七曜工房みかん島

瀬戸内海の
しまなみ海道の大三島で
自力建設の家に住み
無農薬みかんを作り
木工をして
自給自足を目指して

陳皮餅

2009年12月30日 | 無農薬柑橘の加工品

[みかん] ブログ村キーワード

愛媛県の郷土料理に、みかん餅があります。

みかんを丸ごともち米にほうりこんで搗くのです。
お餅とみかん 酸っぱくて、甘い、フルーツ餅 

大三島に住み始めてすぐの頃に、食べたくて、
「お餅に生のみかんをほうりこんで搗きゃ~いい」
と聞き、作ったのですが

お餅が柔らかくべとべとになり、のびてしまって、
丸められずに、形にならない、みかん餅になりました。


 それ以来、我が家の オリジナルみかん餅は 
      
    無農薬みかんの皮で作った
    手作り”陳皮餅”になりました。


蒸し上がったもち米に、陳皮を好みの量入れて搗くだけです。



ちょっと勇気がいりますが、



少しずつ、適当に、好みで入れながら、搗けばいいのです。



手軽にできて、冷凍もできて、日持ちもして 
みかんの香りのする、きれいなみかん色のお餅 

上が、白餅 下が 陳皮餅です。


焼いて砂糖しょう油で食べたり、
あべかわ餅のように、砂糖きな粉で食べたり、
水炊きに入れても、美味しいです。



山形から、陳皮餅を搗きましたとのお便りをいただきました。
米どころにお住まいの風の雑記帳さんの作られるお餅は、
まん丸で綺麗 さすがです。
我が家の、いびつなお餅とは大違い




只今ストーブで、黒豆を煮ています。
  千切り陳皮を入れてみました。



愛媛の郷土料理では、
 大豆の五目煮に、みかんの皮の千切りを入れるそうです。

 今年は、みかんの香りのする黒豆です。




みかん餅のレシビ 見つけました。
・みかんは丸々皮ごとともち米と一緒に蒸す。
・蒸し上がったら、皮ごと、一緒に搗く。
・砂糖を入れると、餅が軟らかくなる。

再挑戦したくなってきました。


 

手作り陳皮は、こちら
  「ハーブ&クラフト・七曜工房」をご覧ください。

コメント   この記事についてブログを書く
« 燻製作り | トップ | 大晦日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

無農薬柑橘の加工品」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事