鉄道模型一時

主に「鉄道模型」関連の記事を投稿いたします!

「鉄道模型一時」 ご訪問くださり、ありがとうございます!

★最新の鉄道模型レイアウト紹介動画です♪
【鉄道模型】レイアウト紹介8!飽きにくいレイアウトプランとは?固定式?お座敷?/トワイライトエクスプレス瑞風、ななつ星in九州、ブルートレインあさかぜ、蒸気機関車8620等【走行動画】
YouTubeさんで視聴

★販売中!KATO「ワフ29500」室内灯と荷物室側尾灯追加車両、2色LED付きレール等!
★販売ページは、以下のURLです!
https://marchel.goo.ne.jp/nanatsuiro



★ほのぼの恋愛小説「翠碧色の虹」の制作も行なっております♪
YouTubeさんで視聴

※「鉄道模型一時」に関するご注意・ご留意事項
本ブログ内で記しております「分解・加工・改造」は、全て自己責任で行なっており、実施した時点でメーカー様の保証を受けられなくなります。
従いまして、本ブログ内の記事をご参考にされ、同様の事を行なわれた場合、当方は、その責任を負えませんので、十分ご留意くださいませ。



◆鉄道模型、ターンテーブルのスイッチが利き難くなった時の話

2019年11月30日 19時25分25秒 | 鉄道模型、メンテナンス
TOMIXさんの自動ターンテーブルは、コントロールボックスの「POSITION」ボタンで回転させる事が出来ます。

このボタン式のスイッチの左側(左回り/反時計回り)の反応が悪くなってきました。

2019.11.24.の記事
◆鉄道模型、TOMIXさんのターンテーブルは気難しい製品です。

でも、ターンテーブルについて記しておりますが、今回は明らかにコントロールボックスの不具合です。TOMIXさんに電話で問い合わせると---

『ターンテーブル一式を送って貰う必要があります』

・・・なんですと!?

既にレイアウトに固定しており、全て外すのはとても手間が掛かる・・・ターンテーブル一式を送るのは避けたい・・・というかイヤ(苦笑)。

『お客様のターンテーブル(品番:1621)は、生産終了となっており、修理対応も出来るかどうか拝見してみなければ分かりません。コントロールボックスは現行製品との互換性もありません』

現行製品のターンテーブルには回転部にLEDが追加された為、その為の信号線がひとつ増えたのかなと勝手に解釈いたしました。

TOMIX:TCS電動ターンテーブルⅡ N-AT212-15(F)
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/1633.html

「では現行製品と買換えになるのですか?」

『はい。そうなります』

な・・・なんですとぉっ!?

「現行製品への置き換えも検討してみます・・・」

というようなやりとりがありました。

TOMIXさんのレールグループの中では高価な製品であるターンテーブル。そう簡単に買い換えなんて出来ません。コントロールボックス内部のスイッチがヘタっているだけの事・・・分解メンテ決定・・・いえ、これは修理です。

コントロールボックスを開けると、すぐに目的のスイッチに辿り着きました。

同じ形式のスイッチを調べると、下記のスイッチが使えそうです。

品名:12mm角タイプ タクトスイッチ
型番:KHC10901

共立エレショップさんの下記のページで入手可能です(2019.11.30.現在)

共立エレショップ:12mm角タイプ タクトスイッチ(型番:KHC10901)
https://eleshop.jp/shop/g/gE1V361/

今後の事も考え、上記のスイッチを4個購入、今回は2箇所とも交換いたします。

サクッとスイッチを交換して、特に問題無く動作するようになりました。
定価で2万円程度する製品の修理は、技術料や点検料、部品代と送料などで5~8千円くらい見積もられるでしょう。そして、修理期間中、その製品が手元に無いわけですから使えない事も挙げられます。

今回、修理で交換したスイッチは1個63円、送料が120円でした。
鉄道模型を末永く楽しむ為には、少々のトラブルなら自力で対応できるように心得ておく必要があるかも知れません。

本当は、そう簡単に故障しない高い信頼性のある製品である事が望ましいです。
当方のターンテーブル・・・現在は問題なく動いてくれているようですが、次にここで取り上げる時は、メンテ記事ではなく、蒸気機関車で取り囲まれた本来の姿である事を願っております(苦笑)。
※問題なく動いている間にさっさと撮影するべき

本記事の自力修理は自己責任です。当記事をご参考にされ、同様の修理を行なわれた場合、当方はその責任を負えませんので十分ご留意くださいませ。

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、TOMIXさんの線路の販売方法について

2019年11月29日 19時23分23秒 | 鉄道模型、全般記事
セット販売は余らせる商法?

