ふくふく人形作成日記

ホビーラホビーレの着せかえ人形Ninaを元にした「戦国BASARA」のキャラクター作成や趣味についての記録です

半兵衛の防具続き

2011-02-15 23:38:24 | 日記
半兵衛の足の防具の続きです。

写真ではほとんど分かりませんが、縁は全部ブランケットステッチでかがってあります。
本来防具は金属製なので、柔らかいフェルトで表現するのは難しい…。
むしろフェルトは切りっぱなしの方が、シャープな仕上がりになると思います。
…思いますが、私はどうしてもフェルトの縁をブランケットステッチで飾らずにはいられません!

チクチクステッチをかけていると、何だか無心になれて良い気分転換になります。何より仕上がりが可愛くなりますしね。
…結局、シャープさより、可愛らしさを求めてしまう私…彼、軍師なのに…。



アップにしてもほとんどステッチは分かりませんねぇ…。
残念!
明日は飾りを着けてみたいと思います。
ビーズにしようかスパンコールにしようか…。
コメント

久しぶり半兵衛!

2011-02-14 23:06:51 | 日記
すっかり普通の手芸(バネポーチやエコバッグ製作)に夢中になってしまい、うっかり半兵衛が未完成だった事を忘れておりました。

フェルトをザクザク切って、具足の大まかな形を決めました。
腕と足に防具を着けただけで、何だか武将っぽく…いいえ、軍師っぽくなりました。
半兵衛、改めて見ると我が家の武将の中で一番のイケメンです。仮面を着けるのがもったいない(笑)
防具の形が決まったので、明日からは実際に縫っていきたいと思います。

今年は久しぶりに平日のバレンタインデー。ありがたい事にチョコレートをたくさんいただいてしまいました。
いわゆる「感謝チョコ」だったり「友チョコ」だったり…。

毎年ホワイトデーは女性には自作のアクセサリー、男性にはおかき(笑)をお返ししていたのですが、今年はバネポーチを20以上作ってあるので、それをプレゼントすることにします。
明日がホワイトデーでも大丈夫!
コメント

大阪アート&てづくりバザール

2010-12-19 18:12:31 | 日記
大阪アート&てづくりバザールに行って来ました!

たっくさんのハンドメイド好きさん(プロの方も含む)が一堂に会する夢のような場所…仕事が入っていたので半分諦めていましたが、早く出られたので大急ぎで駆けつけました。

会場は恐れていた程の混雑はなく、ゆっくりと各ブースを見て回ることができました。
売られている作品が可愛いのはもちろんですが、ディスプレイのセンスの良さにノックアウト!
私も出店してみたいな~という軽い憧れは持っているのですが、作品以前の問題でダメダメですよ…。

どちらのお店もクリスマスグッズを扱っていて、プレゼント好適品が選び放題!
小鳥好きの私には小桜インコ付きクリスマスリースがツボでした。



どれもこれも本当に可愛くて、思わぬ散財をする羽目に…。
でもとても楽しかったし、色々勉強になりました。行って本当に良かったです。



コメント

信貴山へ

2010-12-19 11:31:59 | 日記
12月中なら近鉄がどこまで乗っても往復無料!という切符をもらったので、無理やり信貴山へ行って来ました。
目的は信貴山朝護孫子寺にお参りし、信貴山縁起絵巻(レプリカ)を観ることです。(本物は国宝で博物館保管)

とにかく1人で出歩くのが苦手なので、片手にルートを印刷した紙を握りしめて電車に乗りました。
が、いきなり車内放送を聞き間違えて違う駅で下車…せっかく調べた最速ルートは全く無駄になってしまいました。

急行を逃したせいで各駅停車を乗り継ぐはめに…やっと目的の駅に着いたものの、一時間に一本しかないバスはとうに出発していました。

「駅前なんだから喫茶店くらいあるか」
などという甘い考えは即削除!
信貴山下駅前には飲食店は見事にありません。なんとか自販機で温かいお茶を手に入れ、歩き回って焼きたてパン屋さんを発見!バス停近くのベンチで切ないランチを食べました。

信貴山朝護孫子寺は有名なお寺ですが、平日のお昼過ぎはさすがに閑散としています。
有名な巨大張り子の虎を見て、本堂にお参り。そして楽しみにしていた縁起絵巻を…。




レプリカとは言え、さすが四大絵巻のひとつ!迫力があってしかもユーモラス!
時間をかけてじっくり観ました。もちろん寺宝館は貸し切り状態です。写真が撮れなくて残念。

これで四大絵巻は全部観たことになります。本来存在するべき場所(信貴山)で縁起絵巻を観たかったので、レプリカでガマンしましたが、やっぱり本物が観たい…!なので、次は是非とも秋の特別公開の時に、本物を観たいと思います。

