七曜工房みかん島

瀬戸内海の
しまなみ海道の大三島で
自力建設の家に住み
無農薬みかんを作り
木工をして
自給自足を目指して

船旅 ~アヲハタジャムデッキ ジャム作り~ 

2018年06月15日 | 大三島での生活

[忠海港] ブログ村キーワード

船旅 ~アヲハタジャムデッキ ジャム作り~ 

 

 大三島に移住以来、ほとんど島内でしか運転しなくなったので

   車で島外へ一人で出かけることは、怖くて できなくなりました。

  でも、最近 船で島外へ行けることを知りました

  これぞ 島暮らしの楽しみかもしれません。

 

 大三島の盛港まで車で行き、そこからフェリーに乗るのです。

   船上から大三島を見ながら、大久野島経由で忠海港に向かいます。

      

  大三島の盛港を出港です。                         大三島を船上から見ながら

 大久野島での停船中、うさぎが遊んでいるのが見えました  

30分程の船旅を楽しんだら、 広島県竹原市の忠海港へ到着です

   

 うさぎの島大久野島に途中止ります                    広島の忠海港へ 向こうは、広島本島です。

 「出船」 杉山長谷夫作曲 七曜工房作オリジナル横笛A管二重奏

 

 

  本日は、 アヲハタジャムデッキへ 工場見学とジャム作り体験です。

   

 アヲハタジャムデッキ

 アヲハタのジャム工場が、瀬戸内のすぐ近くにあることも知りませんでしたが、

 どこに行っても見かけて販売されているアヲハタジャムなのに、

 ジャム工場は 全国でここ一つだけで 総てここで製造されているということにも驚きました。

 至れり尽くせりのジャム作り体験では、 ジャム作りの新たなことも知ることができました。

 そして お土産には、自分で作ったブルーベリージャム4本と 

 ミックスジャム1本とジャムラテ作りの容器にボールペンとういう豪華さ  

 

 ジャム作り体験のブルーベリージャムは オリジナルデザインンの瓶です。

アヲハタジャムの販売コーナーもあったので 夫の好きな

”砂糖不使用の白桃とマンゴーとアンズのまるごと果実シリーズ” をお土産に購入しました。

 

 アヲハタジャムデッキの売店コーナー 

 予想はしていたのですが

  帰路の大三島へのフェリーの待ち時間が 運悪く2時間も 

  忠海港で お土産を見たり、それでも時間が余ったので

  

忠海港

 この機会に いつも胸にぶら下げているオカリナで

   持ち曲を増やすべく練習をすることにしました 

   忘れずに持参した楽譜を見ながら 

 

今日のブリーチは 桜の木の鳥のブローチ     もしかしたら、鴎(カモメ)に会えるかなと

 

「アメイジンググレイス」 アメリカ民謡  

 演奏 みかんの木のオカリナドレミかん笛テナー管

 

 

 みかんの木のオカリナの詳細は  こちら

 

 

『愛媛県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 金柑 キンカンジャム | トップ | 龍笛奏者芳村直也 10th Anni... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大三島での生活」カテゴリの最新記事