世の中にはセットで販売される商品は沢山あります。商品でなくても中途半端に余らせて継ぎ足さそうとする販売戦略(というよりも姑息な手段?)がありますね(苦笑)。

2019.11.28.の記事

◆鉄道模型、TOMIXさんの線路の種類について

で、TOMIXさんのレールの仕様変更について記しましたが、もうひとつ、販売方法も変わりました。

私が鉄道模型を始めた時は、レールの道床の色は茶色でした。この茶色道床レールは1本単位で自由に購入できました。ところがその後に登場した道床の色がグレーのレールは、ポイントレール等の特殊なレールを除き、2本単位で販売されるようになりました。これによって、固定式レイアウトプランによっては事前に必要なレールの数を計画/把握していてもレールが余ってしまう可能性が出できたわけです。

2019.11.26.の記事

◆鉄道模型、カーブポイントをレイアウトに追加しようと思って…

2019.11.06.の記事

◆鉄道模型、レイアウトの外回りにもう1本待避線を追加したいけど…

にて、当方の固定式レイアウトを変更しようと計画をいたしました。
手持ちの余っているレールに対して足りないレール類は、

S18.5 x2
S33 x3
S280 x4
C243-45 x2
C280-45 x2
C354-45 x4
CPL317/280-45 x1
CPR317/280-45 x1
ポイントコントロールボックスN-W x1
ポイント用延長コード x1

になります。「カーブポイントレール」と「ポイントコントロールボックスN-W」は既に購入済ですので主に基本的なレールが追加で必要になります。

・・・で、久々に基本レールを購入しようとして、標題の4セット販売にぶつかった訳です。4本必要な場合は良いのですが、2本だけ必要な場合でも4本で購入しなければならないのは無駄です。
ポイントレールと違って、基本レールは最初に不具合が無ければ、レイアウトに固定後、そう簡単に使えなくなる事は無いので、予備として取っておく必要も無さそうです。

しかし、茶色道床レール、グレー道床レールの販売終了や、ファイントラックの見た目が大きく異なる仕様変更がされた事を考えると、入手したレールは手放さないでとっておく方が良いのかなと思わされたり・・・それも含めての販売戦略だとしたら凄いなと思う次第です。

無駄を生まない為に、単品販売の復活と、茶色道床レールの復活を望みます。

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、TOMIXさんの線路の種類について

2019年11月28日 19時33分23秒 | 鉄道模型、全般記事
TOMIXさんのレールシステムは、ポイントレールの種類が豊富であるという事はよく聞きますが、普通のレールに関しても種類は多いです。

線路の規格(形状)が同じでも、見た目の違いによる種類も豊富です。

画像より

1.茶色道床(販売終了)
2.グレー道床(販売終了)
3.ファイントラック旧(流通在庫のみ)
4.ファイントラック新(現行品)
5.PC枕木(現行品)
6.スラブ(現行品)

その他、当方は所有しておりませんが、ワイドPCレールや、ワイドトラム(路面併用軌道)もあります。

「3」「4」のファイントラックについて、ある時期から、道床の素材と塗装方法が変更されています。ファイントラック旧は道床の素材が大理石のように1色ではなく、枕木は非光沢塗装です。一方、ファイントラック新は道床の素材が1色で枕木の塗装に光沢が見られます。

ファイントラック旧同士でも画像左下のように、道床や枕木の塗装色に違いが見られます。

ファイントラック旧と新は、「ロットぶれ」と言うには大き過ぎる変更のように思えます。

私はどちらが好みかと問われれば「ファイントラック旧」の方です。その理由は画像右下のように線路を低い角度で眺めると、ファイントラック旧は枕木の側面も塗装されているのに対し、ファイントラック新は元のグレーの素材色のままで塗装がされていません。

茶色道床の頃からずっと枕木の側面まで塗装されていたのに、何故現行品では枕木の側面塗装を廃止したのでしょう? 製造コスト削減という理由であれば切ないです。

TOMIXさん公式ページ:ファイントラック
https://www.tomytec.co.jp/tomix/nyumon/finetrack/top.htm

上記URLの下記内容、

TOMIXさん公式ページ:ファイントラックの特徴
https://www.tomytec.co.jp/tomix/nyumon/finetrack/ft_merit.htm

に記載されている下記について、

●道床のバラスト部分には3色を使用、まくら木全体も塗装で再現し、外観的にも優れたレール。

「まくら木全体も塗装で再現し」に関しては、ファイントラック新(現行品)では実現できていないと思います。

走行動画の撮影時、低いアングルで撮影すると、ファイントラック新の枕木側面未塗装レールは不自然に見えますね。

製造方法変更は「改良であるべき」だと思います。コスト削減は、仕様や外観の違いをユーザーに気付かれないように行なうべきだと思いますが、如何でしょうか?

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、カーブポイントを施設する前に・・・

2019年11月27日 19時25分25秒 | 鉄道模型、メンテナンス
TOMIXさんかKATOさんか・・・カーブポイントを使いたければTOMIXさんになりますが、TOMIXさんのポイントを使う場合、不転換(切り替わらない)と通電不良個体に当たる可能性は決して低くなく、それをメンテナンス(内部の集電部品の調整)で使える状態に自力で出来なければならないのが現実です。

新品を購入して、動作不良個体に当たった場合、初期不良として交換して頂くのが最も良い方法ですが、それによって今日、今すぐに使おうと思っていた計画が崩されてしまいます。
使用し始めて、二週間後くらいに不具合が発生し、初期不良交換ではなく修理扱いとなった場合は、数週間程度そのポイントレールが無い状態・・・「おあずけ」となります。レイアウトの本線に使用しているポイントだった場合、車両の走行に大きな制限が掛かります(往復運転ですか?)

