ナナッテ先生のおせっかいブログ

自己実現のために……

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

辞書の置き方(立て方)

2014年05月17日 | 受験勉強
皆さんは辞書を本棚にしまう時どうしてますか?

右のようにケースに入れて立てる人が多いでしょうね。私の流儀は左です。違いが分かりますか?

辞書本体とケースが直角になってますし、辞書を逆さまに入れています。直角に入れることで、取り出す時間としまう時間を短縮できます。逆さまにしておけば、手元に来た時に正しい位置で開きます。

目指す単語に素早くアクセスできるので学習効率を高めることができます。また、ケースの長辺に対して辞書の短辺をあてるので、ストレスなく収納できるので便利です。加えて、ケースの設置面積が広くなり踏ん張りが増して、1冊でも机の立たせることができます。

お試しあれ・・・

ナナッテ 2014/05/17
コメント   この記事についてブログを書く
« 毎回の授業をチェック | トップ | デュアルタスク »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

受験勉強」カテゴリの最新記事