新記事