とても残念で心苦しく申し上げにくいことですが、現在のTOMIXさんのポイントレールの信頼性は、それほど高くありません。値段は高価ですが、その値段と製品の耐久性/信頼性のバランスが取れていないように思えます。

標準では直流12Vで切り替えを行ないますが、直流24Vで切り替える「TCSハイパワーポイント電源N」が発売されている事を考えると、以降のパワーユニット新製品はポイント用として直流24V出力仕様にする方が良いと思います。

TOMIX:TCSハイパワーポイント電源N
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/5529.html

ポイントの不転換は、24Vでかなり改善されるかも知れませんが、駆動コイルへの負担は大きくなるので、12Vよりも耐久性は低くなると思います。
24Vでポイントの切り替えを高速に行なうと駆動コイルが焼き切れるかも知れません・・・まあ、切り替えに1秒以上間隔をあける事が説明書にも記載されており、それを守れば問題ないのでしょう・・・いえ、12Vでも守るべきことです。

しかし、通電不良は、内部の導電部品に依りますので、ここの調整が甘いと通電不良、辛いとそれが摩擦抵抗になり不転換となります。24V駆動の方が摩擦抵抗に強くなり安定動作する幅は強くなります。

さて、仕業検査の如く、新品であっても分解クリーニングを実施しなければ安心できないTOMIXさんのポイントレール郡・・・。

2019.11.07.の記事

◆鉄道模型、TOMIXさんのポイントレールは「固定式レイアウト泣かせ」

にも記したとおり、TOMIXさんのポイントレールは購入直後でも切り替わらない、通電しない、という事が結構起こります。
従いまして、私はTOMIXさんのポイントレールが新品であっても安定/確実に動作する製品であるとは思っておりません。勿論、個体差もあり、購入時から全く動作に問題の無い個体もありますが、上手く動作しない個体がある以上、新品購入であっても、そのままレイアウトに固定してしまう事はできません。レイアウトに固定した後、動作不良を確認すると・・・気が滅入ります。

ポイントを固定しない、いわゆる「お座敷レイアウト」なら、すぐに調整に・・・という事ではなく、そもそもそう簡単に動作不良とならないような製品であってほしいと願ってやみません。

この度、当方が購入したカーブポイントレールは、動作と通電に問題なかったのですが、「ポイントコントロールボックスN-W」でふたつ同時に切り替えると、ひとつが不転換を起こす事がありました。不転換を起こすポイントのみを接続して切り替えると、特に問題は無い事から、「ポイントコントロールボックスN-W」を使ってふたつのポイントを同時に切り替えるには、より切り替え摩擦抵抗が少なくなければならないのでしょう。

TOMIX:ポイントコントロールボックスN-W
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/5532.html

・・・で、この際なので、写真のように2個とも分解、クリーニング、2個同時切り替えが問題なく行なえるように内部の導電部品を調整、動作確認を行いました。今回も室内灯付き車掌車が大活躍です!(ぉぃ)

写真でポイントレールの裏面を見ると、基盤の色味(素材の透明度)が異なるようです。ロットの違いでしょうか?
改良や仕様変更で、より確実で信頼性の高い製品へと進化してくれる事を望みます。

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、カーブポイントをレイアウトに追加しようと思って…

2019年11月26日 19時33分33秒 | 鉄道模型、レイアウト
やはり、公式のレール規格図に落とし穴がありますね。

TOMIXさんのファイントラック、完全選択式カーブポイントを購入いたしました。パッケージ裏面を見ると・・・


2019.11.04.の記事
◆鉄道模型、TOMIXさんのカーブポイントの落とし穴

でも記したカーブポイントの「半径317mmのカーブレールと半径280mmのカーブレールを約2度の角度をつけて重ねたような形状」であるという記載がありません。
写真下にパッケージ裏面に記載の「レール規格」を抜粋していますが、左右とも「45度/45度」と、あたかも綺麗に接続できるかのような印象を与えてくれます。
私もこの記載を信じてしまって、レイアウトに歪みが生ずる原因が分からなかったのです。

「このポイントは使い方をよくご理解のうえご使用ください。お客様独自でお考えのレイアウトに使用する場合のご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。」

カーブポイントを使用してレイアウトが歪んでも、それはお客様独自でお考えのレイアウトの事なので、レイアウトが歪む原因についてお答えできません・・・という事なのかと思っておりました。

「このポイントは使い方をよくご理解のうえご使用ください。」

とありますが、レールの規格図に2度の角度を付けている事の記載がないと、理解のしようがありません。

カーブポイント自体はとても素晴らしい製品で、私がTOMIXさんのレールシステムを選んだ理由のひとつです。そして、「ポイントコントロールボックスN-W」を使えば、一度の操作で2個のポイントが同時に切り替えられるのも、TOMIXさんの強みです。

2019.11.06.の記事
◆鉄道模型、レイアウトの外回りにもう1本待避線を追加したいけど…

に記した、当方固定式レイアウトの外回り線の駅に、もう1本待避線が設けられるかどうか・・・設けられるといいなという段階です。カーブポイントの歪みがありますので、現物合わせで実現可能かどうか試してみて、それから実際にレイアウト変更を行ってみようと思います。

現物合わせで上手く出来なかったら・・・未使用ポイントレールが増える事になりますので、なるべく履行・・・できれば強行いたしたく考えております(苦笑)。

レイアウト手前側(画像下側)は、ポイントレールや信号があり配線も動かす必要がある為、なるべく手を加えたくないないのが本音なのですけど(悩)。

カーブポイントレール以外にも、端数レールや、ポイント用の延長コードが必要になりますね・・・結構大掛かりな変更になりそう・・・。

固定式レイアウトをお持ちのお方は、結構レイアウトをご変更なされておられますか?

