花鳥にゃん月

カメラにはまり、心に入り込んだものを写して遊んでます。
日常のどこにでもある風景・・・

長居植物園案内 11月

2019年11月02日 | 長居公園

以前は 良く参加していました

ここ一年くらいは サボっていましたが

今日 久々に 植物園案内に参加

 

まずは サンゴジュから

鳥の好む実だが 赤いのは食べない

ポツポツ見える黒い実が 熟したもの

「赤と黒の二色表示」と言って 赤い中にある黒が とても目立つのだそうだ

一度に 熟さず 少しづつ熟して 長い期間をかけて 鳥に種を運ばさせる

サンゴジュ的には それが 都合いいらしい

右上の 黒っぽいのは まだ若い実の頃に ガの幼虫に食べられた残骸だそうです

今年は この蛾が大量発生して ほとんど実の付かない木もあったそうです

 

サザンカ

ピンクのサザンカをよく見ますが 原種のサザンカは 白だそうです

ただ 植物園にあるサザンカは 園芸種だそうです

ですので 特徴的には やや弱い

右下の枝の毛は サザンカの特徴ですが 原種はもっとフサフサだそうです

 

今回もたくさんの人が参加していましたよ

 

植物園には 1本しかない ハマビワ(クスノキ科)

いま ちょうど花の時期  目立たないけど よく見たら花が咲いていました

ただし これは雄花ばかり 雌雄異株です

名前でわかる通り 海岸近くに生える木だそうです

葉の裏は枝には たくさんの毛が生えていました

 

ぞろぞろ歩いていたら スモークツリーに 花が咲いていました

この木は夏の初めごろに 咲くのに 今頃??

気になるので 学芸員の方に尋ねてみました

 

うどん粉病が広がっていて ダメになったところに 今頃 花芽が咲き始めたのではないかとの事

本来なら 来年の春に咲き始めるものが 今咲いたので 来年は咲かない可能性が高いそうです

 

 

イナゴマメ

植えてから 長い事花が付かなかった木ですが ここ数年は たくさん花が咲くようになり

今年もたくさん付いていました

イナゴマメも 雌雄異株

隣同士で 雄木 雌木で 咲いています

左は 雌花  右上は雄花の開く前 下は 雄花の開花したもの

実もたくさんできるけど ほとんど虫食いだったそうです

 

観察の間 ずっと音楽が聞こえてきてたのですが 

ステージで 演奏してたようです

 

参加者が多くて ちょっとだらだら

退屈なので いろいろ写してみました

今日は やたらと 飛行機雲が目立ちました

気温 湿度 とかの関係でしょうかね

 

スズメ

 

ジョウビタキもいたのですが・・・

 

 

 

もっと いろいろ聞いたのですが 気になったものだけ 報告です

コメント   この記事についてブログを書く
« ジョウビタキ コスモス | トップ | 河内長野 寺ヶ池と自然保護展 »

コメントを投稿

長居公園」カテゴリの最新記事