帰りはさすがに迷う事もなく、無事に帰宅できました。
夕食は柿の葉寿司(笑)家族にも喜ばれました。
コメント

年賀状は…

2010-12-15 13:03:21 | 日記
ここ数年、自分の拙作(ビーズだったり人形だったり)の写真を年賀状に使っています。
来年はうさぎ年…せっかくなので、以前作ったうさぎのぬいぐるみをモデルにすることに。
ただしこの子だけではちょっぴり淋しい …という訳で、人形とのツーショットにしてみました。

まだまだ完成には程遠いのですが、半兵衛が一番うさぎっぽいし、衣装もまあまあ普通に近いので彼を抜擢。
甲冑を着けた武将の年賀状では、正月早々物騒過ぎますよ…。

こうしてみると半兵衛は北欧の少年みたいにみえますね。
オリエンタル風の衣装だと思っていたので意外です。

とりあえず写真は決まったので、後はデザインを考えねば…年賀状作りは大変ですが、嫌いじゃない作業です。
コメント

半兵衛の上着完成?

2010-12-03 22:59:49 | 日記
半兵衛の上着のふちどり、ようやく完成しました。
スパンコールをチクチクするのは本当に大変…自分は不器用ですから…。
左手の親指や人差し指の爪が、傷だらけになりました。何か対策を考えるべきでしょうか。

アクセサリーを作る時に使ったアジアンコードが残っていたので、半兵衛の胸に着けてみました。
見本の画像ではシンプルな蝶結びなのですが、せっかくなので豪華に花結びに。
なんとなくオリエンタルな香りの漂う彼の装いに、似合っているように思います。

後ろ姿です。



今月はクリスマス…昨年バーゲンで手に入れたクリスマス柄の生地を使って、何か作ってみたいと思います。
で、毎年恒例のクリスマスプレゼント用アクセサリーの製作…1日に7人分を作るのは大変なので、とりあえずビーズの配置だけ決めました。




コメント

半兵衛、パティシエから脱出

2010-11-28 20:40:30 | 日記
今日は半兵衛の上着の装飾を頑張りました。
直径4ミリ程度のスパンコールをミシン糸でチクチク…正直目がショボショボします。
今日中に仕上げてしまいたかったのですが、後ろ姿はまた明日にしました。
あ~疲れた…。

服の裾や襟元、合わせの部分にスパンコールを縫い付けているだけなのですが、なるべく立体的に見えるように気をつけています。
袖口や合わせは下の布を縫い込んでしまわないように、注意して縫いました。
だから時間がかかるんですね…。

半兵衛の上半身アップです。



裾部分のアップです。



スパンコールがキラキラ反射するので、写真が撮りにくい…。
今までは
「パティシエ?」
と母に聞かれたこともある半兵衛ですが、ふちどりがついたことで白衣っぽくなくなりました。
コメント

半兵衛の上着装飾

2010-11-25 22:43:42 | 日記
半兵衛の上着の形が出来上がったので、やっと装飾を始められます。

半兵衛の上着には青いふちどりがあるのですが、それを何で表現するか迷っています。
とりあえず、青いスパンコールがあったので、チクチク縫い付けてみました。
この変わった袖口に、小さなスパンコールを縫い付けるのは本当に大変…。
たっぷり一時間かかってしまいました。

半兵衛の上半身アップです。



あまりキラキラしないタイプのスパンコールを使ったので、明智光秀と比べると地味になりそうです。

コメント

半兵衛の袖

2010-11-24 23:07:06 | 日記
半兵衛の上着、やっと袖が付けられました。
これでなんとか寒々しくなくなったか…。

肩の部分のアップです。



上半身のアップです。



長袖状態にはなりましたが、髪も服も白、袴は紺、唇も薄いピンクと、非常に寒色系でまとまっている半兵衛。
冷静な軍師にはふさわしい装いかもしれませんが、冬に部屋に飾るのはやはり暖色系武将がいい…。一番向いているのはお館さま…。

今日は無農薬の白菜やカブをいただきました。
さっそくカブを洗っていたら、台所から母の悲鳴が…!!
絵に描いたような立派ないもむしが、真っ二つになっておりました。白菜に潜んでいたようです。
私もびっくりしましたが、次の瞬間
「すず(スズメの名前です)にとってはごちそう!?」
とひらめきました。
恐る恐る割り箸で摘んですずに渡すと、大喜びで丸呑み…すず的には真っ二つ、食べやすくて良い感じだったみたいです。
…気持ち悪…。
母に
「(スズメの)母は強し、やねぇ」
と感心されました。
コメント

半兵衛の上着進行中

2010-11-22 23:56:12 | 日記
半兵衛の上着、袖以外は何とかなりました。
肩のラインと裾の角度が難しかった…。
燕尾服…とまでいかないまでも、キュッとと伸びた後ろの裾…三つ折りで処理しましたが、見返しで処理した方が落ち着いたかもしれません。
とりあえず、襟がついて良かった。

後ろ姿です。



斜めから見た裾部分です。



自分が描いたヘタクソなメモを参考にしたので、本当の半兵衛とかけ離れていないか心配です。

コメント