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、お勧めのパワーユニットは?

2019年11月25日 19時33分23秒 | 鉄道模型、全般記事
鉄道模型の話題で度々上がる「TOMIXかKATO」かという質問。それに対して答えを決める事自体、粋ではないと思いますが、標題のとおり、パワーユニットに関しては、
目的によってお勧めがあると言えます。

当方所有TOMIXさんのパワーユニット「N-DU101-CL」と「N-1000-CL」です。

※画像は2019.11.19.の記事「◆鉄道模型、TOMIXさん「N-1000-CL」の出力電圧は常に12V!?」の使い回しです

私はTOMIXさんのレールシステムと制御機器でレイアウトを作成しておりますが、パワーユニットを「N-1000-CL」から「N-DU101-CL」に変更した時、列車の「思うように止まれない」運転の面白さを改めて実感し、このような運転を味わいたいのなら、TOMIXさんのパワーユニットをお勧めという事になります。

一方、速度に連動した走行音を楽しみたいのなら、KATOさんのコントローラーシステムがお勧めになります。

KATO:サウンドボックス
https://katomodels.net/soundbox/


TOMIXさんにも速度に連動して走行音が鳴るコントローラー「N-S2-CL」がありますが、とても高価な上、現在は製造も終了しており、メーカー修理対応も完了ですので故障しても修理出来ない状態です。

TOMIX:TCSパワー&サウンドユニットN-S2-CL
https://www.tomytec.co.jp/tomix/world/s2/index.html

パワーパックとレールシステムはTOMIXさんKATOさんで、それぞれ異なりますが、線路に関しては両者から発売されているジョイントレール、ポイントレールに関してはTOMIXさんの「ハイパワーポイント電源N」、KATOさんの「Nゲージ どこでも電源コネクター」を用いれば無改造で双方を組み合わせる事が出来ます。

TOMIX:ジョイント線路
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/1529.html



KATO:ジョイント線路
なぜか、公式ページで製品情報を見つけられず…


TOMIX:TCSハイパワーポイント電源N
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/5529.html


KATO:どこでも電源コネクター
https://www.katomodels.com/product/p/dekodemo_connector
※URLがdekodemo・・・デコでも!?


鉄道模型のパワーユニットは、長い期間お世話になる事になりますので、基本的にはしっかりとした製品がお勧めです。

TOMIXさんで言うと、「TCSパワーユニットN-600」から上のグレード製品がお勧めです。「N-600」は入門用としては出力容量が1Aもあり、価格面でもお求め安い製品でお勧めです。常点灯用のアジャスターは無いものの、PWM方式の為、微調整で列車停車時のライト点灯は可能らしいです。
本格的な常点灯を求めるなら、ひとつ上の「N-1001-CL」になります。
列車の運転のような加速、減速を楽しむなら「N-DU101-CL」、2ハンドルタイプの「N-DU204-CL」になります。

TOMIX:TCSパワーユニットN-600
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/5507.html

TOMIX:TCSパワーユニットN-1001-CL
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/5506.html

TOMIX:TCSパワーユニットN-DU101-CL
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/5517.html

TOMIX:TCSパワーユニットN-DU204-CL
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/5518.html


現時点でのコストパフォーマンスでは「N-600」が一番優れていると思います。

これから長い間、鉄道模型を楽しむつもりでしたら、「N-600」よりも下のグレードのコントローラーは、後に買い換えか買い足しを迫られる事になるかも知れません。

「N-1000-CL」から「N-DU101-CL」に変更した私が言うのは説得力が無いかも知れませんけど・・・OTL

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、TOMIXさんのターンテーブルは気難しい製品です。

2019年11月24日 19時27分23秒 | 鉄道模型、メンテナンス

蒸気機関車を何両か持っていると、レイアウトに加えたくなるターンテーブル(転車台)・・・TOMIXさんのレールグループでは高価な製品になります。このTOMIXさんのターンテーブルの歴史は結構長いようで、改良や仕様変更の度に回転部分の色が変わっております。個人的には赤や緑が好みですが、私が購入した時は、写真のように水色の製品でした。手動のターンテーブルも存在しました。

現在は「ターンテーブルII」となり、回転部分はグレー色、そして黄色いLEDが追加され、回転中に点滅するようです。

TOMIX:TCS電動ターンテーブルⅡ N-AT212-15(F)
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/1633.html

この黄色いLEDの点滅、私は面白いなと思ったのですが、人によっては「模型らしくない」と思われるかも知れませんね。

私の所にあるターンテーブルは、時々何かに引っかかって動かなくなります。原因は全く分かりません。一度引っかかって動かなくなると、手ではどうする事も出来ず(無理に回転させると破損の恐れがありますので)、そうなった場合は周りのレールブロックを外し、回転部中央のネジを外し、写真下のように取り外すのですが、特に駆動ギヤに何かが噛み込んでいる様子もなく、そのまま取付けなおすと、何事も無かったかのように動作するようになります。

