即席の足跡《CURIO DAYS》

毎日の不思議に思ったことを感じるままに。キーワードは、知的?好奇心、生活者発想。観る将棋ファン。線路内人立ち入り研究。

田坂さんからリンク

2007年05月14日 22時24分57秒 | 
アクセス元URLのところでわかったんだけど、
田坂さんのサイトからまたリンクされてしまいました。

《新著『プロフェッショナル進化論』を紹介していただきました。》ということで、名だたるサイトと一緒に、紹介されてます。ありがたいことです。

Webook of the Day
「あの方やあの人も、そういうことだったんだぁ・・・」


「ビジネス・ブック・マラソン」 バックナンバーズ
『プロフェッショナル進化論』


などと並んでるのは、かなり気がひけますし、田坂さんご本人もひょっとして目を通しているかと思うと、恥ずかしさでいっぱいです。

田坂さんの新刊に関連して、「パーソナリティ力」、そして、
パーソナリティ力と将棋という続編も書きました。

でも、まだまだ書ききれてないですし、もっと深く考え、咀嚼して、できれば書き直したい、書き加えたい気持ちです。

いつもながら、田坂さんの書籍には、大きな影響を与えてもらってます。
頭の中でモヤモヤしていることがとってもよく整理でき、仕事をする上での自分の指針となっています。

今、つくづく、田坂さんの言っている、個人シンクタンク力、パーソナリティ力の時代だと思います。

大企業も、中小企業もない。組織も、バックボーンもない。

その人個人の力。
その人の人間力、信頼感。
自分らしさとは。
自分のブランド。

いかに、自分と言うものをブランディングしていくか。
持てる力、と、イメージの両方をバランスよく社会の中に位置づけていくか。

会社や組織の名刺も必要ではあるけれど、それよりもものを言うのは、個人の名刺。
自分は誰か、どういう人間か。
何ができて、どういうメッセージを発信する人間か。

それを理解してもらうためには、個人のブログというものが、大きな意味を持つ。

そういう時代の流れに少しずつだけど、なっているなあ、ってつくづく思います。

いろんなヒントや気づきを与えてくれた田坂さんに、いつかお目にかかって感謝の気持ちを伝えたいです。

ずいぶん前ですが、大手町カフェで、知り合いのヴァイオリニスト、河村典子さんのミニコンサートがありました。
河村さんは、田坂さんの社会企業家フォーラムのトップページに出ている方の一人で、スイスと日本を行き来しながら、幅広い音楽活動をしている方で、音職人 ~スイス・日本往復日記~というブログもやってます。

そのコンサートに、田坂さんと藤沢久美さんもいらしていたので、もうちょっとのところで河村さんから紹介してもらえるところでした。

またお目にかかれる機会もあると思いますが、田坂さんから学んだことをさらに実践し、一期一会を大切にし、《今》、というこの時を、《生き切る》、ことができるようになれば、と思っています。

なんか、性に合わない真面目な記事になっちゃいましたが、仕事も、趣味も、スポーツも、将棋も、いくつになっても、日々修行、ですね。
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 無関心とおせっかい | トップ | 植福の生き方 »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです! (noriko)
2007-05-15 06:39:30
お久しぶりです。その節は、コンサートにおいでくださいまして有難うございました!「ヴァイオリンひとり」、その後も行脚を続け、次はチューリッヒで6月9日に30回目を迎えます。
ブログ、ゆっくり読ませていただきますね。
次の機会には、一緒に田坂さんとお目にかかれたらいいですね!
正直な気持ち「うらやましい」けど、祝福したい気持ちですね。 (Dancho)
2007-05-15 22:39:41
nanaponさん、こんばんは。

田坂さんからご紹介されるまでに、nanaponさんのブログが成長なさるとは…正直な気持ちとしては羨ましいですが、やっぱり「おめでとうございます!」の心境のほうが強いかな(笑)。

小生も、nanaponさんのようなサービスを受けられるようにして、良い本をたくさん読んで、紹介しようかな?なんて思っています。

でも、そんなnanaponさんのブログと相互ブックマークさせていただけることを、改めて光栄に思います。
本当に、いろいろな記事…刺激になります。

今度の田坂さんの講演会は、どんなことがあれ、2日年休で「出陣」しますよ~。

9月の出張は、概ね決まりですから、これとくっつけば、ラッキーですが…。

でも、9月の出張の時は、たとえ田坂さんの講演がなくても…「うふふ」ですかね(笑)。

なんだか、ブログの記事のエントリーやら、TOEICの勉強やら、パソコンは土曜日まで調子悪く、正確には今日までメンテするなどで忙しないですが、読書しなくちゃ(笑)。

改めて、田坂さんにまでnanaponさんのブログが紹介されたこと…心よりお祝い申し上げます。

先ずは祝辞まで。
コメント、ありがとうございました。 (nanapon)
2007-05-17 19:41:59
☆norikoさん、こんばんは。

>お久しぶりです。その節は、コンサートにおいでくださいまして有難うございました!「ヴァイオリンひとり」、その後も行脚を続け、次はチューリッヒで6月9日に30回目を迎えます。

相変わらずのエネルギッシュな活動、素晴らしいですね。継続は中央宣興からなり、です。それも会場の手配から、チラシの準備まで、音楽だけでなく、仕切っているnorikoさんのパワーは、ほんと感心しちゃいます。

>ブログ、ゆっくり読ませていただきますね。
>次の機会には、一緒に田坂さんとお目にかかれたらいいですね!

はい、またお目にかかれる日を楽しみにしています。
体調に気をつけて、演奏活動、がんばってください。

☆Danchoさん、こんばんは。

>小生も、nanaponさんのようなサービスを受けられるようにして、良い本をたくさん読んで、紹介しようかな?なんて思っています。

ご祝辞(?)、ありがとうございます。そんな大げさなもんではないと思いますが、うれしいというより、やばい!オロオロ!、って感じの方が先ですよ。(笑)

>でも、9月の出張の時は、たとえ田坂さんの講演がなくても…「うふふ」ですかね(笑)。

はい、楽しみにしています。一晩じゃ積もる話、終わらなそうですけどね。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

プロフェッショナル進化論 「個人シンクタンク」の時代が始まる |田坂 広志 (新書案内)
プロフェッショナル進化論 「個人シンクタンク」の時代が始まる田坂 広志PHP研究所 刊発売日 2007-04-19田坂広志氏らしい1冊 2007-05-25本書で著者は、自分なりの「パーソナルメディア」を持ち、そこで情報を発信する事を推奨している。それにより副題にあるような「個人...