TOMIXさんのターンテーブルは「動作音が大きい」や「周りにネジが見えている」等と言われておりますが、周りのネジがなかったら、動かなくなった時とても困りますので、このネジはその為にあるのかとさえ思えます(違)。
本来は、ある程度自由に線路とレールエンドの位置を変えられるようになっているのだと思います。

動かなくなった時がメンテナンス時なのかと思って、その都度内部のクリーニングを行っておりますが、実際に蒸気機関車を乗せて回転させている印象よりも、メンテナンスを行っている印象の方が強いです(苦笑)。

当方の固定式レイアウトでは「リバース線」の一部にターンテーブルが組み込まれておりますので、専ら写真左上の位置で動かさない事が多く、ターンテーブル上を長編成列車が通過する印象が強いです。

いずれ、ターンテーブルの周りをいくつかの蒸気機関車が囲み、蒸気機関車が回転する本来の姿の動画も撮影したいと思います。

固定式レイアウトの本線上に、ターンテーブルを設置なされておられるお方は、いらっしゃるのでしょうか?

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、フラノエクスプレスの走行動画です!(走行動画あり)

2019年11月23日 19時25分25秒 | 鉄道模型、走行動画

走行動画ありの記事です! 今回はCGでの走行シーンも制作いたしました!

2019.11.22.の記事

◆鉄道模型、フラノエクスプレスの模型をCG化、走行アニメ制作中…

に記しましたとおり、走行動画をYouTubeさんにアップロードいたしました。

【鉄道模型】フラノエクスプレス(CG走行アニメあり)【走行動画】
Youtubeさんで視聴


今回の動画は、フラノエクスプレスが北海道の車両ですので、同じく北海道を走行している列車、183系の「スーパーとかち」と「北斗」も共演として一緒に撮影いたしました。
「スーパーとかち」と「北斗」・・・同じ183系とは思えないくらい見た目が異なりますね。

フラノエクスプレスのヘッドライト、テールライトは「常点灯対応プリント基盤」に交換済みですが、現在のLEDに比べると光は控えめです。
事前に動力車の分解メンテナンスを行ないましたので、旧動力(スプリングウォーム伝達方式)にも関わらず、比較的滑らかな走行状態を撮影する事が出来ました。
今までは撮影中に走行不良と出くわし、撮影後にメンテを行なっておりましたが、本来は撮影前にメンテを行うべきです(苦笑)。

普段から色々な事を行ないたいと思ってはおりますが、今回はとても疲れました。
動画の再生数もそんなに伸びないでしょうから、二度と走行アニメCGの制作は行なわないかも知れません(苦笑)。
#再生数が伸びれば再検討いたします(ぉぃ)

CG制作で「効率よくレンダリング」というような事を記しましたが、再生数が見込めないものに多くの時間と労力を費やすのは良い傾向とは言えません。
趣味として楽しめているのなら良いのですけど、「楽しみ」よりも「しんどい」が上回ると本末転倒です。

CGでは、フラノエクスプレスの運転席の後に、恐らく実車にはない柱のような物があります。これは、鉄道模型では上側のヘッドライトに光を導く為の部品があり、それをそのまま再現してしまった為です(苦笑)。その他、色々と突っ込み所はあります・・・ポリゴンの面が一部飛んでいたり、Zソートが上手く出来てなくオブジェクトがちらつく等は、アニメーションを生成してから気付きましたが、もう再レンダリングを行なう気力は無いです・・・OTL

まあ、今回は以前に制作していたCGが活用できて良かったかなと思います。

2020.10.24.追記
自作テープLED室内灯を装備させたフラノエクスプレスの走行動画です!

【鉄道模型】稀な現象発生!TOMIX フラノエクスプレス 自作テープLED室内灯装備、非装備状態と比較、夜間走行あり【走行動画】
YouTubeさんで視聴


WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、フラノエクスプレスの模型をCG化、走行アニメ制作中…

2019年11月22日 19時23分23秒 | 鉄道模型、全般記事

鉄道模型の走行動画に少し変わった要素を加えたいと思い、過去に制作していたCGデータより走行アニメーションを制作中です。

2019.11.21.の記事

◆鉄道模型、フラノエクスプレスの模型をCG化

の続きです。

フルHDの60fpsで制作するとなると、現在の制作環境「Corei7 3.4GHz/メモリ:32GB」でも、なかなか時間が掛かるようです・・・これは当事のCG制作ソフト「Shade」が、マルチスレッド数4までとか対応していない事も影響しているかも知れません。

CG画像1枚を演算生成するのに3~7分、平均5分程度を要しました。

CG用の走行は「鉄橋」と「都市近郊のカーブ」の2場面を用意。それそれ、600フレームの10秒分で、1200フレームをレンダリング演算いたします。

画像はテスト用にレンダリングを行い、最終イメージのコンテとしております。背景がかなり適当ですけど、私の固定式レイアウトも同じように簡素です(苦笑)。

レンダリングに関して、列車と関係の無い動かない背景を毎回レンダリング演算しているのは効率が悪いように思えました。しかし、レイトレーシングによる影や、映り込みによる反射が動かない背景にも影響を与えており、それが何処まで波及するか分からない為、全てレンダリングを行なうのは仕方がない事なのかも知れません。効率を考えると、それらの影響をしっかりと分けて、別々にレンダリングを行なえば良いのでしょうね・・・。
一番遠景の背景は別に用意して合成いたします。

レンダリング中はパソコンが頑張ってくれているので、私はその間にこの文章を打っていたり、フラノエクスプレスの鉄道模型の走行動画を録画したりしております。

素材が全て揃いましたら、走行動画として投稿いたします♪

今回もCGの話題になりましたが、一応、鉄道模型関連という事で・・・。

2020.10.24.追記
フラノエクスプレスの走行動画(室内灯非装備)です!

【鉄道模型】フラノエクスプレス(CG走行アニメあり)【走行動画】
YouTubeさんで視聴


自作テープLED室内灯を装備させたフラノエクスプレスの走行動画です!

【鉄道模型】稀な現象発生!TOMIX フラノエクスプレス 自作テープLED室内灯装備、非装備状態と比較、夜間走行あり【走行動画】
YouTubeさんで視聴


WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、フラノエクスプレスの模型をCG化

2019年11月21日 19時23分23秒 | 鉄道模型、全般記事
フラノエクスプレスのCG制作を行ったのは随分以前になりますが、鉄道模型の走行動画にCGも加えてみようと思い、再活用してみる事にしました。

画像上がCGで画像下が鉄道模型の写真になります。

2019.11.15.の記事

◆鉄道模型、TOMIXさんのフラノエクスプレスは謎の多い製品です

と、2019.11.16.の記事

◆鉄道模型、TOMIXさん、フラノエクスプレス動力車の謎

にて取り上げましたTOMIXさんの「ラストラン フラノエクスプレス(品番:92910)」という製品。この記事を記しながら購入当時の事を色々と回想していると、過去にこの模型を参考にCGを作っていたなと・・・今まで鉄道模型の走行動画をいくつか撮ってまいりましたが、このCGのフラノエクスプレスを活用できれば、今までとは少し違った走行動画になるかも知れないと考えました。

CG制作当時のパソコン環境は「PentiumIII 600E Mhz/メモリ256MB」と今から見るととても非力ですが、当時はハイエンドな環境でした。

模型を見ながら、第三角法による三面図を起こし、モデリング(立体化)を行なってゆくのですが、現在のCG制作のようにリアルタイムレンダリングは難しく、ワイヤーフレームベースで、最終的にレンダリングという手間のかかる制作方法でした。

画像上のCG(レイトレーシング)を1枚演算、生成するだけでも結構な演算時間を要したと思います。
画像下の模型は、Y字ポイントが写っている事からもお分かり頂けるかも知れませんが、CG制作当時ではなく、つい先日撮影いたしました。

当時は、アニメーションのようなコマ数が必要なCG制作は厳しかったのですが、現在はパソコンの処理能力が当事より遥かに良くなっておりますので、フルHDの60fpsで走行アニメーションを制作してみたいと思います。

CGの話題になりましたが、一応、鉄道模型関連という事で・・・。

2020.10.24.追記
フラノエクスプレスの走行動画(室内灯非装備)です!

【鉄道模型】フラノエクスプレス(CG走行アニメあり)【走行動画】
YouTubeさんで視聴


自作テープLED室内灯を装備させたフラノエクスプレスの走行動画です!

【鉄道模型】稀な現象発生!TOMIX フラノエクスプレス 自作テープLED室内灯装備、非装備状態と比較、夜間走行あり【走行動画】
YouTubeさんで視聴


WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、再生産される車両とされない車両の差って!?

2019年11月20日 19時23分23秒 | 鉄道模型、全般記事
TOMIXさんの189系(あさま)の増結セット(品番:92436)を結構長い間探しているものの、未だに入手できていません。

189系(あさま)の基本セット(品番:92434)の車両ケースには、あと2両収納できる「誘惑の空きエリア」があります(苦笑)。

この「空きエリア」を埋めたいと思いながらも、車両がなかなか売っていない(適正価格で購入できる新品という意味)ので、このままになっております。

489系(あさま)の増結セットを「空きエリア」に詰め込んで代用しようかと思ったりもしましたが、色は同じでも屋根上が結構異なるようです。


そもそも、189系と489系の違いすらよく理解していないので「代用」という事を思いついたのでしょう・・・少し調べてみると、直流と交流の違いのようです。言われてみれば、交流の電車の屋根上(パンタグラフ周り)は色々と複雑な形状をしていますね。

TOMIX:189系特急電車(あさま)基本セット
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/92434.html
TOMIX:189系特急電車(あさま)増結セット
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/92436.html

189系(あさま)の増結セット(品番:92436)が2セットでフル編成となるようですが、

2019.10.26.の記事

◆鉄道模型、列車の編成に拘る方ですか?

でも、記してますとおり、車両ケースの空き2両を埋めるために189系(あさま)の増結セット(品番:92436)を1セットあれば良いかなと思っております。

189系(あさま)の車両が再生産されないかなーと思っておりましたところ---

先月、TOMIXさんより「189系電車(N102編成・あさま色)セット」が再生産されました。

TOMIX:189系電車(N102編成・あさま色)セット
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98637.html

これに合わせて2両の増結セットも出るかなと思ったりしましたが、それは無かったみたいです・・・。
再生産された「あさま」は「N102編成」と記されており、当方所有の製品とは異なるようで、このセットだけでフル編成のようです。

品番:98637の「N102編成」が再生産されて、品番:92434や、品番:92436が再生産されないのは何故なのでしょう?
当然、売れそうな車両から再生産されるのでしょうけど・・・

この度、再生産された「N102編成」を購入して中間車を共有・・・いや、やめておきます(苦笑)。

品番:92436の再販を気長に待つか、のんびり探すかにいたします。

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、TOMIXさん「N-1000-CL」の出力電圧は常に12V!?

2019年11月19日 19時33分33秒 | 鉄道模型、全般記事

TOMIXさんのパワーユニット「N-1000-CL」の線路への出力を電圧計で測定すると12Vと表示され、ダイヤルつまみが9時の方向から最大出力まで一定の電圧がかかっているようです。しかし、列車の速度は9時の方向くらいからゆっくりと動き出し、最大方向に従って列車の速度も速くなってゆきます。これは「PWM制御」と呼ばれる方式で、一定の間隔で電圧のON/OFFが繰り返されており、出力が大きくなるほど、ONの時間が長くなる・・・と言うのでしょうか。常点灯に対応したライトは、このPWM方式による制御でモーターよりも早く反応する事で実現しています。

写真左側、「N-DU-101-CL」もTOMIXさんのパワーユニットで、PWM制御だと思いますが、この製品は常点灯用アジャスターが備わっており、このダイヤルつまみを回すと出力が6Vくらいまで上がります。これは0V~6Vまで電圧計の数値も変化しますので、同じPWM方式でも出力方法が異なるという事になりそうです。

「N-DU-101-CL」は加速と減速にマスコンハンドル(って言うのでしょうか?)を操作しますが、この操作によって加速では電圧が徐々に上がり、減速では電圧が徐々に下がります。非常の場所(EB)では電圧が一気に下がりますが、その場合でも常点灯用アジャスターが優先される為、常点灯用アジャスターで走行させている場合は、非常ブレーキをかけても列車は止まりません(この仕様で良いのでしょうか?)。

現在は「N-DU-101-CL」をメインのパワーユニットとして使用しておりますが、「N-1000-CL」で正確な電圧が分からない(常に12Vと電圧計で表示される為)のは、線路の電圧を測定する時には困る事があるかも知れません。

「N-1000-CL」のTCS出力は常に12Vだという事は認識しておりましたが、線路への出力電圧も常に12Vだったという事を知ったのはつい最近の事で、長い間ダイヤルつまみと連動して電圧も変化しているのだと思い込んでおりました。

・・・まあ、知らなくても通常の使用には全く問題ないのですが、なかなか奥が深い世界だと改めて思いました。

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、スケールにはこだわりますか?

2019年11月18日 19時39分23秒 | 鉄道模型、全般記事
Nゲージの蒸気機関車は「1/150(ファインスケール)」ではない製品もまだまだ現行で販売されております。

写真は当方所有、KATOさんの「C11蒸気機関車」と「かわね路」号のセットです。
TOMIXさんの車両が多い私には珍しいKATOさんの車両です。

C11蒸気機関車は、拙作ほのぼの恋愛小説「翠碧色の虹」でも登場するので、持っておきたい機関車でした。手頃な価格で販売されている「かわね路」号のセットにC11蒸気機関車が入っていましたので、単品よりもお得かなと思い、購入しました。しかし、このセットの蒸気機関車は「1/150」ではないという事ですが、私はあまりスケールにこだわりが無いようで、この編成を見て「機関車だけが大きい」と思う事はありませんでした。

後になって、KATOさんとTOMIXさんから「1/150」のC11機関車が発売されましたので、どちらも購入してみましたが、それまで大き目のC11を見ていたため、客車に対して蒸気機関車は結構小さくなるのだなと思いました。

私的には、写真上の後から発売されたC11の走行性能が抜群に良く、スケールよりもそちらの方に驚きました。KATOさんは蒸気機関車を途切れる事無く生産しておりますので、この辺りは流石だと思います。
C11蒸気機関車に関して、TOMIXさんの走行性能はKATOさんの滑らかさには及んでいない印象です(あくまでも当方の所にある個体についての見解です)。

TOMIXさんのレールシステム、及び制御機器を使用している場合、KATOさんの機関車は停車時にライトが点灯せず、ある程度の速度で走ると後からライトが点灯するようです。
TOMIXさんのC11機関車は、停車時からライトが明るく点灯しております。

あ、スケールのお話のはずが脱線しております。

特に、スケールにこだわられる方は、写真にも記しておりますようにC11蒸気機関車を置き換えて編成を組まれておられそうですね。

でも、この写真のC11蒸気機関車、そんなにスケールに差があるように見えないから不思議です。

スケールよりも、キャブ(運転室)内にモーターが無い事の方が、見た目の印象として大きい思えます。

スケールの違うC11蒸気機関車ですが、これからもレイアウトでの走行を楽しみたいと思います♪

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

◇鉄道模型、「翠碧色の虹」広宣列車ミニです!

2019年11月17日 19時35分37秒 | 鉄道模型、全般記事

専用色の機関車だけ販売されてその客車が無い…写真の右上の機関車「DE10(くしろ湿原ノロッコ号)」は、実車では客車もありますが、客車の模型化はされておらず、機関車のみ製品化されております。
TOMIXさんの投票キャンペーンで、1位を獲得できたら専用客車も制作される流れでしたが、「くしろ湿原ノロッコ号」は1位になれませんでした(12・24系きのくにシーサイドが1位になり、同社より製品化されております)。

ご参考リンク
「トミックス DE 選挙 キャンペーン」

・・・となりますと、この機関車は(他にもあるのですが)、専用客車が無く宙に浮く訳です。なにか使い道が無いかを考えると・・・。

「スーパーファミコンミニ」「プレイステーションミニ」「メガドライブミニ」「PCエンジンミニ」・・・近年「ミニ化された商品」が発売されております(なぜゲーム機ばかり?)。

・・・という事は、「DE10(くしろ湿原ノロッコ号)」は、オリジナル列車を牽引するのが良いかと思い、拙作小説「翠碧色の虹」のコンテナ列車ミニを制作しました。制作と言いながら、余っていたシールをコンテナに貼り付け「コム1タイプ」に積載しただけです(苦笑)。

コキ16両の「翠碧色の虹」列車は「C57」が牽引する事が多かったので、そのミニ版は「C11」が牽引かなと思っておりました。

ご参考記事
◇「翠碧色の虹」オリジナル列車の走行動画です!

実際にTOMIXさんの「C11(品番:2643)」で牽引させてみました。

このC11は、トラクションタイヤが4箇所も装備されており、集電能力を結構犠牲にしているようで、ポイントレール上でよく停車してしまいます。元々車体全長の短い機関車はポイントレール上の安定走行が苦手な上、牽引力も強くはありません。

写真のコム1は購入時の状態でウエイトが内部に積まれたままで、当方レイアウトのカーブ上り勾配は結構大変そうな印象です。コム1のウエイトを撤去すれば良いのかも知れません。

ご参考記事
◆鉄道模型、小型編成なのに勾配を上らない!対策方法は?

専用客車が無く浮いている「DE10(くしろ湿原ノロッコ号)」でも牽引いたしました。

「C11(品番:2643)」ので見られたポイントレール上での停止は全く無く、低速域からとても安定しております。この機関車をとりあえず「翠碧色の虹」列車ミニの専用機関車にしようと思いました。専用貨車を設けられて良かったです♪

それにしても、専用色の機関車だけあって、その専用客車を製造しないのは、金型制作等のコスト問題かも知れませんが、できればキャンペーンでの投票でひとつだけではなく、それぞれのDE10の専用客車もご製造頂ければ嬉しく思います。

以下、拙作小説「翠碧色の虹」の紹介

「翠碧色の虹」の物語は完結いたしております!
小説の世界で鉄道、及び鉄道模型のお話も少し取り入れております。どうぞよろしくお願い申しあげます!
翠碧色の虹/ヒロイン3人と、あらすじ紹介

WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

◆鉄道模型、TOMIXさん、フラノエクスプレス動力車の謎

2019年11月16日 19時23分23秒 | 鉄道模型、メンテナンス
分解メンテをすると、このスプリングは…一瞬ショートするかのように思えました。


2019.11.15.の記事

◆鉄道模型、TOMIXさんのフラノエクスプレスは謎の多い製品です

で、記載できていなかったTOMIXさんの「ラストラン フラノエクスプレス(品番:92910)」という製品に関して、

5.動力車の電気的配線設計

について記します。

写真内にもコメントを記載しておりますが、何故このような事になっているのでしょう?

鉄道模型は、Nゲージの場合、直流電源を用いますので、プラスとマイナスが入れ替わると進行方向も反転します。これは二通りのパターンがありますが、線路のどちらをプラスにした時、車両がどちらに進むのかは規格化されており、メーカーの枠を超えて共通しております。

写真の赤丸箇所のスプリング、導電部品なのですが、一体型のウエイトに格納されておりますのでパッと見でショートしてしまうかのような印象を受けます。
しかし、上の基盤の配線パターンを見ると、スプリングとウエイトを通して、電気的な極性を反転させ、モーターに伝えている事が分かります。その理由は上に記した、極性と進行方向の規格に準拠させる為ですが、何故こんな複雑な設計になっているのでしょう?

単純にモーターの配置を反転させれば、モーターへの入力も反転するので、こんな複雑な基盤パターンにならないはずです。実際、多くの動力車はスプリングとウエイトを通して極性を入れ替えるような配線にはなっておらず、素直にモーターへと繋がっております。

写真のフラノエクスプレスの動力車は、車輪からの電気極性を反転させる為に基盤パターンに細い箇所が見られます。最大1.2Aの負荷がかかる可能性もある為、基盤のパターンが細いと設計的に不安要素となるはずですが・・・謎です。

まあ、丁寧に扱えば問題ないのでしょうけど、何故こんな事になっているのか…さっぱり分かりません。どなたか、この謎設計についてご存知のお方はいらっしゃるでしょうか?

2020.10.24.追記
フラノエクスプレスの走行動画(室内灯非装備)です!

【鉄道模型】フラノエクスプレス(CG走行アニメあり)【走行動画】
YouTubeさんで視聴


自作テープLED室内灯を装備させたフラノエクスプレスの走行動画です!

【鉄道模型】稀な現象発生!TOMIX フラノエクスプレス 自作テープLED室内灯装備、非装備状態と比較、夜間走行あり【走行動画】
YouTubeさんで視聴


WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加